ポケモンGoが身体活動量の増加,気分や感情の改善,注意力・集中力・記憶力の向上に有効 システマティックレビューによる検討

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケモンGoが身体活動量の増加,気分や感情の改善,注意力・集中力・記憶力の向上に有効 システマティックレビューによる検討

ポケモンGoといえば一世を風靡したスマホゲームですが,本当に流行りましたよね?

今現在どのくらい継続されている方がいらっしゃるのかは分かりませんが・・・

このポケモンGoって身体活動量を増加させるツールとしては非常に良いと思います.

今回はポケモンGoが身体活動量の増加,気分や感情の改善,注意力・集中力・記憶力の向上に有効かどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Pokemon, Pokemon Go, Game, Smartphone, Mobile, Virtual

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review J Clin Med. 2021 Apr 25;10(9):1860. doi: 10.3390/jcm10091860.

Effects of Pokémon GO on Physical Activity and Psychological and Social Outcomes: A Systematic Review

Jung Eun Lee 1, Nan Zeng 2, Yoonsin Oh 3, Daehyoung Lee 1, Zan Gao 4

Affiliations expand

PMID: 33922978 PMCID: PMC8123321 DOI: 10.3390/jcm10091860

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Augmented reality (AR) mobile game, Pokémon GO, leverages gamification and location tracking technology to encourage players to walk in different places to catch Pokémon characters in real-world settings. The systematic review sought to explore the impact Pokémon GO has on players’ physical activity (PA), and psychological and social outcomes.

拡張現実(AR)モバイルゲーム「Pokémon GO」は,ゲーミフィケーションと位置追跡技術を活用して,現実世界の設定でポケモンのキャラクターを捕まえるために,プレイヤーにさまざまな場所を歩くことを促します.

このシステマティックレビューでは,Pokémon GOがプレイヤーの身体活動(PA),および心理的・社会的なアウトカムに与える影響を探ることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Six research databases (PubMed, SPORTDiscus, PsycInfo, Web of Science, Science Direct, and Scopus) were used. Study inclusion criteria were: (1) quantitative research published in English; (2) examined the relationships between or impact of Pokémon GO on PA, psychological, and/or social outcomes; and (3) included participants played or exposed to Pokémon GO. Thirty-six studies were included with a total sample of 38,724 participants.

6つの研究データベース(PubMed,SPORTDiscus,PsycInfo,Web of Science,Science Direct,Scopus)を使用しております.

研究の取込基準は (1)英語で発表された定量的研究,(2)ポケモンGOが身体活動量,心理的,および/または社会的アウトカムとの関係または影響を調査した研究,(3)ポケモンGOをプレイした,またはポケモンGOに触れた対象者を含む研究となっております.最終的に36件の研究が対象となり,38,724例を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Players had significantly greater PA than non-players in terms of daily steps and number of days spent in moderate PA. Pokémon GO game also improved players’ social interactions and their mood/affects. Selective attention and concentration improved in adolescents and memory improved in young adults after playing the game.

プレイヤーは非プレイヤーに比べて,1日の歩数と中程度の身体活動量に費やした日数において,有意に身体活動量が増加しておりました.

またPokémon GOゲームはプレイヤーの社会的相互作用や気分・効果の改善にも有効でありました.

ゲームをプレイした後,青年では選択的注意力と集中力が向上し,若年成人では記憶力が向上しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Findings suggest playing Pokémon GO could promote meaningful improvements in walking behavior, as well as psychological and social well-being. More multidimensional research with randomized controlled trial design is needed to identify factors that influence adoption and sustainability of Pokémon GO playing.

今回の結果から,ポケモンGOをプレイすることで,歩行行動や心理的・社会的な幸福感が有意に向上する可能性が示唆されました.

ポケモンGOのプレイの導入と持続性に影響を与える要因を明らかにするためには,無作為化比較試験デザインを用いたより多面的な研究が必要であります.

 

今回はポケモンGoが身体活動量の増加,気分や感情の改善,注意力・集中力・記憶力の向上に有効かどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

ポケモン GOは身体活動量の増加,気分や感情の改善,注意力・集中力・記憶力の向上に役立つかもしれませんね.

リハビリテーションの中にどのように取り入れるかは難しいですけどね…

タイトルとURLをコピーしました