脳卒中症例に対するブリッジ運動による介入効果

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中症例に対するブリッジ運動による介入効果

脳卒中症例に限ったことではありませんが,股関節や体幹筋群のstability改善を目的として理学療法士・作業療法士がブリッジ運動を指導することは多いと思います.

ただこのブリッジ運動って本当に効果があるのでしょうか?

今回は脳卒中症例に対するブリッジ運動による介入効果を検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Bridge, Park, Garden, Japanese Garden, Path, Walkway

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Phys Ther Sci. 2015 Dec;27(12):3807-10. doi: 10.1589/jpts.27.3807. Epub 2015 Dec 28.

The effect of modified bridge exercise on balance ability of stroke patients

Gui-Bin Song 1, Ju-Young Heo 2

Affiliations expand

PMID: 26834357 PMCID: PMC4713796 DOI: 10.1589/jpts.27.3807

今回ご紹介する論文は2015年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

[Purpose] The purpose of this study was to verify the effects of a modified bridging exercise on stroke patients with improvement in weight bearing on the affected side in standing and static balancing ability.

この研究では脳卒中症例に対する立位における患側体重支持と静的バランス能力の改善を目的とした修正ブリッジ運動の効果を検証することを目的としております,

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

[Subjects] Thirty patients who had a stroke were randomly allocated into a supine bridge exercise group (SBG, n=10), a supine bridge exercise on a TOGU balance pad group (SBTG, n=10), and a unilateral bridge exercise group (UBG, n=10).

脳卒中症例30例を仰臥位ブリッジ運動群(SBG,n=10),TOGUバランスパッド上での仰臥位ブリッジ運動群(SBTG,n=10),片側ブリッジ運動群(UBG,n=10)に無作為に割り付けました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

[Methods] The SBG patients underwent supine bridge exercise, the SBTG patients underwent supine bridge exercise with a TOGU balance pad, and the UBG patients underwent unilateral bridge exercise. All groups received 20 minutes of training per day, five times per week, for four weeks.

SBG群では仰臥位ブリッジ運動,SBTG群ではTOGUバランスパッドを用いた仰臥位ブリッジ運動,UBG群では片側ブリッジ運動を行った.

全グループが1日20分,週5回のトレーニングを4週間行いました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

[Results] All groups showed significant changes in weight bearing in a standing position after the intervention. The SBTG and UBG groups showed significant changes in balance ability.

すべての群で介入後に立位での体重支持に有意な変化が見られました.

SBTG群とUBG群ではバランス能力に有意な変化が見られました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

[Conclusion] According to the results of this study, bridge exercise was effective in improving weight bearing in a standing position and improving balance on stroke patients. The bridge exercise with a TOGU balance pad and the unilateral bridge exercise were especially more effective in anterior, posterior length in limit of stability following on standing.

この研究の結果から考えるとブリッジ運動は,脳卒中症例の立位における体重支持を改善しバランス能力を向上させるのに有効である可能性があります.

特にTOGUバランスパッドを使用したブリッジ運動と片側ブリッジ運動は起立後の安定性の限界である前方,後方距離に対して有効だと考えられました.

 

今回は脳卒中症例に対するブリッジ運動による介入効果を検討した研究論文をご紹介させていただきました.

ポジティブな結果で安心しました.

ブリッジ運動というのは簡単に導入できますので,こういった論文はありがたいですね.

ブリッジ運動もstrategyによって筋活動が大きく変わりますのでただただおしりを上げていてはだめでしょうけどね…

タイトルとURLをコピーしました