MRI画像と腰痛には関連があるのか?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MRI画像と腰痛には関連があるのか?

X線所見と疼痛は一致しないというのは有名な話です.

X線上は変形が高度でも疼痛が軽いクライアントもいれば,X線上での変形が軽度でも疼痛が強いクライアントもいます.

でもMRIだとどうなのでしょうか?

今回はMRI画像と腰痛には関連があるのかについて調査した報告をご紹介させていただきます.
Mri, Magnetic Resonance Imaging, Diagnostics, Hospital

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Spine (Phila Pa 1976). 2021 Aug 18. doi: 10.1097/BRS.0000000000004198. Online ahead of print.

Association of Lumbar MRI Findings with Current and Future Back Pain in a Population-Based Cohort Study

Richard Kasch 1, Julia Truthmann, Mark J Hancock, Christopher G Maher, Markus Otto, Christopher Nell, Niklas Reichwein, Robin Bülow, Jean-François Chenot, Andre Hofer, Georgi Wassilew, Carsten Oliver Schmidt

Affiliations expand

PMID: 34405825 DOI: 10.1097/BRS.0000000000004198

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン・目的

Study design: Population-based cohort studyObjective. We examined associations between common lumbar degenerative changes observed on MRI and present or future low back pain (LBP).

研究デザインはコホート研究となっております.

この研究ではMRIで観察される一般的な腰部変性変化と,現在または将来の腰痛(LBP)との関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

背景データの概要

Summary of background data: The association between lumbar MRI degenerative findings and LBP is unclear. Longitudinal studies are sparse.

腰部MRIの変性所見と腰痛との関連性については不明であります.

また縦断的な研究も少ない状況です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Participants (n = 3,369) from a population-based cohort study were imaged at study entry, with LBP status measured at baseline and 6-year follow-up. MRI scans were reported on for the presence of a range of MRI findings. LBP status was measured on a 0-10 scale. Regression models were used to estimate the cross-sectional and longitudinal associations between individual and multiple MRI findings and LBP severity. Separate longitudinal analyses were conducted for participants with and without baseline pain.

コホート研究の対象者(n = 3,369)を対象としております.

研究開始時にMRI画像を撮影し,ベースラインと6年後のフォローアップで腰痛の状態を評価しております.

MRIは様々なMRI所見の有無を調査しております.

腰痛については0~10の段階尺度を用いて評価が行われております.

回帰モデルを用いて個々のMRI所見および複数のMRI所見と腰痛の重症度との間の横断的および縦断的な関連を推定しております.

またベースライン時に疼痛があった症例となかった症例に分類して縦断的に分析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: MRI findings were present in persons with and without back pain at baseline. Higher proportions were found in older age groups. 76.4% of participants had a least one MRI finding and 8.3% had 5 or more different MRI findings. Cross-sectionally, most MRI findings were slightly more common in those with LBP and pain severity was slightly higher in those with MRI findings (ranging from 0.06 for high intensity zone to 0.83 for spondylolisthesis). In the longitudinal analyses we found most MRI findings were not associated with future LBP-severity regardless of the presence or absence of baseline pain. Compared to zero MRI findings, having multiple MRI findings (≥5) was associated with mildly greater pain-severity at baseline (0.84; 0.50 to 1.17) and greater increase in pain-severity over 6 years in those pain free at baseline (1.21; 0.04 to 2.37), but not in those with baseline pain (-0.30; -0.99 to 0.38).

ベースラインでの腰痛の有無にかかわらず,MRIにおける異常所見を認めました.

また年齢層が高いほどその割合は高い結果でありました.

76.4%の対象者が少なくとも1つのMRI上の異常所見を認め,8.3%が5つ以上の異なるMRIの異常所見を認めました.

横断的に見るとほとんどのMRI上の異常所見は腰痛症例でわずかに多く,疼痛の強さはMRIにおける異常所見を有する症例の方がわずかに高い結果でありました.

縦断的な分析ではベースラインの腰痛の有無にかかわらず,ほとんどのMRI上の異常所見は将来の腰痛の重症度とは関連しないことが明らかとなりました.

MRI上での異常所見が無い場合と比較して,MRI上での異常所見が複数(5個以上)ある場合は,ベースラインでの疼痛の程度が軽度に大きくなり(0.84;0.50~1.17),ベースラインで疼痛のない症例では6年間での痛みの程度の増加が大きい結果でありましたが(1.21;0.04~2.37),ベースラインで疼痛のある症例ではありませんでした(-0.30;-0.99~0.38).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our study shows that the MRI degenerative findings we examined, individually or in combination, do not have clinically important associations with LBP, with almost all effects less than one unit on a 0-10 pain scale.Level of Evidence: 3.

今回の研究結果からMRIにおける異常所見は,単独でも組み合わせても,腰痛との臨床的に重要な関連性はなくほとんどすべての効果は0~10の痛みの尺度で1単位未満でありました.

 

今回はMRI画像と腰痛には関連があるのかについて調査した報告をご紹介させていただきます.
サンプルサイズも大きいですし,やはり疼痛と画像情報は関連しないということになりますね.

もちろん画像情報が重要でないということではありませんけどね.

 

タイトルとURLをコピーしました