理学療法士・作業療法士も知っておいたい学資保険のメリット・デメリット

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておいたい学資保険のメリット・デメリット

理学療法士・作業療法士の平均年齢は30歳前半ですから子育て世代の方が非常に多いと思います.

子育てってお金がかかりますよね?

特に大学進学の際の学費となると数百万円を超えるお金が必要となります.

将来に備えて学資保険を検討する理学療法士・作業療法士も多いです.

理学療法士・作業療法士の皆様は学資保険にはメリット・デメリットがあるって知っていましたか?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておいたい学資保険のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います.

Girl, Colors, Holi, Festival, Child, Asian, Tradition

 

 

 

 

 

 

 

そもそも学資保険とは?

学資保険というのは子供の学資金(教育費)を準備するための貯蓄型の保険を指します.

子供の成長に合わせた学資準備金や満期学資金を受け取ることができる保険です.

また親に万が一のことがあった場合に保険料の払い込みが免除になる特約を付けるのが一般的です.

 

 

 

 

 

 

 

 

学資保険は不要?

最近は学資保険は不要だといった考え方もあります.

学資保険はなぜ不要なのでしょうか?

まず学資保険は利回りが低いのが特徴で払い込みによっても異なりますが,現在の学資保険は良くても変戻率が105%程度です.

他の保険に比べても利回りは低いですよね.

また中途解約で元本割れするリスクもありますし,インフレリスクに弱いといったところもでメリットでしょう.

こういった理由から自分で運用した方がましと考える理学療法士・作業療法士も多いのも実際です.

 

 

 

 

 

 

 

学資保険のメリット

不要論が多く唱えられている学資保険ですがメリットもあります.

まずは返戻率は低いけど預金よりはいいといった考え方です.

確かに預金だと金利がしれていますから,銀行に預けておくよりはといった考え方です.

また払い込み免除特約で万が一の保証が付きます.

親に何かあった時に子供が進学できないというリスクを回避できるというのは大きいですよね.

中途解約リスクについてはそもそも教育資金に充てるお金なので解約をしないのが前提で契約すれば大きな問題とはならないでしょう.

さらに生命保険料控除の対象となるといった点もポイントですね.

加えて自分では貯蓄ができない方にとっては反強制的に貯蓄ができるといった点は学資保険を利用するメリットの1つになるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

学資保険への加入が不要な理学療法士・作業療法士とは?

結局のところ学資保険には加入すべきなのでしょうか?

学資保険に加入すべきかどうかは理学療法士・作業療法士のおかれた状況によって異なります.

既に教育資金の準備がばっちりあるといった場合には学資保険への加入は不要でしょう.

また万が一の保証が十分にあるといった場合には特約が意味を持たなくなりますので加入するメリットが小さくなります.

年収の低い理学療法士・作業療法士の場合には万が一の保証が十分にあるといった方は少ないかもしれませんが…

生命保険料控除を既に満額利用されている方にとってもメリットは小さくなるでしょう.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておいたい学資保険のメリット・デメリットについて考えてみました.

学資保険不要論には正解も不正解もありません.

自分自身のライフプランを考えたうえで必要か不要かを見極めることが重要でしょうね.

学資保険への加入を検討している理学療法士・作業療法士は教育資金をためるにあたって自分にとってメリットがあるかどうかを考えてみてください.

 

タイトルとURLをコピーしました