客観的な腫れがないのに主観的な膝の腫れを報告する変形性膝関節症の人の頻度と臨床的特徴

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

客観的な腫れがないのに主観的な膝の腫れを報告する変形性膝関節症の人の頻度と臨床的特徴

変形性膝関節症例の中には明らかな腫張を伴っている症例が少なくありませんが,一方で他覚的には腫れていないにもかかわらず,主観的には腫れている感じがすると訴える症例がいます.

この現象ってとても不思議ですよね?

今回は田中創先生が執筆された客観的な腫れがないのに主観的な膝の腫れを報告する変形性膝関節症の人の頻度と臨床的特徴を明らかにした論文をご紹介させていただきます.

person sitting on white sand during daytime

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

“But it feels swollen!”: the frequency and clinical characteristics of people with knee osteoarthritis who report subjective knee swelling in the absence of objective swelling

Tanaka, Soa,b; Nishigami, Tomohikoc,*; Ohishi, Kojid; Nishikawa, Kazutakad; Wand, Benedict M.e; Stanton, Tasha R.f; Yamashita, Hirofumig; Mibu, Akirah; Tokunaga, Masamii; Yoshimoto, Takaakii; Ushida, Takahirob,j

PAIN Reports: November/December 2021 – Volume 6 – Issue 4 – p e971

doi: 10.1097/PR9.0000000000000971

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

There are complex interactions between pain and perceptions of the painful body part in musculoskeletal disorders, and disruption of various body representations in people with chronic pain.

筋骨格系障害における痛みと痛みを感じる身体部位の知覚,慢性疼痛を持つ人における様々な身体表現の乱れには,複雑な相互作用があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The purpose of this study was to investigate how frequently people with knee osteoarthritis (OA) complain of swelling without objective evidence of swelling, and describe the clinical characteristics of this population.

この研究では変形性膝関節症例が,客観的な腫張を認めないにもかかわらず主観的な腫張を訴える頻度を調査し,主観的な腫張を訴える集団の臨床的特徴を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Forty-six people with knee OA (68.1 ± 8.8 years) participated in this cross-sectional study. Subjective and objective swelling was evaluated by knee-specific body perception questionnaire and ultrasonography, respectively. Pain intensity, disability, pain-related beliefs, 2-point discrimination threshold, and quadriceps muscle strength were also evaluated.

研究デザインは横断的研究となっております.

46例の変形性膝関節症例(68.1±8.8歳)を対象としております.

主観的および客観的な主張については,それぞれ膝特有の身体知覚質問票と超音波検査で評価しております.

また,疼痛の強さ,疼痛による障害,痛みに関する信念,2点識別閾,大腿四頭筋の筋力を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Approximately 1/3 of participants (n = 15) had subjective feelings of knee swelling in the absence of objective swelling (S only). Fifteen participants had both subjective and objective knee swelling (S + O group) and 16 had neither subjective nor objective knee swelling (No S/O group). Participants in the S only group had similar pain or disability as those in the S + O group but had more severe pain or disability than those with in the No S/O group. Those in the S only group also had larger 2-point discrimination distance threshold at the medial knee (impaired tactile acuity) than those in the S + O group and had more dysfunctional pain catastrophizing and pain-related self-efficacy than both other groups.

約1/3の対象(n=15)が客観的な腫張がないにもかかわらず主観的には膝関節の腫張を感じておりました(Sのみ).

15例は主観的な膝の腫れと客観的な膝の腫れの両方があり(S+O群),16名は主観的な膝の腫れも客観的な膝の腫れもありませんでした(No S/O群).

主観的な腫張のみの群では主観的+客観的な腫張を有する群と同程度の疼痛や障害を有しておりましたが,主観的な疼痛も客観的な疼痛も感じていない群の対象者よりも重度の痛みや障害を有しておりました.

また主観的な腫張のみの群では,主観的な腫張に加え客観的な腫張を有する群に比べて膝内側の2点識別距離閾値が大きく(触覚障害),他の両群に比べて痛みの破局化と痛みに関する自己効力感の機能障害が大きい特徴がみられました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Our results suggest that about 30% of people with knee OA perceive swelling of the knee in the absence of any objective swelling and that this is accompanied by severe pain and functional disability. Considering altered body image of the knee may reveal relevant treatment-based subgroups in people with knee OA.

今回の結果から変形性膝関節症例の約30%が,客観的な腫れがないにもかかわらず,膝の腫れを自覚しており,それが強い痛みや機能障害を伴っていることが示唆されました.

膝のボディイメージの変化を考慮することで,変形性膝関節症例の治療に適したサブグループが明らかになる可能性があります.

 

今回は田中創先生が執筆された客観的な腫れがないのに主観的な膝の腫れを報告する変形性膝関節症の人の頻度と臨床的特徴を明らかにした論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました