足部内在筋の機能低下が内側縦アーチの低下と関連する?

足関節周囲外傷
スポンサーリンク
スポンサーリンク

足部内在筋の機能低下が内側縦アーチの低下と関連する?

内側縦アーチの機能低下に伴う足部アーチの低下が臨床上問題となるケースは少なくありません.

内側縦アーチ低下の原因にはさまざまな要因が考えられますが,その1つとして足部内在筋の機能が挙げられます.

今回は足部内在筋の機能低下が内側縦アーチの低下と関連するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Activity, Adventure, Background, Bare, Barefoot, Beach

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Electromyogr Kinesiol. 2008 Jun;18(3):420-5. doi: 10.1016/j.jelekin.2006.11.004. Epub 2007 Jan 8.

Fatigue of the plantar intrinsic foot muscles increases navicular drop

Donella L Headlee 1, Jamie L Leonard, Joseph M Hart, Christopher D Ingersoll, Jay Hertel

Affiliations expand

PMID: 17208458 DOI: 10.1016/j.jelekin.2006.11.004

今回ご紹介する論文は2008年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Our purpose was to assess the effect of foot intrinsic muscle fatigue on pronation, as assessed with navicular drop, during static stance.

この研究では足内在性筋の疲労が立脚時の舟状骨降下による足部回内に及ぼす影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Twenty-one healthy young adults participated. Navicular drop was measured before and after fatiguing exercise of the plantar foot intrinsic muscles. Surface electromyography of the abductor hallucis muscle was recorded during maximum voluntary isometric contractions (MVIC) in order to find the baseline median frequency (MedF). Subjects then performed sets of 75 repetitions of isotonic flexion contractions of the intrinsic foot muscles against a 4.55 kg weight on a custom pulley system. After each set an MVIC was performed to track shifts in MedF. After a MedF shift of at least 10%, navicular drop measurements were repeated.

健常若年成人21例を対象としております.

舟状骨降下については足部内在筋の疲労運動の前後で測定しております.

殿筋の表面筋電図はベースラインの中央周波数(MedF)を求めるために,最大随意等尺性収縮(MVIC)時に記録を行っております.

その後,被験者は,特注の滑車システムを用いて,4.55kgの重りに対して足固有筋の等張性屈曲収縮を75回繰り返しております.

各セットの後,MVICを行い,MedFのシフトを追跡しております.

MedFが少なくとも10%シフトした後,舟状骨降下についての評価を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Subjects exhibited 10.0+/-3.8mm of navicular drop at baseline and 11.8+/-3.8mm after fatigue (p<0.0005). The change in navicular drop was significantly correlated with change in MedF (r=.47, p=.03).

対象者の舟状骨降下距離はベースライン時には10.0+/-3.8mm,疲労後には11.8+/-3.8mmであり(p<0.0005),疲労後に有意に降下しております.

また舟状骨降下の変化は,MedFの変化と有意な相関を認めました(r=.47, p=.03).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The intrinsic foot muscles play a role in support of the medial longitudinal arch in static stance. Disrupting the function of these muscles through fatigue resulted in an increase in pronation as assessed by navicular drop.

足部内在筋は静的な立脚において内側縦アーチの支持に役割を果たしていることが明らかとなりました.

足部内在筋の疲労によって,足部内在筋の機能が低下すると,舟状骨降下量で評価される足部回内が増加することが示されました.

 

今回は足部内在筋の機能低下が内側縦アーチの低下と関連するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると内側縦アーチの再建を図るうえでは足部内在筋の機能を向上させることが1つのポイントになりそうですね.

 

タイトルとURLをコピーしました