膝蓋下脂肪体に対するアプローチは徒手的介入だけではダメ?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝蓋下脂肪体に対するアプローチは徒手的介入だけではダメ?

膝蓋下脂肪体といえばまだまだブラックボックスでよくわかっていないところが多い組織の1つです.

膝蓋下脂肪体の癒着は膝関節の可動域制限や膝関節伸展筋力の筋出力低下を引き起こすことが知られております.

膝蓋下脂肪体に対する介入って,youtubeの動画を見てもほとんどが徒手的介入ですよね.

Youtube動画に限らず書籍なんかもそうです.

今回は膝蓋下脂肪体に対するアプローチは徒手的介入のみならず自動運動を使った介入が有効である可能性を示唆する論文をご紹介させていただきます.

Knee, Taping, Massage, Shoulder, Human, Relaxation

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Phys Ther Sci. 2021 Oct;33(10):722-727. doi: 10.1589/jpts.33.722. Epub 2021 Oct 13.

Effects of isometric contraction of the quadriceps on the hardness and blood flow in the infrapatellar fat pad

Naoya Katayama 1 2, Issei Noda 1, Yusuke Fukumoto 1, KengoKawanishi 1, Shintarou Kudo 1 3

Affiliations expand

PMID: 34658513 PMCID: PMC8516604 DOI: 10.1589/jpts.33.722

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

[Purpose] This study aimed to clarify the influence of the isometric contraction of the quadriceps (ICQ) with low intensity on the circulation in the infrapatellar fat pad (IFP).

この研究では低強度の大腿四頭筋の等尺性収縮(ICQ)が膝蓋下脂肪体の循環動態に及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

[Participants and Methods] The participants were 7 males and 5 females, with an average age of 21.5 ± 1.4 years. IFP hardness was measured using shear wave ultrasound elastography and Biodex. Tissue oxygenation was measured via near-infrared spectroscopy using oxygenated hemoglobin (O2Hb), deoxygenated hemoglobin (HHb), and total hemoglobin (cHb) as indices. The mean values were calculated for three periods: 1 min of rest immediately before the exercise task (before ICQ), the lower limit of the 10 sets during the exercise task (during ICQ), and 3-4 min after the exercise task (after ICQ). IFP hardness was compared between resting conditions and ICQ, and tissue oxygenation was compared before, during, and after ICQ.

対象は男性7例,女性5例で平均年齢は21.5±1.4歳となっております.

膝蓋下脂肪体の硬さは、せん断波超音波エラストグラフィとBiodexを用いて測定しております.

組織の酸素化は,酸素化ヘモグロビン(O2Hb),脱酸素化ヘモグロビン(HHb),総ヘモグロビン(cHb)を指標として,近赤外分光法により測定しております.

平均値は,運動課題直前の1分間の安静時(大腿四頭筋の等尺性収縮前),運動課題中の10セットのうちの下限値(大腿四頭筋の等尺性収縮中),運動課題後の3〜4分間(大腿四頭筋の等尺性収縮後)の3つの期間について算出しております.

膝蓋下脂肪体の硬さを安静時と大腿四頭筋の等尺性収縮時で比較し,組織の酸素化を大腿四頭筋の等尺性収縮前,大腿四頭筋の等尺性収縮中,大腿四頭筋の等尺性収縮後で比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

[Results] ICQ significantly increased IFP hardness. Tissue hemoglobin, O2Hb, and cHb decreased significantly during ICQ and increased after ICQ compared to that before ICQ. HHb decreased during ICQ and recovered significantly after ICQ.

大腿四頭筋の等尺性収縮は膝蓋下脂肪体の硬さを有意に増加させておりました.

また組織のヘモグロビン,O2Hb,cHbは大腿四頭筋の等尺性収縮中に有意に減少し,大腿四頭筋の等尺性収縮後は大腿四頭筋の等尺性収縮前に比べて増加しておりました.

HHbは大腿四頭筋の等尺性収縮中に減少し,大腿四頭筋の等尺性収縮後に有意に改善しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

[Conclusion] In healthy participants, low-intensity ICQ increases the hardness and oxygenation of the IFP. This study may partly explain the unknown pain relief mechanism of exercise therapy.

健常者において、低強度の大腿四頭筋の等尺性収縮は,膝蓋下脂肪体の硬度と酸素化を増加させることが明らかとなりました.

本研究は運動療法の未知の疼痛緩和メカニズムの一端を説明するものであると考えられます.

 

 

 

今回は膝蓋下脂肪体に対するアプローチは徒手的介入のみならず自動運動を使った介入が有効である可能性を示唆する論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると徒手的な介入に加えて大腿四頭筋の収縮を伴う介入を加えることがポイントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました