人工膝関節全置換術(TKA)後の症例の期待充足度を向上させるには?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後の症例の期待充足度を向上させるには?

人工膝関節全置換術(TKA)後のアウトカムの1つとして期待充足度が挙げられます.

われわれもそうですが期待以上の結果が得られると人間って満足するようにできているわけです.

特に人工膝関節全置換術(TKA)例というのは術後一定の割合で疼痛が遷延し,長期的な期待充足度が低い症例が存在することも明らかにされております.

今回は理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)後の症例の期待充足度を向上させるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきます.

Short haired Asian woman with book in robe resting on sofa

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2020 Jul;35(7):1826-1832. doi: 10.1016/j.arth.2020.02.064. Epub 2020 Mar 5.

Changes in Expectation Fulfillment Following Total Knee Arthroplasty: A 10-Year Follow-Up Study

Liam Z Yapp 1, Nicholas D Clement 1, Deborah J Macdonald 1, Colin R Howie 1, Chloe E H Scott 1

Affiliations expand

PMID: 32205005 DOI: 10.1016/j.arth.2020.02.064

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: This study aims to investigate how expectation fulfillment changes up to 10 years following total knee arthroplasty (TKA).

この研究では人工膝関節全置換術(TKA)後10年目までの期待充足度の変化を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Preoperative data were collected for 323 patients undergoing TKA (Hospital for Special Surgery Knee Replacement Expectations survey, Oxford Knee Score [OKS], and Short Form [SF]-12). Expectation fulfillment, OKS, SF-12, and patient satisfaction were assessed at 1 year and 9-10 years postoperatively. Relative risk (RR) of dissatisfaction at late follow-up was calculated for each specific expectation question. Linear regression analysis was used to identify factors independently associated with early (1 year) and late (mean 9 years) expectation fulfillment scores.

対象は人工膝関節全置換術(TKA)を施行した323例となっており,この323例の術前データを収集しております(Hospital for Special Surgery Knee Replacement Expectations survey,Oxford Knee Score [OKS],Short Form [SF]-12).

期待充足度,OKS,SF-12,および患者満足度を,術後1年および9〜10年目に評価しております.

後期追跡調査時の不満の相対リスク(RR)は,特定の期待の質問ごとに算出しております.

線形回帰分析を用いて,早期(1年後)および後期(平均9年後)の期待充足度スコアと独立して関連する因子を抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Mean expectation fulfillment scores declined from early to late follow-up (25.9-23.9, P = .025). Multivariate analysis identified younger age and better 1-year OKS as factors independently associated with long-term expectation fulfillment. Twelve percent of patients reported dissatisfaction at late follow-up. The risk of long-term dissatisfaction was greatest in patients with high preoperative expectations of kneeling (RR 2.2, 95% confidence interval [CI] 0.9-5.5), walking without aids (RR 2.4, 95% CI 0.7-7.6), and improved psychological well-being (RR 3.9, 95% CI 0.9-5.0). Night pain relief, kneeling ability, participating in outside activities, and sports were the most poorly fulfilled expectations at both early and late time points. Fulfillment improved the least from early to late for kneeling ability (17%) and ability to participate in outside activities (17%).

期待感充足度の平均値は,術後早期から後期にかけて低下しております(25.9-23.9、P = 0.025).

多変量解析では長期的な期待充足に独立して関連する因子として,若年層と1年目のOKSの改善が抽出されております.

後期追跡調査では12%の症例がが不満を訴えております.

長期的な不満のリスクは,膝をつくこと(RR 2.2,95%信頼区間[CI]0.9-5.5),補助具なしでの歩行(RR 2.4、95%CI 0.7-7.6),心理的幸福の改善(RR 3.9、95%CI 0.9-5.0)など,術前の期待が高かった症例で大きい結果でありました.

夜間の痛みの軽減,膝をつくことができる,外での活動に参加できる,スポーツが初期と後期の両方の時点で最も満たされなかった期待に関する項目でありました.

術後早期から後期にかけて最も期待値が改善されなかったのは,膝をつく能力(17%)と外での活動に参加する能力(17%)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Expectation fulfillment following TKA changes with time. Expectations of kneeling ability and the ability to perform outside activities demonstrated persistently low levels of fulfillment. This information can be used to manage the longer term expectations of patients undergoing TKA.

人工膝関節全置換術(TKA)後の期待充足度は時間とともに変化することが明らかとなりました.

また膝をつく能力と外での活動の能力に対する期待は,持続的に低い充足度を示しました.

今回の結果は人工膝関節全置換術(TKA)後の症例の長期的な期待を管理するために利用できると考えられます.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後の症例の満足度を向上させるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきました.

期待充足度を向上させるためには膝立ちの可否と屋外での活動能力の向上が重要だといった結果ですね.

理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)後の症例を担当する上で大きなヒントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました