変形性関節症に対する多血小板血漿注入療法の登場で理学療法・作業療法も変わる?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性関節症に対する多血小板血漿注入療法の登場で理学療法・作業療法も変わる?

変形性関節症に対する新しい治療として多血小板血漿注入療法が注目されております.

今回は今後本邦でも導入が増えることが予測されるPRP療法(自己多血小板血漿注入療法)に関する研究論文をご紹介させていただきます.

Knee, Taping, Massage, Shoulder, Human, Relaxation

 

 

 

 

 

 

 

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)とは?

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は海外では10年以上の実績があり,ヤンキースの田中将大選手や,エンゼルスの大谷翔平選手が,右肘の靱帯損傷でPRP療法を行なったことでも知られています.

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は,自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療であり,血小板の成分だけを高い濃度で抽出し,注射する治療法です.

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2021 Oct;36(10):3616-3622. doi: 10.1016/j.arth.2021.05.040. Epub 2021 Jun 4.

Google Trends Analysis Shows Increasing Public Interest in Platelet-Rich Plasma Injections for Hip and Knee Osteoarthritis

Samuel A Cohen 1, Thompson Zhuang 1, Michelle Xiao 1, John B Michaud 1, Derek F Amanatullah 1, Robin N Kamal 1

Affiliations expand

PMID: 34172346 PMCID: PMC8478783 (available on 2022-10-01) DOI: 10.1016/j.arth.2021.05.040

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Osteoarthritis is a chronic musculoskeletal condition that frequently affects the hip and knee joints. Given the burden associated with surgical intervention for hip and knee osteoarthritis, patients continue to search for potential nonoperative treatments. One biologic therapy with mixed clinical and basic science evidence for treating osteoarthritis is platelet-rich plasma injections into the affected joint. We used the Google Trends tool to provide a quantitative analysis of national interest in platelet-rich plasma injections for hip and knee osteoarthritis.

変形性関節症は,股関節や膝関節に多く見られる慢性的な筋骨格の疾患です.

変形性股関節症や変形性膝関節症に対する外科的手術の負担は大きいため,クライアントは手術をしないで済む治療法を探し続けています.

変形性関節症の治療において,臨床的にも基礎的にも様々なエビデンスがある生物学的療法の一つに,患部への多血小板血漿の注入があります.

今回,Google Trendsツールを用いて変形性股関節症および変形性膝関節症に対する多血小板血漿注入療法に対する国内の関心を定量的に分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Google Trends parameters were selected to obtain search data from January 2009 to December 2019. Various combinations of “arthritis,” “osteoarthritis,” “PRP,” “platelet-rich plasma,” “knee,” and “hip” were entered into the Google Trends tool and trend analyses were performed.

Google Trendsのパラメータを選択し,2009年1月から2019年12月までの検索データを取得しております.

「関節炎」,「変形性関節症」,「PRP」,「多血小板血漿」,「膝」,「股関節」の様々な組み合わせをGoogle Trendsツールに入力し,傾向の分析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Three linear models were generated to display search volume trends in the United States for platelet-rich plasma and osteoarthritis, hip osteoarthritis, and knee osteoarthritis, respectively. All models showed increased Google queries as time progressed (P < .001), with R2 ranging from 0.837 to 0.940. Seasonal, income-related, and geographic variations in public interest in platelet-rich plasma for osteoarthritis were noted.

3つの線形モデルを作成し,米国における「platelet-rich plasma and osteoarthritis」,「hip osteoarthritis」,「knee osteoarthritis」の検索ボリュームのトレンドをそれぞれ表示しました.

すべてのモデルで時間の経過とともに Google 検索が増加し(P < 0.001),R2 は 0.837 から 0.940 でありました.

変形性関節症に対する多血小板血漿への関心には,季節的,所得的,地理的な変動が認められました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our results demonstrate a significant rise in Google queries related to platelet-rich plasma injections for osteoarthritis of the hip and knee since 2009. Surgeons treating hip and knee osteoarthritis patients can expect continued interest in platelet-rich plasma, despite inconclusive clinical and basic science data. Trends in public interest may inform patient counseling, shared decision-making, and directions for future clinical research.

2009年以降,変形性股関節症および変形性膝関節症に対する多血小板血漿注射に関連するGoogleクエリが大幅に増加していることが明らかとなりました.

変形性股関節症および変形性膝関節症の患者を治療する外科医は,臨床および基礎科学のデータに結論が出ていない状況ではありますが,多血小板血漿に対する継続的な関心を期待できます.

世間の関心の動向は,クライアントとのカウンセリング,意思決定の共有,および将来の臨床研究の方向性に影響を与える可能性があります.

 

今回は今後本邦でも導入が増えることが予測されるPRP療法(自己多血小板血漿注入療法)に関する研究論文をご紹介させていただきました.

本邦でもPRP療法の導入が一般的になる日もそう遠くないと思いますので,理学療法士・作業療法士もPRP療法について知識を深めておきたいですね.

タイトルとURLをコピーしました