変形性膝関節症例の重症度・アライメントと足部アライメントとの関連性

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の重症度・アライメントと足部アライメントとの関連性

変形性膝関節症例の膝関節アライメントを考える際に重要となるのが足部のアライメントです.

足部のマルアライメントが膝関節のマルアライメントを引き起こしているケースも少なくありませんし,足部のアライメントを修正することで膝関節のマルアライメントを改善できることもあります.

今回は変形性膝関節症例の重症度・アライメントと足部アライメントとの関連性を調査した研究論文をご紹介させていただきます.

person sitting on white sand during daytime

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Gait Posture. 2018 Oct;66:130-134. doi: 10.1016/j.gaitpost.2018.08.036. Epub 2018 Aug 28.

Posture of the foot: Don’t keep it out of sight, out of mind in knee osteoarthritis

Zainb Al-Bayati 1, Ilke Coskun Benlidayi 2, Neslihan Gokcen 3

Affiliations expand

PMID: 30176381 DOI: 10.1016/j.gaitpost.2018.08.036

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: There are many contributors of knee osteoarthritis including the postural abnormalities of the adjacent joints. The relationship between foot posture and the clinical-radiological parameters of knee osteoarthritis is poorly understood.

変形性膝関節症の原因には,隣接関節の姿勢異常を含む多くの原因が挙げられます.

しかしながら足部のアライメントと変形性膝関節症の臨床的なまたはX線学的なパラメータとの関係については不明な点が多いのが現状です.

 

 

 

 

 

 

 

研究疑問

Research question: Is foot posture related to the clinical and radiological parameters in patients with knee osteoarthritis?

変形性膝関節症例において足部アライメントが臨床的なまたはX線学的なパラメータと関連するか?

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Patients diagnosed with primary clinical and radiographic medial tibiofemoral knee osteoarthritis were included in the study. Anteroposterior knee radiographs were staged by using the Kellgren-Lawrence grading system. Computer-based measurements of the medial joint space width (mJSW), condylar angle, anatomical axis angle, tibial plateau angle and condylar plateau angle were performed on digital anteroposterior knee radiographs. The Western Ontario and Mc Master University Osteoarthritis Index (WOMAC) questionnaire was used to assess pain and the functional status of the patients. Foot posture was assessed by the Foot Posture Index (FPI) system and feet were categorized into three (pronated, neutral and supinated).

この研究では臨床的なまたはX線学的に内側型変形性膝関節症と診断された症例を対象としております.

膝関節正面像を用いてKellgren-Lawrenceによって重症度を評価しております.

また最小内側関節裂隙幅(mJSW),顆角、解剖学的軸角,脛骨プラトー角、顆プラトー角をコンピュータを用いて測定しております.

さらにWOMAC(Western Ontario and Mc Master University Osteoarthritis Index)を用いて,症例の疼痛と機能的状態を評価しております.

足部アライメントはFoot Posture Index(FPI)システムを用いて評価し,足部アライメントを回内位・中間位・回外位に分類しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The study included 150 patients (150 knees and feet at one side) with a mean age of 61.2 ± 10.1 years. In terms of foot posture groups; percentages for supination, neutral and pronation were 22.66%, 68.66% and 8.66%, respectively. In the group with supinated FPI; WOMAC total score, pain and function subscale scores were higher (p < 0.001), mJSW was narrowed (p = 0.038) and the condylar plateau angle was increased (p = 0.009). In the FPI pronation group; anatomic axis angle values were found to change in the varus direction (p = 0.012).

最終的に150例の症例を対象とております.

平均年齢は61.2±10.1歳でありました.

足部アライメントについては,回内位,中間位,回外位の割合はそれぞれ22.66%,68.66%,8.66%でありました.

足部アライメントが回外位の群ではWOMACトータルスコア,疼痛サブスケール,機能サブスケールのスコアが高く(p < 0.001),最小関節裂隙幅が狭く(p = 0.038),大腿骨顆プラトー角が大きい(p = 0.009)結果でありました.

また足部アライメントが回内位の群では解剖学的軸が内反方向に変化することが(p = 0.012)明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の意義

Significance: The potential postural dysfunction of the foot should be taken into consideration during the assessment and/or management of a patient with knee osteoarthritis.

変形性膝関節症の患者の評価および管理において足部の潜在的な姿勢障害を考慮する必要があります.

 

 

今回は変形性膝関節症例の重症度・アライメントと足部アライメントとの関連性を調査した研究論文をご紹介させていただきました.

やはり足部回内で内反モーメントを軽減できない群は機能が不良だという結果ですね.

この結果から考えると足部のアライメントを考慮したうえで介入を行うことが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました