変形性股関節症例に対するジグリングエクササイズが関節裂隙・疼痛の改善に有効?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症例に対するジグリングエクササイズが関節裂隙・疼痛の改善に有効?

変形性股関節症に対する保存療法って難しいですよね.

末期の変形性股関節症例に対しては理学療法士・作業療法士は手も足も出ないといった場合も多いのではないでしょうか?

そんななかで以前から保存療法における有効性が報告されているのがジグリングです.

今回は変形性股関節症例に対するジグリングエクササイズが関節裂隙・疼痛の改善に有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

健康ゆすり JMH-100(貧乏ゆすり ジグリング 運動 股関節 軟骨 管理医療 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

PLoS One. 2021 Jun 22;16(6):e0253643. doi: 10.1371/journal.pone.0253643. eCollection 2021.

Short-term changes in radiographic joint space width after jiggling exercise as conservative treatment for hip osteoarthritis: A retrospective case series of nine patients

Hisayoshi Yoshizuka 1, Takanori Sato 2, Junya Murakami 2, Tsubasa Mitsutake 1, Masao Hiromatsu 3

Affiliations expand

PMID: 34157042 DOI: 10.1371/journal.pone.0253643

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Jiggling exercise is a conservative treatment for hip osteoarthritis, which involves continuous shaking of the foot and leg in small oscillations while seated. Previous studies have shown beneficial effects of jiggling exercises for outpatients with advanced- and terminal-stage hip osteoarthritis when performed for longer than 1 year, including increases in joint space width and remission of symptoms. We aimed to use the data from our own treatment to evaluate the short-term impact of intensive jiggling exercises on inpatients with hip osteoarthritis to further examine the clinical utility of this exercise.

変形性股関節症の保存的療法の一つであるジグリング運動は,座った状態で足を小刻みに揺らし続ける運動です.

これまでの研究では,外来患者である進行期および末期の変形性股関節症患者に対して,ジグリング運動を1年以上継続して行うことで,関節腔幅の拡大や症状の寛解などの有益な効果が得られることがわかっております.

この研究では治療のデータを用いて,変形性股関節症の入院患者に対する集中的なジグリングエクササイズの短期的な影響を評価し,このエクササイズの臨床的有用性をさらに検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This retrospective case series study included nine patients (57 ± 12 years) with nine hip joints with advanced- or terminal-stage hip osteoarthritis who performed continuous daily jiggling exercises, beginning from day of hospitalization to 6 months post-discharge. Jiggling exercise was performed seated, using the KENKO YUSURI® automated heel vibrating machine at 3.3-5.0 Hz. The patients were also instructed against weight-bearing during hospitalization. The values of radiographic joint space width and Japanese Orthopaedic Association hip score for pain at hospital admission, discharge, and at the 6-month post-discharge checkup were evaluated.

この後方視的ケースシリーズ研究では,進行期または末期の変形性股関節症例9例(57±12歳)を対象として,入院当日から退院後6カ月間,毎日継続してジグリングエクササイズを行っております.

ジグリング運動はKENKO YUSURI®の自動踵振動装置を用いて,3.3~5.0Hzで,座位にて実施しております.

また入院中は免荷が指導されております.

入院時,退院時,退院後6カ月目の検診時に,X線写真の関節腔幅と日本整形外科学会股関節スコアの痛みの値を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Although the hospitalization period and daily time spent performing the jiggling exercise varied in each case (27-98 days and 2-6 hours, respectively), the joint space width increased in all patients and there was an improvement in the hip pain scores in eight patients. The mean values of the minimum joint space width and hip pain scores at discharge were the highest compared to those at hospital admission and 6 months post-discharge.

入院期間と1日のジグリング運動時間は各症例で異なっておりましたが(それぞれ27~98日,2~6時間),関節腔幅は全症例で拡大し,8症例で股関節痛スコアの改善が見られました.

退院時の最小関節腔幅および股関節痛スコアの平均値は,入院時および退院後6カ月間のものと比較して最も高い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Our results suggest that intensive jiggling exercise for inpatients with advanced- and terminal-stage hip osteoarthritis leads to earlier improvement in joint space width and pain. Daily jiggling exercise for an adequate duration or in combination with non-weight-bearing practices may be a feasible conservative treatment for hip osteoarthritis.

今回の結果から,進行期および末期の変形性股関節症例に対して集中的にジグリング運動を行うことで,関節腔幅および痛みの早期改善につながることが示唆されました.

毎日のジグリングエクササイズを適切な期間行うことや,免荷を併用することは,変形性股関節症の保存的治療として実行可能であると考えられます.

 

今回は変形性股関節症例に対するジグリングエクササイズが関節裂隙・疼痛の改善に有効である可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

ジグリングの有効性が示されておりますが,ポイントは免荷を併用している点ですね.

入院治療だから免荷で生活ができるという点を考えると,外来治療では免荷とジグリングを併用するというのが過大になるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました