BHAおよびTHAでショートステムを使用すると大腿部痛が減少するって本当?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BHAおよびTHAでショートステムを使用すると大腿部痛が減少するって本当?

人工骨頭置換術や人工股関節全置換術で用いられるステムの中にはステム長が短いショートステムと呼ばれるインプラントが存在します.

ショートステムを使用するメリットとしては再置換が行いやすいことに加えて,大腿部痛の軽減が挙げられております.

しかしながらBHAおよびTHAにおけるショートステムの使用が大腿部痛がするのかどうかは明らかにされておりません.

この研究ではBHAおよびTHAにおけるショートステムの使用が大腿部痛の軽減につながるのかどうかを明らかにすることを目的としております.

Total Hip Arthroplasty | Echo® Hip System | Zimmer Biomet

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Orthop Relat Res. 2021 Apr 1;479(4):767-777. doi: 10.1097/CORR.0000000000001505.

No Clinically Important Differences in Thigh Pain or Bone Loss Between Short Stems and Conventional-length Stems in THA: A Randomized Clinical Trial

Seok-Hyung Won 1, Jung-Wee Park 2, Young-Kyun Lee 1, Yong-Chan Ha 2, Kyung-Hoi Koo 1 3

Affiliations expand

PMID: 33009239 PMCID: PMC8083837 (available on 2022-04-01) DOI: 10.1097/CORR.0000000000001505

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Short-length stems were developed to reduce bone loss of the proximal femur and potentially decrease the incidence of thigh pain after cementless THA. However, it remains unknown whether short stems indeed reduce bone loss or the frequency of thigh pain.

ショートステムは大腿骨近位部の骨量を減らし,セメントレスTHA後の大腿部痛の発生を減少させる可能性を目指して開発されました.

しかしながらショートステムが実際に骨量を減らしたり,大腿部痛の出現頻度を減少させるかどうかは不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究疑問

Questions/purposes: Is there a difference between short- and standard-length stems in terms of: (1) the frequency or severity of thigh pain, (2) modified Harris hip scores, (3) implant loosening, or (4) bone mineral density as measured by dual-energy x-ray absorptiometry?

ショートステムと標準的な長さのステムの間には,以下の点で違いがあるのでしょうか?

 

①大腿部痛の頻度または重症度

②修正Harrisヒップスコア

③インプラントのルーズニング

④二重エネルギーX線吸収法で測定した骨密度

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Between March 2013 and January 2014, three surgeons performed 205 primary THAs. To be eligible, patients needed to be at least 20 years of age, have not undergone previous history of hip surgery, and have no metabolic bone disease. A total of 100 patients were randomized to receive THA either with a short stem (n = 56) or with a standard-length stem (n = 44). Both stems were proximally coated, tapered, cementless stems. Compared with standard stems, short stems typically were 30- to 35-mm shorter. A total of 73% (41 of 56) and 77% (34 of 44) of those groups, respectively, were accounted for at a minimum of 5 years and were analyzed. The presence of thigh pain during activity was evaluated using a 10-point VAS, and the modified Harris hip score was calculated by research assistants who were blinded to the treatment groups. Plain radiographs were taken at 6 weeks, 6 months, and 12 months postoperatively, and every 1 year thereafter; loosening was defined as subsidence > 3 mm or a position change > 3° on serial radiographs. Radiological assessment was performed by two researchers who did not participate in the surgery and follow-up evaluations. Bone mineral density of the proximal femur was measured using dual-energy x-ray absorptiometry at 4 days, 1 year, 2 years, and 5 years postoperatively. The primary endpoint of our study was the incidence of thigh pain during 5-year follow-up. Our study was powered at 80% to detect a 10% difference in the proportion of patients reporting thigh pain at the level of 0.05.

2013年3月から2014年1月にかけて,3名の外科医が205件のprimary THAを実施しております.

対象となるのは20歳以上で過去に股関節手術を受けたことがなく,代謝性骨疾患がない症例としております.

合計100例の対象者を,ショートステム(n=56)または標準的な長さのステム(n=44)のいずれかでTHAを受けるように無作為に割り付けております.

どちらのステムも近位部にコーティングを施したテーパー型のセメントレスステムでありました.

標準的な長さのステムと比較して,ショートステムは通常30~35mm短いものでした.

これらのグループの合計73%(56人中41人)と77%(44人中34人)が,少なくとも5年後に説明を受け分析がなされております.

活動時の大腿部痛の有無は10点満点のVASで評価し,治療群を盲検化した研究補助員が修正ハリスヒップスコアを算出しております.

術後6週目,6カ月目,12カ月目,その後は1年ごとにX線写真を撮影し,連続X線写真で3mm以上の沈み込みまたは3°以上の位置変化があった場合をゆるみと定義しております.

X線学的評価は,手術とフォローアップ評価に参加していない2名の研究者によって行われました.

大腿骨近位部の骨密度は,術後4日目,1年目,2年目,5年目に,二重エネルギーX線吸収法を用いて測定しております.

この研究の主要評価項目は,5年後の追跡調査における大腿部痛の発生率としております.

大腿部の疼痛を訴える症例割合の10%の差を0.05の水準で検出するために,この研究では検出力を80%と設定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: With the numbers available, we found no difference between the groups in the proportion of patients with thigh pain; 16% (9 of 56) of patients in the short-stem group and 14% (6 of 44) of patients in the standard-stem group experienced thigh pain during the follow-up period (p = 0.79). In all patients, the pain was mild or moderate (VAS score of 4 or 6 points). Among the 15 available patients who reported thigh pain, there was no difference between the implant groups in mean severity of thigh pain (4.3 ± 0.8 versus 4.2 ± 0.7; p = 0.78). There were no between-group differences in the short versus standard-length stem groups in terms of mean modified Harris hip score by 5 years after surgery (89 ± 13 versus 95 ± 7 points; p = 0.06). No implant was loose and no hip underwent revision in either group. Patients in the short-stem group showed a slightly smaller decrease in bone mineral density in Gruen Zones 2, 3, and 5 than those in the standard-stem group did; the magnitude of the difference seems unlikely to be clinically important.

追跡期間中に大腿部痛を経験した症例の割合は,入手可能な数では両群間に差がありませんでした.

またショートステム群では16%(56例中9例),標準茎群では14%(44例中6例)の症例が大腿部痛を経験しておりました(p=0.79).

すべての症例で疼痛は軽度または中等度でありました(VASスコアは4点または6点).

大腿部痛を訴えた15例の症例では,大腿部痛の平均重症度にインプラント群間の差は認めませんでした(4.3±0.8対4.2±0.7;p=0.78).

術後5年目の平均修正Harrisヒップスコアについては,ショートステム群と標準長ステム群の間に差はありませんでした(89±13点対95±7点,p=0.06).

いずれの群においても,インプラントのルーズニングや再手術はありませんでした.

ショートステム群の患者は,標準ステム群の患者に比べて,Gruen Zones 2,3,5における骨密度の減少がわずかに小さい結果でしたが,その差の大きさは臨床的に重要ではなさそうでありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: We found no clinically important differences (and few differences overall) between short and standard-length THA stems 5 years after surgery in a randomized trial. Consequently, we recommend that clinicians use standard-length stems in general practice because standard-length stems have a much longer published track record in other studies, and short stems can expose patients to the uncertainty associated with novelty, without any apparent offsetting benefit.

無作為化試験において術後5年目のTHAにおけるショートステムは標準的なステムに比較して臨床的に重要な差は認められませんでした(全体的にも差はほとんどなかった).

理由として標準的な長さのTHAステムは他の研究でより長い実績があり,ショートステムは明らかな利点がないにもかかわらず,症例に新しさに伴う不確実性を与える可能性があるためと考えられます.

 

今回はBHAおよびTHAにおけるショートステムの使用が大腿部痛の軽減につながるのかどうかを明らかにすることを目的とした研究をご紹介させていただきました.

ショートステムの方がインプラントの設置に問題が出やすいことも明らかですし,新しいものに飛びつけばよいというわけではないのですね.

タイトルとURLをコピーしました