Toe out歩行を10週間継続すると膝OAの疼痛は改善するのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Toe out歩行を10週間継続すると膝OAの疼痛は改善するのか?

変形性膝関節症例に対する理学療法の中でも近年注目されいてるのがGait modificationという概念です.

Gait modificationというのはtoe outや体幹傾斜といった代償的な戦略を用いて膝関節内反モーメントを減少させる方略です.

理学療法士や作業療法士が変形性膝関節症例に対して歩行指導を行う場合にはこのGait modificationが有用です.

でもGait Modificationによって一時的な内反モーメントの減少は明らかにされておりますが,長期的にはどのような効果があるのかって気になりますよね?

今回はGait Modificationの1つであるToe out歩行を10週間継続すると変形性膝関節症例の疼痛が改善するのか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Knee, X-Ray, Medical, Anatomy, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clinical Trial Osteoarthritis Cartilage

. 2014 Jul;22(7):904-11. doi: 10.1016/j.joca.2014.04.007. Epub 2014 May 14.

Effects of a 10-week toe-out gait modification intervention in people with medial knee osteoarthritis: a pilot, feasibility study

M A Hunt 1, J Takacs 2

Affiliations expand

PMID: 24836210 DOI: 10.1016/j.joca.2014.04.007

今回ご紹介する論文は2014年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To examine the feasibility of a 10-week gait modification program in people with medial tibiofemoral knee osteoarthritis (OA), and to assess changes in clinical and biomechanical outcomes.

この研究では内側型変形性膝関節症例を対象として,10週間の歩行修正プログラムの実施可能性を検討し,臨床的および生体力学的アウトカムの変化を評価することを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Fifteen people with medial knee OA completed 10 weeks of gait modification focusing on increasing toe-out angle during stance 10° compared to their self-selected angle measured at baseline. In addition to adherence and performance difficulty outcomes, knee joint symptoms (Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) pain subscale and total score, numerical rating scale (NRS) of pain), and knee joint loading during gait (late stance peak knee adduction moment (KAM)) were assessed.

研究デザインは15例の内側型変形性膝関節症例としております.

ベースライン時に自分で選択した角度と比較して,立脚時のトーアウト角度を10°増加させることに焦点を当てた10週間の歩行修正プログラムを受講しております.

アドヒアランスとパフォーマンスの難易度に加えて, Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)疼痛サブスケールおよびトータルスコア,数値評価スケール(NRS)による疼痛,歩行時の膝関節負荷(立脚後期ピーク膝内転モーメント(KAM))を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究結果

Results: Participants were able to perform the toe-out gait modification program with minimal to moderate difficulty, and exhibited significant increases in self-selected toe-out angle during walking (P < 0.001). Joint discomfort was reported by five participants (33%) in the hip or knee joints, though none lasted longer than 2 weeks. Participants reported statistically significant reductions in WOMAC pain (P = 0.02), NRS pain (P < 0.001), WOMAC total score (P = 0.02), and late stance KAM (P = 0.04).

対象者はtoe out歩行修正プログラムを最小限から中程度の困難さで実行することができ,歩行中の自己選択toe out角度の有意な増加を示しました(P < 0.001).

5例の対象者(33%)が股関節または膝関節に関節の不快感を訴えておりますが,2週間以上続いたものはありませんでした.

参加者はWOMAC疼痛(P = 0.02),NRS疼痛(P < 0.001),WOMACトータルスコア(P = 0.02),Late stance KAM(P = 0.04)に統計的な有意な減少を認めております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: These preliminary findings suggest that toe-out gait modification is feasible in people with medial compartment knee OA. Preliminary changes in clinical and biomechanical outcomes provide the impetus for conducting larger scale studies of gait modification in people with knee OA to confirm these findings.

今回の予備的な研究は,内側型変形性膝関節症例において,toe-out歩行修正が導入可能であることが示唆されます.

臨床的および生体力学的な結果の予備的な変化は,これらの知見を確認するために,変形性膝関節症例の歩行修正に関するより大規模な研究を実施するきっかけとなるものと思われます.

 

今回はGait Modificationの1つであるToe out歩行を10週間継続すると変形性膝関節症例の疼痛が改善するのか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

即時的効果ではなく長期的に見て効果があるというのは興味深いですね.

もう少し症例数を増やした大規模な研究が待たれますね.

タイトルとURLをコピーしました