modified Thomas testは骨盤傾斜をコントロールしないと股関節屈曲拘縮(股関節伸展角度)を評価できない?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

modified Thomas testは骨盤傾斜をコントロールしないと股関節屈曲拘縮(股関節伸展角度)を評価できない?

理学療法士・作業療法士が股関節屈曲拘縮をスクリーニングするためにThomas testを行う機会は多いと思います.

またThomas testを応用して股関節前面のストレッチングを行うなんてのもよくされると思います.

ただThomas testにしてもThomas testを使ったストレッチングにしても骨盤傾斜をうまくコントロールしないと目的を果たせないって知っていましたか?

今回はmodified Thomas testは骨盤傾斜をコントロールしないと股関節屈曲拘縮(股関節伸展角度)を評価できないといったお話です.

Hip, Anatomy, Body, Joint, Anatomical, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

PeerJ. 2016 Aug 11;4:e2325. doi: 10.7717/peerj.2325. eCollection 2016.

The modified Thomas test is not a valid measure of hip extension unless pelvic tilt is controlled

Andrew D Vigotsky 1, Gregory J Lehman 2, Chris Beardsley 3, Bret Contreras 4, Bryan Chung 5, Erin H Feser 1

Affiliations expand

PMID: 27602291 PMCID: PMC4991856 DOI: 10.7717/peerj.2325

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

Modified Thomas testとは?

Modified Thomas testはその名の通りThomas testの変法として比較的メジャーな検査方法です.

Thomas testは背臥位で股関節を屈曲することで骨盤を後傾させ,反対側の大腿が浮いてしまう場合を陽性とするもので,一般的には腸腰筋の短縮を評価する検査として国家試験でも出題される代表的な整形外科的テストです.

一般的なThomas testでは対側の膝関節は伸展位ですが,Modified Thomas testでは膝関節から遠位をベッドから出した状態でThomas testを行います.

こういった工夫を行うことで腸腰筋の短縮はもちろん,より多くの情報を得ることができます.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

The modified Thomas test was developed to assess the presence of hip flexion contracture and to measure hip extensibility. Despite its widespread use, to the authors’ knowledge, its criterion reference validity has not yet been investigated.

modified Thomas testは股関節屈曲拘縮の有無と股関節伸展可動域を評価するために開発されたテストであります.

広く使用されているにもかかわらず,筆者らの知る限り,その基準関連妥当性はまだ調査されておりません.

 

研究の目的

The purpose of this study was to assess the criterion reference validity of the modified Thomas test for measuring peak hip extension angle and hip extension deficits, as defined by the hip not being able to extend to 0º, or neutral.

この研究では最大股関節伸展角度と,股関節が0°または中間位まで伸展できないことで定義される股関節伸展障害を評価するためのmodified Thomas testの基準関連妥当性を評価することとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Twenty-nine healthy college students (age = 22.00 ± 3.80 years; height = 1.71 ± 0.09 m; body mass = 70.00 ± 15.60 kg) were recruited for this study.

この研究では29例の健常大学生(年齢=22.00±3.80歳,身長=1.71±0.09m,体重=70.00±15.60kg)を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Bland-Altman plots revealed poor validity for the modified Thomas test’s ability to measure hip extension, which could not be explained by differences in hip flexion ability alone. The modified Thomas test displayed a sensitivity of 31.82% (95% CI [13.86-54.87]) and a specificity of 57.14% (95% CI [18.41-90.10]) for testing hip extension deficits. It appears, however, that by controlling pelvic tilt, much of this variance can be accounted for (r = 0.98).

Bland-Altmanプロットを用いて,modified Thomas testの股関節伸展の測定能力の妥当性は低く,股関節屈曲能力の違いだけでは説明できないことが明らかとなりました.

modified Thomas testは股関節伸展障害の検査において,感度31.82%(95%CI [13.86-54.87]),特異性57.14%(95%CI [18.41-90.10])でありました.

しかしながら骨盤傾斜をコントロールすることでこの変動の多くを説明できるようであります(r = 0.98).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

When pelvic tilt is not controlled, the modified Thomas test displays poor criterion reference validity and, as per previous studies, poor reliability. However, when pelvic tilt is controlled, the modified Thomas test appears to be a valid test for evaluating peak hip extension angle.

骨盤傾斜がコントロールされていない場合,modified Thomas testの基準関連妥当性は低く,過去の研究のように信頼性も低いと考えられます.

しかしながら骨盤傾斜がコントロールされている場合,modified Thomas testは,最大股関節伸展角度を評価するための有効なテストであると思われます.

 

今回はmodified Thomas testは骨盤傾斜をコントロールしないと股関節屈曲拘縮(股関節伸展角度)を評価できないといったお話でした.

当然といえば当然ですが,modified Thomas testを用いて股関節屈曲拘縮を評価する場合には,対側の下肢が挙上するかといった側面のみならず骨盤の前後傾角度に着目する必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました