どの職場にも一人はいる?理学療法士あるある

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どの職場にも一人はいる?理学療法士あるある

最近は職場内の理学療法士・作業療法士の数も増えましたのでいろんな理学療法士・作業療法士がいますよね.

私の勝手な偏見ですが,理学療法士ってプライドが高くて難しい人が多いのも実際だと思います.

理学療法士って外見や表面的なところばかりを気にして本質を伴ってないというか中身のない方ってけっこう多いですよね.

今回はこんな理学療法士多いですということで,どこの職場にも1人はいそうな理学療法士あるあるをご紹介させていただきます.

Lion Male, Africa, Mane, Carnivore, Proud, Scarred

 

 

 

 

 

 

 

承認欲求が強い

承認欲求自体は理学療法士であれば誰にでもあるし,承認欲求自体がモチベーションになって良い方向に進んでいくのであることもあります.

そのため承認欲求自体は決して悪いものではありません.

ただ必要以上に自分を良く見せ,うそをついてまで満たす承認欲求は徐々に自分を苦しめるだけです.

 

 

 

 

 

 

 

他人より優位に立ちたがる

マウント取りたがりな理学療法士って多いですよね.

経験年数が1年違うだけでやたらとマウントとってくる理学療法士の先輩っていませんか?

負けず嫌いで嫉妬心が強く目の前の相手より自分が上じゃないと落ち着かないタイプです.

とにかく注目してもらいたいし自分は重要人物だと認識されたいので話を盛りがちです.

 

 

 

 

 

 

 

自信はないけどプライドはある

自信がないから理学療法の最中は周りをきょろきょろしているにもかかわらず,でも見栄ははってしまうという理学療法士ですね.

こういった方に限って努力をすることなく他人と差をつけたがります.

自信が無いなら自己研鑽しないとダメですよね.

 

 

 

 

 

 

 

周囲からの評価だけで生きている

見栄をはるというのは結局のところ他人基準で生きているということです.

他人の評価を上げるのももちろん大事ですが,他人基準で生きているっていうのはなんかさみしいですよね.

本当に評価されたいのであれば研鑽しないと…

 

 

 

 

 

 

 

できない知らないと言えない

1年目ならともかく年数を重ねれば重ねるほど,できない知らないって言いにくいところがありますよね.

理学療法士ってできる自分じゃないといけないって方多いですからね.

知らないことは知らない,わからないことはわからないと認めて知ろうとする努力をしなければ全く成長できませんよね.

時には出来ないこと知らないことを認めて他者の話を聞いてみることも重要です.

 

今回はこんな理学療法士多いですということで,どこの職場にも1人はいそうな理学療法士あるあるをご紹介させていただきました.

皆様の職場にも一人くらいはあてはまる理学療法士がいませんか?

こんな理学療法士ばかりの職場だったら働きにくくて仕方ありませんね.

タイトルとURLをコピーしました