人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性

最近は人工膝関節全置換術(TKA)後の理学療法開始のタイミングもかなり早くなっております.

最近では手術当日より起立練習を開始する医療機関も出てきており,深部静脈血栓症の予防に対する有効性が報告されております.

今回はまた別の視点で早期理学療法の有効性を検討した論文です.

人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性を検討した論文をご紹介させていただきます.

medical professionals working

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Published: 17 June 2021

Effects of knee extension exercise starting within 4 h after total knee arthroplasty

Masafumi Kubota PhD , Yasuo Kokubo PhD , Tsuyoshi Miyazaki PhD , Hideaki Matsuo PhD , Hiroaki Naruse PhD , Kazuki Shouji, Seiichiro Shimada & Akihiko Matsumine PhD

European Journal of Orthopaedic Surgery & Traumatology (2021)Cite this article

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To determine the beneficial effects of knee extension exercise applied from 4 h after TKA.

この研究では人工膝関節全置換術(TKA)後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有益性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Patients undergoing TKA for osteoarthritis were assigned to early rehabilitation (n = 41) and control rehabilitation (n = 39) groups. Rehabilitation of knee extension exercise was started within 4 h postoperative in the early group and 2 days after surgery in the control group. Joint range of motion and pain were assessed before surgery and at 3 days to 12 months after surgery. Muscle strength and gait parameters were assessed before and 3 weeks after surgery.

変形性膝関節症のために人工膝関節全置換術(TKA)を受けた対象者を早期リハビリテーション群(n=41)と対照群(n=39)に割り付けております.

早期群では術後4時間以内,対照群では術後2日以内に膝関節伸展運動を開始しております.

関節可動域と疼痛は,術前と術後3日目から12カ月目に評価しております.

筋力と歩行パラメータは,術前と術後3週間に評価が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Extension range of motion was significantly increased in the early group than the control at 3 days, 3 weeks and 6 months after surgery. In gait parameters, peak knee flexion and extension angles during stance phase were significantly improved in the early group than the control group at 3 weeks after surgery. Flexion range of motion was increased in the early group than the control at 12 months after surgery.

術後3日目,3週間目,6ヶ月目の関節伸展可動域は,早期群で対照群よりも有意に増加しておりました.

歩行パラメータでは,術後3週間の時点で,立脚相における膝の屈曲・伸展のピーク角度が,対照群に比べて早期群で有意に改善しておりました.

屈曲可動域は術後12カ月時点で対照群よりも早期群の方が拡大しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Starting knee extension exercise within 4 h after TKA reduced the early loss of extension range of motion and improved gait pattern and seemed to contribute to be better functional outcome one year after surgery.

人工膝関節全置換術(TKA)後4時間以内に膝伸展運動を開始することで,術後早期における伸展可動域制限が改善され,歩行パターンが改善され,術後1年後の機能的転帰の改善に寄与することが示唆されます.

 

今回は人工膝関節全置換術後4時間以内に行う膝関節伸展運動の有用性を検討した論文をご紹介させていただきました.

術後4時間以内って想像もつきませんが,こんな早いタイミングで開始するとなるとさまざまなリスクマネジメントが必要になるでしょうね.

結果は術後4時間以内の膝関節伸展運動の有用性を示唆する結果でしたね.

人工膝関節全置換術後の理学療法も手術日から介入するのが当たり前の時代が来るのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました