要支援・要介護高齢者の歩行速度・握力のMDCが明らかに これは訪問・通所リハで役立ちそう

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

要支援・要介護高齢者の歩行速度・握力のMDCが明らかに これは訪問・通所リハで役立ちそう

介護予防事業や生活期の現場で理学療法士・作業療法士が介入効果を検証するために歩行速度や握力を測定することって多いと思います.

でも生活期における握力や歩行速度ってどの程度改善したら真の変化があったと考えて良いのでしょうか?

今回は要支援・要介護高齢者の歩行速度・握力のMDC(最小可検変化量)を示した研究論文をご紹介させていただきます.

Man, Ball, Basketball, Person, Sport, Holding, Grip

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

GeriatrNurs. 2021 Aug 19;42(5):1184-1189. doi: 10.1016/j.gerinurse.2021.07.004. Online ahead of print.

Minimal detectable change in handgrip strength and usual and maximum gait speed scores in community-dwelling Japanese older adults requiring long-term care/support

YoheiSawaya 1, Masahiro Ishizaka 2, Tamaki Hirose 1, Takahiro Shiba 3, Ko Onoda 2, Akira Kubo 2, Hitoshi Maruyama 4, TomohikoUrano 5

Affiliations expand

PMID: 34419871 DOI: 10.1016/j.gerinurse.2021.07.004

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Aging is an important issue in Japan that has led to a large number of older adults requiring long-term care/support. Therefore, we determined the range of measurement error in the measurement of handgrip strength and gait speed which are representative tests.

本邦では高齢化が重要な問題となっており,介護や支援を必要とする高齢者が増加してきております.

そこでこの研究では代表的な身体機能評価である握力と歩行速度の測定における測定誤差の範囲を明らかにすることを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This cross-sectional study included 111 community-dwelling Japanese older adults aged ≥65 years who required long-term care/support and underwent ambulatory rehabilitation. Handgrip strength and usual and maximum gait speed were measured on two days in one single week. Minimal detectable change (MDC) was calculated.

この横断研究では要介護・要支援で通所リハビリテーションを受けている65歳以上の地域在住の日本人高齢者111例を対象としております.

握力,通常歩行速度(快適歩行速度)と最大歩行速度を,1週間のうちの2日間で測定しております.

最終的に最小可検変化量(MDC)を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The MDC in handgrip strength was 2.9 kg for the overall population, 3.2 kg for the male participants, and 2.4 kg for the female participants. For the overall population, the MDC in usual gait speed was 0.18 m/s and that in maximum gait speed was 0.23 m/s.

握力のMDCは,全体では2.9kg,男性では3.2kg,女性では2.4kgでありました.

また,通常歩行速度のMDCは0.18m/s,最大歩行速度のMDCは0.23m/sでありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

These MDCs are expected to be suitable for judging clinical changes because this study considered gender and typical tests.

今回の結果は性別や代表的な検査を考慮していることから,臨床的な変化を判断するのに適していると考えられます.

 

今回は要支援・要介護高齢者の歩行速度・握力のMDC(最小可検変化量)を示した研究論文をご紹介させていただきました.

これは訪問・通所リハで役立ちそうですね.

握力は,全体では2.9kg,男性では3.2kg,女性では2.4kg以上の改善であれば真の改善と考えることができます.

また通常歩行速度は0.18m/s,最大歩行速度は0.23m/s以上の改善であれば真の改善と考えてよさそうです.

タイトルとURLをコピーしました