Screw home movementは自動運動と他動運動では運動が異なる?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Screw home movementは自動運動と他動運動では運動が異なる?

理学療法士・作業療法士が運動学で学習する知識の中にScrew home movementが挙げられます.

膝関節の運動を理解するうえではこのScrew home movementの理解は避けては通れません.

今回はScrew home movementに関する最新知見です.

Screw home movementは自動運動と他動運動では運動が異なる可能性があるといったお話です.

Figure, Man, Knee, Knee Pain, Sports, Wooden Figure

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Comparative Study J Back Musculoskelet Rehabil. 2021;34(4):589-595. doi: 10.3233/BMR-200110.

Comparison of screw-home mechanism in the unloaded living knee subjected to active and passive movements

Jeong Woo Jeon, Jiheon Hong

PMID: 33554884 DOI: 10.3233/BMR-200110

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The screw-home mechanism (SHM) plays an important role in the stability of the knee. Accordingly, the analysis of tibial rotation patterns can be used to elucidate the effect of SHM-related factors.

Screw home movementは,膝関節の安定性に重要な役割を果たしております.

そのため脛骨の回旋運動パターンを解析することで,Screw home movement に関連する要因の影響を解明することができると思われます.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The purpose of this study was to compare the magnitude of the angle and the pattern of SHM between passive and active movements.

この研究では,他動運動と自動運動でScrew home movement の角度とパターンの大きさを比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We studied twenty healthy males, of which the angle of knee flexion-extension and tibial longitudinal rotation (TLR) during active and passive movements were measured using the inertial measurement unit. Student’s t-tests were used to compare the magnitude of TLR. The waveform similarity was quantified using a coefficient of multiple correlation (CMC).

対象は健常男性20例となっております.

慣性計測装置を用いて,自動運動と他動運動における膝関節の屈曲-伸展角度と脛骨回旋角度(TLR)を測定しております.

脛骨回旋角度の比較には,Student’s t-testを用いております.

また,波形の類似性について重相関係数(CMC)を用いて定量化しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Significant differences were found in the TLR between the active and passive movements (p< 0.05). The knee flexion-extension waveform similarity was excellent (CMC = 0.956). However, the waveform similarity of TLR was weak (CMC = 0.629).

脛骨回旋角度は,自動運動と他動運動の間で有意差が認められました(p<0.05).

また膝関節の屈伸運動の波形の類似性は良好でありました(CMC = 0.956).

しかしながら脛骨回旋角度の波形の類似性は弱い結果でありました(CMC=0.629).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The SHM increased abruptly during the last 20∘ of the active (extension) movement compared with passive extension. The SHM occurred mainly owing to the geometry and shape of the articular surfaces of the knee joint. In addition, muscle contraction was considered to be an important factor in the articulation movement.

Screw home movementは他動運動における伸展に比較して,自動運動における伸展の最後の20∘の間に急激に増加しました.

またScrew home movement は主に膝関節の関節面の形状に起因して発生しておりました.

さらに関節運動においては筋肉の収縮が重要な要因であると考えられました.

 

Screw home movementは自動運動と他動運動では運動が異なる可能性があるといったお話でした.

当然と言えば当然の結果ですが,自動運動と他動運動ではScrew home movementの運動パターンが異なるといことですね.

特に自動運動の際の運動が大きいことを考えるとやはり構造学的な要因よりも筋収縮が重要な要因になりそうですね.

荷重下と非荷重下でもまた変化が見られそうですね.

タイトルとURLをコピーしました