リーガロイヤルホテルがホテルでリハビリプランを発表 30泊で200万円

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リーガロイヤルホテルがホテルでリハビリプランを発表 30泊で200万円

コロナ禍で感染を回避するためにリハビリテーションを利用する利用者の中にもリハビリテーションの利用を中止している方が増えてきております.

そういった中でリーガロイヤルホテルがホテルで革新的なリハビリプランを発表しました.

今回はリーガロイヤルホテルが発表した30泊で200万円のリハビリプランについてご紹介させていただきます.

low-angle photo of Hotel lighted signage on top of brown building during nighttime

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースによると

リーガロイヤルホテル(大阪市北区)は9月24日に歩行や食事など日常動作に支障のある高齢者らが約1カ月滞在しながらリハビリを受けられるサービスを10月に始めると発表した.

ホテル内の貸し会議室をリハビリ施設に改装した.

提携した介護支援業者がリハビリ指導する.

コロナ禍で苦境にあるホテルだが「リハビリツーリズム」と銘打ち,新たな需要を開拓する.

リハビリ付きの滞在プランは,1室30泊196万円(朝食付)から.

介護サービスを受ける人と介助者の計2人の利用を想定している.

2泊3日の体験プラン(11万円~)もある.

国内約60カ所でデイサービス施設を運営するポラリス(兵庫県宝塚市),脳卒中後遺症などのリハビリ事業を展開するワイズ(東京都港区)と提携.

歩行や筋力トレーニングができる専用機器を7種類そろえ,スタッフが指導や補助に付く.

 

 

 

 

 

 

 

元々ホテル内で脳梗塞リハビリテーションセンターを運営

今回のリハビリプランですが元々ホテル内で脳梗塞リハビリテーションセンターが運営されていたといった点がポイントです.

ワイズがホテル内で「脳梗塞リハビリセンター」を運営しており,今回の滞在プランに参画する形となったわけです.

利用者は両社のリハビリプランを集中して受けることができます.

また宿泊する一部客室のトイレにはパナソニックが開発した便の状態を観察するセンサーが設置されており,介護事業者に自動的に記録が送信され健康状態の観察に利用するなど,提供されるサービスも画期的なものとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍ならではのリハビリ需要

リハビリが必要な人の身体状況に関する調査では,新型コロナウイルス感染拡大の影響で「外出頻度が減った」という人や「リハビリに通う頻度が減った」という人が増えている状況です.

今回打ち出されたプランは,コロナ禍でも安心してリハビリを受けることができるといった点に大きなポイントがあります.

30泊しながら長期的にリハビリテーションを受けられるというのは魅力的ですね.

 

 

 

 

 

 

 

本当に利用する人がいるのか?

ただ金額は30泊200万とかなり高額です.

単純計算で1泊6万5千円以上となります.

はたしてどのくらい利用する人がいるのでしょうか?

これまでの他のプランと比較すると30泊49800円のライザッププランと比較しても破格ですね.

いずれにしても富裕層向けでしょうね.

気になるのはリハビリの単価ですね.

(2時間×週5の歩行リハ)+(2時間×週4の生活リハ)+リーガロイヤル30泊=200万ですから,まず200万から通常のリーガロイヤル1泊の値段×30日を差し引いて,そこからさらに全自費リハ時間から算出された1時間あたりの単価を算出するということになると思いますが,かなりの単価になりそうですね.

 

 

 

 

 

 

 

一流のサービスが求められる

30泊200万円ですから一流のサービスが用いられますね.

理学療法士のマンツーマンリハビリにBWSTT等の機器が完備されているようですが,働く理学療法士・作業療法士には,治療の技術・知識はもちろんのこと,富裕層が相手となると接遇・高度なコミュニケーション能力が求められますね.

 

今回はリーガロイヤルホテルが発表した30泊で200万円のリハビリプランについてご紹介させていただきました.

コロナ禍ならではの需要に応えるべく登場したサービスですが,どのくらい利用者が出るのか気になるところですね.

タイトルとURLをコピーしました