ピラティスに基づくコアエクササイズが慢性腰痛に有効?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピラティスに基づくコアエクササイズが慢性腰痛に有効?

最近は運動療法の中にピラティスのコンセプトを取り入れる理学療法士・作業療法士が多いと思います.

少し落ち着いた感がありますが,一時期,理学療法士・作業療法士の間でもピラティスって流行しましたよね?

今回はピラティスに基づくコアエクササイズが慢性腰痛に有効かどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Yoga, Exercise, Fitness, Woman, Health, Strength, Body

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Bodyw Mov Ther. 2021 Jul;27:294-299. doi: 10.1016/j.jbmt.2021.03.006. Epub 2021 Mar 19.

Pilates-based core exercise improves health-related quality of life in people living with chronic low back pain: A pilot study

Chen-Ya Yang 1, Yun-An Tsai 2, Pi-Keng Wu 3, Sih-Ying Ho 4, Chih-Yi Chou 5, Shih-Fong Huang 6

Affiliations expand

PMID: 34391248 DOI: 10.1016/j.jbmt.2021.03.006

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: To investigate the effects of Pilates exercise on improving health-related quality of life in people living with chronic low back pain.

この研究ではピラティスに基づくコアエクササイズが慢性腰痛症例の健康関連QOLを向上させる効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This was a single-blind, randomised clinical trial. Thirty-nine physically active subjects aged between 30 and 70 years with nonspecific chronic low back pain for more than three months were recruited. The study employed a pretest-posttest design, with a 4 -, 8 -, and 26-week follow-up. For eight weeks, the intervention group participated in a group-supervised, mat-based Pilates program, while the control group received the usual pharmacologic and rehabilitation standard of care, including patient education on chronic low back pain. The primary outcome was self-perceived health status measured using the EQ-5D questionnaire in a structured form and a visual analogue scale. Secondary outcomes included intensity of pain and degree of disability.

この研究は単盲検無作為化臨床試験となっております.

3カ月以上の非特異的な慢性腰痛を有する30~70歳の身体活動の活発な被験者39例を対象としております.

この研究では,4週間,8週間,26週間のフォローアップを行い,プレテスト・ポストテスト方式を採用しております.

介入群は8週間,グループで監督するマットベースのピラティスプログラムに参加し,対照群は慢性腰痛に関する患者教育を含む、通常の薬理学的およびリハビリテーションの標準治療を受けております.

主要評価項目は,構造化されたEQ-5D質問票と視覚的アナログスケールを用いて,自己認識された健康状態を測定しております.

副次評価項目は,痛みの強さと障害の程度としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: By the end of the 8-week Pilates program, the intervention group achieved a better health-related quality of life on the EQ-5D visual analogue score than the control group. In assessing the trends in each individual group regarding pain, the intervention group demonstrated an earlier pain reduction than the control group that lasted until the end of the trial.

8週間のピラティスプログラム終了時には,介入群は対照群に比べてEQ-5D視覚的アナログスコアで健康関連のQOLが向上しております.

疼痛に関する各グループの傾向を評価すると,介入グループは対照グループよりも早期に痛みの軽減を示し,その効果は試験終了まで持続しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: An 8-week supervised Pilates-based core exercise program is an effective therapeutic modality for improving self-perceived health status in patients with chronic low back pain. This finding could inform clinicians of better alternatives when they suggest exercise interventions for chronic low back pain.

8週間のピラティスをベースとしたコアエクササイズプログラムは,慢性腰痛患者の自己認識の健康状態を改善するための効果的な治療方法であることが示されました.

この知見は臨床家が慢性腰痛に対する運動介入を提案する際に,より良い代替手段になる可能性があります.

 

今回はピラティスに基づくコアエクササイズが慢性腰痛に有効かどうかを検討した研究論文をご紹介させていただきました.

結果はポジティブなものでしたね.

今回の対象群は患者教育と一般的なリハビリテーションということでしたが,一般的なコアエクササイズとピラティスをベースとするコアエクササイズで有効性に差があるのかどうかが気になるところですね.

コアエクササイズが有効なのは既に当たり前といえば当たり前ですからね.

タイトルとURLをコピーしました