膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのか?

人工膝関節全置換術後には膝蓋骨の外方傾斜が問題となることが少なくありません.

膝蓋骨の外方傾斜は外側広筋や大腿筋膜張筋のtightness,内側広筋の弱化によってもたらされると考えられております.

しかしながら膝蓋骨の外方傾斜は人工膝関節全置換術後の治療成績と関連するのでしょうか?

今回は膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Dishes, White, Plate, Stemware, Empty Plate, Glass

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee. 2021 Dec 18;34:167-177. doi: 10.1016/j.knee.2021.11.013. Online ahead of print.

Patellar tilt does not affect patient reported outcomes after modern total knee arthroplasty

Neal B Naveen 1, Evan R Deckard 2, Mary Ziemba-Davis 3, Logan F Hanson 4, Lucian C Warth 5, R Michael Meneghini 6

Affiliations expand

PMID: 34933237 DOI: 10.1016/j.knee.2021.11.013

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The focus of patella maltracking after total knee arthroplasty (TKA) has traditionally been on patella polyethylene damage and failure mechanisms rather than functional outcomes. The purpose of this study was to evaluate the effect of patellar tilt on patient reported outcomes (PROMS) after primary TKA performed with patellar resurfacing.

人工膝関節全置換術(TKA)後の膝蓋骨のmaltrackingについては,従来は機能的な成果よりも膝蓋骨ポリエチレンの損傷や故障メカニズムに焦点が当てられてきました.

この研究では膝蓋骨表面置換術を行ったprimary TKA後の患者報告アウトカム(PROMS)に対する膝蓋骨傾斜の影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A retrospective review using a single implant design was performed. Patella tilt was radiographically measured according to a standardized protocol. PROMS related to pain, function, and satisfaction were evaluated preoperatively and at minimum 1-year follow-up.

この研究は単一のインプラントデザインを用いた後方視的研究となっております.

膝蓋骨傾斜は標準化されたプロトコルに従ってX線写真で測定しております.

疼痛,身体機能,満足度に関するPROMSを術前と最低1年後のフォローアップで評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 468 TKAs were included for analysis. Mean age and BMI were 64 years and 35 kg/m2; respectively while 63% of patients were female. The median follow-up period was 12.7 months. Overall, patellar tilt was corrected from a median of 5.0 degrees preoperatively to a median of 3.0 degrees postoperatively. Preoperative, postoperative, and the change in patellar tilt had no significant effects on PROMS at minimum 1-year follow-up (p ≥ 0.092). Satisfaction in knee function while getting out of bed was higher for patients with approximately the same patellar tilt before and after TKA compared to patients with an increase in lateral patellar tilt (95% vs 80%, p = 0.025).

合計468件のTKAが解析の対象となりました.

平均年齢は64歳,BMIは35kg/m2であり,63%が女性でありました.

追跡期間の中央値は12.7ヶ月でありました.

全体として膝蓋骨傾斜は術前の中央値5.0度から術後中央値3.0度まで修正されました.

術前・術後における膝蓋骨傾斜の変化は,最低1年間のフォローアップでPROMSに有意な影響を与えませんでした(p≧0.092).

ベッドからの立ち上がり時の膝の機能に対する満足度は,膝蓋骨の外側傾斜が増加した症例でTKA前後でほぼ同じ傾斜の症例で高い(95% vs 80%, p = 0.025)結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The range of patellar tilt studied in this cohort had little to no effect on PROMS. However, suboptimal patellar tracking may potentiate edge loading of the polyethylene and contribute to implant damage in the long-term. These results are helpful to focus efforts on the tibiofemoral articulation as the predominant determinant of patient outcomes.

このコホートで研究された膝蓋骨傾斜の範囲はPROMSにほとんど影響を与えませんでした.

しかしながら最適でない膝蓋骨のトラッキングは,ポリエチレンのエッジローディングを増加させ,長期的にはインプラントの損傷につながる可能性があります.

これらの結果はクライアントの転帰の主要因である脛骨大腿関節に焦点を当てた取り組みに役立つものであると考えられます.

 

今回は膝蓋骨の傾斜はTKA後の治療成績に影響を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

膝蓋骨傾斜の変化量と術後1年のPROMSとの関連における有意確率が0.092ですので何かしら関連はありそうですが,サンプルサイズも比較的大きいので効果量を見てみないと分かりませんが,あまり強い関連ではないことが示唆されますね.

ただ立ち上がり時の膝の機能に関する満足度と関連しているといった点は理学療法士・作業療法士にとっても非常に重要なポイントではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました