ハンドヘルドダイナモメーターを使用せずに股関節外転筋力を推定するには?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンドヘルドダイナモメーターを使用せずに股関節外転筋力を推定するには?

股関節外転筋力は歩行や日常生活動作,バランス能力とさまざまな要因との関連が強いことが明らかにされており,理学療法士・作業療法士が股関節外転筋力を評価する機会は多いと思います.

股関節外転筋力の測定はハンドヘルドダイナモメーターを使用しての評価が標準的となってきておりますが,ハンドヘルドダイナモメーターを所有していない施設においては,客観的な股関節外転筋力の測定が困難なことも多いと思います.

今回ご紹介する論文ではハンドヘルドダイナモメーターを使用することなく簡単なパフォーマンステストから股関節外転筋力を推定する方法が紹介されております.

white stork on water during daytime

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Diagnostic Accuracy of Clinical Tests for the Indirect Assessment of Hip Abductor Muscle Strength in Community-Dwelling Older Women

Jaqueline Mello Porto, Luciana Mendes Cangussu-Oliveira, Renato Campos Freire Junior, Flávio Tavares Vieira, Pâmela Precinotto Martins, Anne Caroline Lima Bandeira, Daniela Cristina Carvalho de Abreu

Physical Therapy, Volume 100, Issue 11, November 2020, Pages 1967–1976

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The objective of this study was to determine the accuracy of 3 clinical tests (lateral step [LS], tandem gait [TG], and single-leg stance [SS]) in identifying older women with reduced hip abductor muscle strength and to determine the post-test probability of each test and of their combination in changing the certainty of diagnosis.

この研究では股関節外転筋力が低下した高齢女性を特定するための3つの臨床検査(側方ステップ,タンデム歩行,片足立ち)の精度を測定し,各検査とその組み合わせによる診断の確実性を評価する事後確率を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

In this cross-sectional study, a total of 123 older women received clinical testing to obtain the variables LS height, time for TG execution, percentage of errors in TG, and time of permanence on SS and were tested for isometric hip abductor peak torque using an isokinetic dynamometer. Only the dominant lower limb was evaluated. Multiple linear regression analysis with adjustment was performed to determine the association among variables, followed by the receiver operating characteristic curve to identify clinical variables that can discriminate older women with reduced abductor muscle strength. Post-test probability was then calculated based on the receiver operating characteristic curve data.

この横断研究では,123例の高齢女性を対象として,側方ステップ,タンデム歩行時間,タンデム歩行におけるのエラーの割合,片足立ち時間を測定しております.

またアイソキネティック・ダイナモメーターを使用して等尺性股関節外転子ピークトルクを測定しております.

変数間の関連を決定するために調整を伴う重回帰分析を行い,その後ROC曲線を用いて,外転筋力が低下した高齢女性を識別できるカットオフ値を算出しております.

その後,ROC曲線のデータに基づいて事後確率を計算しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Although the 4 clinical variables showed correlation with abductor peak torque, only LS and TG time were able to discriminate reduced abductor muscle strength with low accuracy (area under the curve was between 0.5 and 0.7). However, the combination of LS and TG time increased post-test probability from 47% (prevalence of weakness in the population) to 76% when both tests were positive and reduced it from 47% to 18% when both tests were negative.

3つのパフォーマンステストはいずれも外転筋のピークトルクと相関を示しましたが,側方ステップとタンデム歩行時間によって外転筋力低下の特定が可能でしたが,精度が低い結果でありました(曲線下面積は0.5~0.7).

しかし側方ステップとタンデム歩行時間を組み合わせた場合には,両検査が陽性の場合,事後確率が47%から76%に向上し,両検査が陰性の場合は47%から18%に減少しました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The combination of the LS test and TG time is useful for the indirect assessment of hip abductor strength in community-dwelling older women.

側方ステップテストとタンデム歩行時間を組み合わせることで,地域居住高齢女性の股関節外転筋力を推定することが可能になる可能性があります.

股関節外転筋力は高齢女性の身体機能を考えるうえで非常に重要であります.

この研究には股関節外転筋の筋力を評価するための簡便かつ迅速で安価な方法を臨床家に提示するといった大きな意義があります.

 

今回はハンドヘルドダイナモメーターを使用して,簡単にパフォーマンステストから股関節外転筋力を推定する方法が紹介した論文をご紹介させていただきました.

具体的なカットオフ値は論文を参照する必要がありますが,パフォーマンステストから簡単に股関節外転筋力を推定できるというのは有益ですね.

地域での介護予防事業ではハンドヘルドダイナモメーターを使用して股関節外転筋力測定を行うのは困難な場合が多いと思いますので,この方法は有用ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました