変形性股関節症例の股関節外転筋力低下に与える要因は何か?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例の股関節外転筋力低下に与える要因は何か?

変形性股関節症例が合併する機能障害の中で昔から運動療法のターゲットとなることが多いのが,股関節外転筋力低下です.

股関節外転筋力低下による立脚期の骨盤の対側傾斜は股関節の求心力を低下させてしまいますので,股関節症進行の一因ともなります.

理学療法士・作業療法士が変形性股関節症例に対して股関節外転筋力トレーニングを行ううでは変形性股関節症例の股関節外転筋力低下に与える要因を把握しておくことが重要となります.

今回は変形性股関節症例の股関節外転筋力低下に与える要因について調査した報告をご紹介させていただきます.

Hip, Anatomy, Body, Joint, Anatomical, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Musculoskelet Sci Pract. 2021 Jul 21;55:102431. doi: 10.1016/j.msksp.2021.102431. Online ahead of print.

Functional characteristics associated with hip abductor torque in severe hip osteoarthritis

Takumi Kawano 1, Manabu Nankaku 2, Masanobu Murao 2, Koji Goto 3, Yutaka Kuroda 3, Toshiyuki Kawai 3, Ryosuke Ikeguchi 4, Shuichi Matsuda 4

Affiliations expand

PMID: 34329871 DOI: 10.1016/j.msksp.2021.102431

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Hip abductor weakness due to the progression of hip osteoarthritis (OA) commonly causes poor functional mobility. The hip abductor strength has also been identified as a clinically relevant factor for successful functional outcomes after total hip arthroplasty.

変形性股関節症の進行に伴う股関節外転筋の低下は,一般的に運動機能の低下を引き起こします.

股関節外転筋力は人工股関節全置換術後のアウトカムに関連する臨床的に重要な因子であることも確認されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: This study aimed to examine the functional characteristics related to hip abductor torque in patients with hip OA.

この研究では変形性股関節症例における股関節外転筋のトルクに関連する機能的特徴を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: A cross-sectional survey study.

研究デザインは横断研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究方法

Methods: One hundred and eight female patients with severe unilateral hip OA participated in this study. Hip abductor torque and pain were measured. The muscle cross-sectional area (CSA) and skeletal muscle density (SMD) of the gluteal muscles were also measured using computed tomography. To identify the hip parameters associated with hip abductor torque, multiple regression analysis was performed. The healthy model included the CSA and SMD of gluteus maximus, gluteus medius, and gluteus minimus; range of motion in hip abduction; age; and body mass index. The affected model included hip pain in addition to the healthy model.

重度の片側性股関節OAの女性108例を対象としております.

股関節外転筋のトルクと痛みを測定ししております.

また臀部筋の筋断面積(CSA)と骨格筋密度(SMD)もCTを用いて測定しております.

股関節外転トルクに関連する股関節パラメータを特定するために,重回帰分析を行っております.

健側モデルには大殿筋,中殿筋,小殿筋のCSAとSMD,股関節外転時の可動域,年齢,肥満度を含めております.

また患側モデルには,健常者モデルに加えて股関節痛を含めております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: In the affected limb, multiple regression analysis identified pain and angle of hip abduction as factors that determine hip abductor torque (Adjusted R2 = 0.39). In contrast, our analysis identified CSA and SMD of the gluteus medius and SMD of the gluteus minimus as the significant variables related to hip abductor torque in the healthy limb (Adjusted R2 = 0.40).

患側下肢では重回帰分析により,股関節外転トルクを決定する因子として,痛みと股関節外転角が特定されております(調整R2=0.39).

一方で健側下肢では,中殿筋のCSAとSMD,小殿筋のSMDが,股関節外転トルクに関連する有意な変数として同定されております(調整R2=0.40).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The findings of this study indicated that it is necessary to consider that hip pain may inhibit muscle exertion and contraction while training to improve the hip abductor torque in the affected limb.

この研究結果から,患側の股関節外転トルクを向上させるためのトレーニングを行う際には,股関節の痛みが筋力の発揮や収縮を抑制することを考慮する必要があることが示されました.

 

今回は変形性股関節症例の股関節外転筋力低下に与える要因について調査した報告をご紹介させていただきました.

健側と患側では股関節外転筋力を決定する要因が異なるという興味深い結果ですね.

この結果から考えると変形性股関節症例の股関節外転筋力を向上させるうえでは筋のボリュームよりも疼痛に着目することが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました