変形性膝関節症例に対する装具使用の有効性 システマティックレビュー論文

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する装具使用の有効性 システマティックレビュー論文

変形性膝関節症例に対する理学療法の中で,古くから用いられてきたのが装具療法です.

膝関節装具を使用して内反モーメントの軽減を図ったり,不安定性の改善を図ることで疼痛が軽減する症例は少なくありません.

しかしながら変形性膝関節症例に対する膝関節装具の効果って証明されているのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例に対する装具使用の有効性に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

person holding black knit cap

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMC Musculoskelet Disord. 2021 Aug 12;22(1):687. doi: 10.1186/s12891-021-04513-0.

Effect of using knee valgus brace on pain and activity level over different time intervals among patients with medial knee OA: systematic review

Huda Alfatafta 1, David Onchonga 2, Mahmoud Alfatafta 3, Lu Zhang 2, Imre Boncz 4, Szimonetta Lohner 5, Bálint Molics 6

Affiliations expand

PMID: 34384421 DOI: 10.1186/s12891-021-04513-0

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The Knee valgus brace is one of the accepted conservative interventions for patients with medial compartment knee osteoarthritis to correct the knee varus and increase functional activity level. Nevertheless, comprehensive overview of the effects of using this brace on self-reported pain activity level over time is not available. Thus, this study aimed to systematically review the effect of using this brace on pain and activity levels in the last 20 years in patients with medial compartment knee osteoarthritis.

変形性膝関節症例に対して,膝関節を矯正して機能的な活動レベルを向上させるために,膝外反装具が保存的治療として用いられます.

にもかかわらず,この膝外反装具の使用が自己申告の疼痛活動レベルに及ぼす影響について,経時的に包括的に概観することはできません.

そこでこの研究で,、過去20年間に内側型変形性膝関節症例を対象として,膝外反装具の使用が疼痛と活動レベルに及ぼす影響を系統的にレビューすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Five databases were searched to find articles from the year 2000 to the end of November 2020: Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL), EMBASE, PubMed, Web of Science, and Scopus. Two reviewers independently evaluated the available articles for eligibility and assessed quality. The risk of bias in each study was assessed by two reviewers independently according to the Strengthening the Reporting of Observational Studies in Epidemiology tool (STROBE) for the non-randomized controlled studies and the Cochrane risk-of-bias tool for the randomized controlled studies.

5つのデータベースを検索し,2000年から2020年11月末までの論文を検索しております.

Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL),EMBASE,PubMed,Web of Science,Scopusの5つのデータベースを検索しております.

2名の査読者が,入手可能な論文の適格性を独立して評価し,質を評価しております.

各研究のバイアスリスクは,非ランダム化対照研究についてはStrengthening the Reporting of Observational Studies in Epidemiology tool(STROBE),ランダム化対照研究についてはCochrane risk-of-bias toolに従って,2名の査読者が独立して評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Seven randomized controlled studies and 17 cohort studies (in total 579 participants) were included in the systematic review. Most of these studies found using a knee valgus brace effective in reducing pain and improving activity level over different time intervals. The majority of the included studies (14 studies) evaluated the impact of the brace for a considerably short-term (less than 6 months). Thus, limited evidence is available on the long-term use of the knee valgus brace and its associated complications.

7件の無作為化対照研究と17件のコホート研究(計579人)がシステマティックレビューに含まれました.

これらの研究のほとんどが,異なる時間間隔での痛みの軽減と活動レベルの向上に,膝関節装具の使用が有効であると結論付けておりました.

対象となった研究の大部分(14件)は,かなり短期間(6ヶ月未満)の装具の影響を評価したものでありました.

そのため膝関節装具の長期使用とそれに伴う合併症については限られた証拠しかありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The knee valgus brace is an effective conservative intervention to improve the quality of life and reduce pain during daily activities for some patients. However, the long term of using this brace is still not very convenient, and the patients who benefit most from using the brace should be identified with high methodological quality studies.

膝関節装具は一部の変形性膝関節症例にとって生活の質を向上させ、日常生活での痛みを軽減するための有効な保存的介入方法であります.

しかしながら,この装具を長期的に使用することに関する有効性は証明されておらず,装具を使用することで最も恩恵を受ける症例を方法論的に質の高い研究で特定する必要があります.

 

今回は変形性膝関節症例に対する装具使用の有効性に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

結論に記述されているのが本質だと思います.

やはり効果が得られる症例と得られない症例がいるのも実際ですよね.

今後はどういった症例に対しては有効でどういった症例に対しては有効でないかを明らかにすることが必要ですね.

また長期的な変形性膝関節症の進行予防に関するその効果というのも気になるところですね.

今後の検討が待たれますね.

タイトルとURLをコピーしました