人工膝関節全置換術後の機能改善に対する徒手療法の有効性

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後の機能改善に対する徒手療法の有効性

人工膝関節全置換術といえば手術療法による安定した治療成績が報告されており,手術件数も年々増加しております.

一方で人工膝関節全置換術例に対する理学療法の効果というのは不明瞭なところもあります.

今回は人工膝関節全置換術後の機能改善に対する徒手療法の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

person lying on gray textile

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

PM R. 2020 Dec 22. doi: 10.1002/pmrj.12542. Online ahead of print.

The Combination of Exercise and Manual Therapy vs Exercise Alone in Total Knee Arthroplasty Rehabilitation: A Randomized Controlled Clinical Trial

Sezen Karaborklu Argut 1, Derya Celik 1, Onder Ismet Kilicoglu 2

Affiliations expand

PMID: 33352007 DOI: 10.1002/pmrj.12542

今回ご紹介する論文は2020年に公開された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: Total knee arthroplasty (TKA) is one of the most commonly performed orthopedic surgeries in the lower extremity. However, patient dissatisfaction and functional disability are mostly experienced because of pain and limited range of motion (ROM). Although manual therapy is commonly implemented to improve ROM and modulate pain in the management of musculoskeletal disorders, there is a lack of evidence about its clinical effectiveness on post-operative TKA rehabilitation.

人工膝関節全置換術(TKA)は,下肢の整形外科手術の中で最も一般的に行われている手術の一つであります.

しかしながら疼痛と関節可動域制限(ROM)のために,術後の不満足や機能障害が残存するクライアントも多く存在します.

筋骨格系障害に対する理学療法ではROMの改善や疼痛の緩和を目的とした徒手療法が一般的に行われておりますが,人工膝関節全置換術後のリハビリテーションにおける臨床的有効性についてはエビデンスが乏しい状況です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate the effectiveness of an exercise program combined with manual therapy compared with an exercise program only in pain, ROM, function, quality of life, and patient satisfaction outcomes.

この研究では,運動プログラムと徒手療法を組み合わせた運動プログラムが,運動プログラムのみの場合と比較して疼痛,ROM,身体機能,QOL,患者満足度の各アウトカムにおいて有効かどうかを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: A randomized controlled clinical trial.

研究デザインはランダム化比較臨床試験となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Rehabilitation unit of a university hospital.

大学病院のリハビリテーション病棟で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究対象

Participants: Forty-two patients (68.45 ± 6.3 years) scheduled for unilateral TKA as a treatment of severe osteoarthritis.

重度の変形性関節症に対して片側人工膝関節全置換術(TKA)を施行した42例(68.45±6.3歳)を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

介入

Interventions: Joint and soft tissue mobilizations additional to exercise therapy was provided to the mobilization group (n = 21) while the control group was receiving just exercise therapy (n = 21).

介入群(n=21)には運動プログラムに加えて関節および軟部組織のモビライゼーションを行い,対照群(n=21)には運動プログラムの実を実施しております.

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム

Main outcome measures: The outcome measures were numeric pain-rating scale, knee ROMs, WOMAC score, 10-m walk test (10MWT), 5-times sit to stand test (5SST), and SF-12.

主要アウトカムは,NRS,膝関節可動域, WOMACスコア,10m歩行テスト(10MWT),5回起立・着座テスト,SF-12としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Improvements in pain outcomes were significantly higher in the mobilization group than those of the control group (P = 0.001,F (3, 33)=7.06) and the between-group difference in change score was 1.3 points (P = 0.001). Although the between-group difference in change score was 12.8° for knee flexion at 2-months (P = 0.001), the overall group-by-time interactions were not significant for flexion and extension ROMs (P = 0.175,F (3, 33)=1.75 and P = 0.57,F (2, 34)=0.56, respectively). Additionally, there were statistically meaningful group*time interactions on total WOMAC score (P = 0.006,F (2, 34)=5.29), 10MWT (P = 0.002,F (3, 33)=5.98), and SF-12MCS (P = 0.01,F (2, 34)=4.92) favoring the mobilization group. Also, patient satisfaction was higher in the mobilization group (P = 0.02).

疼痛帰の改善はモビライゼーションをおこなった介入群で対照群に比べて有意に高く(P=0.001,F(3,33)=7.06),変化スコアの群間差は1.3ポイント(P=0.001)でありました.

変化スコアの群間差は2ヵ月後の膝屈曲で12.8°でありましたが(P = 0.001),膝関節屈曲可動域と膝関節伸展可動域については群間の交互作用は有意ではありませんでした(P = 0.175,F (3,33)=1.75、P = 0.57,F (2,34)=0.56).

さらにWOMACスコア(P = 0.006,F (2,34)=5.29),10m歩行テスト(P = 0.002,F (3,33)=5.98),SF-12(P = 0.01,F (2,34)=4.92)では,介入群で有意な交互作用を認めました.

患者満足度は介入群で良好でありました(P = 0.02).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: A structured exercise program combined with manual therapy can be more beneficial in improving pain, function and patient satisfaction compared to exercise program alone for post-operative TKA patients. This article is protected by copyright. All rights reserved.

運動プログラムと徒手療法を組み合わせた運動療法は,運動プログラムのみの場合と比較して,術後TKA患者の疼痛,身体機能,患者満足度の改善に有益であると考えられます.

 

今回は人工膝関節全置換術後の機能改善に対する徒手療法の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

徒手療法が有効であったといった結果ですね.

われわれ理学療法士にとっては非常にうれしい結果です.

具体的にどのようなモビライゼーションが行われたのかが気になるところですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました