目視による関節可動域の測定って信用できるの?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目視による関節可動域の測定って信用できるの?

理学療法士・作業療法士であればゴニオメーターを使用して関節可動域を測定することは多いと思います.

ただ目視で関節可動域を測定するベテラン理学療法士・作業療法士って昔から多いですよね?

でも目視での関節可動域測定って本当に正確なのでしょうか?

今回は目視による関節可動域の測定って信用できるかどうかを考える上でヒントになる研究論文をご紹介させていただきます.

Blue, Girl, Sad, Face, Head, Sadness, Upset, Unhappy

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:547-551. doi: 10.1016/j.jbmt.2021.09.011. Epub 2021 Sep 25.

Assessing the knee flexion range of motion after total knee arthroplasty: Technology versus senses

UmutZiyaKocak 1, OrtacGuran 2, Serpil Kalkan 3, Erol Kaya 4, Merve Kurt 5, VasfiKaratosun 6, Bayram Unver 7

Affiliations expand

PMID: 34776193 DOI: 10.1016/j.jbmt.2021.09.011

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: Following total knee arthroplasty surgery, attention should be paid to post-operative knee range of motion to achieve daily activities. Goniometer assessment is widely used to assess the range of motion in the post-operative period. This study aimed to determine the inter-rater ability of a smartphone application and visual estimation of the knee joint after total knee arthroplasty among different professions that commonly work together and compare whether any method is superior to another.

人工膝関節全置換術術後,日常生活を実現するためには,術後の膝関節可動域に注意を払う必要があります.

術後の可動域の評価にはゴニオメーターによる評価が広く用いられております.

この研究では人工膝関節全置換術後の膝関節可動域をスマートフォンアプリと目視で推定した場合の評価者間信頼性を共通して働く異なる職種の間で測定し,どの方法が優れているかを比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: Range of motion measurements was performed by four clinicians as two physiotherapists and two orthopedic fellows. They utilized the Goniometer Reports application for smartphones, universal goniometer, and visual estimation to measure angles of knees which was operated. A two-way mixed model of intra-class correlation coefficient (ICC) with a 95% confidence level was used to assess inter-rater reliability.

2名の理学療法士と2名の整形外科フェローの計4人の臨床家が関節可動域測定を行っております.

対象者はスマートフォン用アプリケーション「Goniometer Reports」,ユニバーサルゴニオメーター,および目視による推定を利用して膝関節可動域を測定し,手術を行っております.

評価者間の信頼性を評価するために,信頼水準95%のクラス内相関係数(ICC)の二元混合モデルを用いております.

 

研究の結果

Results: Thirteen patients (11 female) and 20 knees (10 right) were assessed. The ICCs were found excellent both for between methods and between raters.

13例の対象者(11人の女性)と20膝(10個の右)を対象に評価を行っております.

ICCは方法間および評価者間ともに優れておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our results show that technology seems a more accurate way to determine the knee range of motion after knee arthroplasty compared to senses. However, in lack of technological resources or time, or to avoid possible infection, visual estimation also could provide useful information.

今回の研究結果から人工膝関節置換術後の膝関節可動域を測定するうえでは,目視に比べてアプリでの測定がより正確な方法であると思われます.

しかしながら技術的なリソースや時間がない場合,あるいは感染の可能性を避けるために,視覚的な推定も有用な情報を提供できる可能性があります.

 

今回は目視による関節可動域の測定って信用できるかどうかを考える上でヒントになる研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると目視でもそれなりの信頼性を得られるといったところでしょうか?

個人的には目視は信用できませんが・・・

タイトルとURLをコピーしました