変形性膝関節症例の腰痛・腰椎後弯変形が膝関節に及ぼす影響

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の腰痛・腰椎後弯変形が膝関節に及ぼす影響

Knee spine syndromeという用語に代表されるように膝関節と腰椎の動きには密接な関連があります.

変形性膝関節症例においても腰椎へのアプローチによって荷重位での膝関節伸展角度が改善する症例を経験することは少なくありません.

今回は変形性膝関節症例の腰痛・腰椎後弯変形が膝関節に及ぼす影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

person in black shorts with skin tattoo

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

ORIGINAL ARTICLE

Coexistence of low back pain and lumbar kyphosis is associated with increased functional disability in knee osteoarthritis: the Nagahama Study

Masashi Taniguchi  Tome Ikezoe  Mitsuhiro Masaki  Tsukasa Kamitani  Tadao Tsuboyama  Hiromu Ito  Shuichi Matsuda  Yasuharu Tabara  Fumihiko Matsuda  Noriaki Ichihashi  The Nagahama Study group

First published: 19 February 2021 https://doi.org/10.1002/acr.24580

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To examine the association of low back pain (LBP) and lumbar kyphosis with functional disabilities and knee symptoms in patients with knee osteoarthritis (OA).

この研究では変形性膝関節症例を対象として,腰痛および腰椎後彎姿勢と機能障害および膝関節症状との関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We analyzed 586 participants (80.1% female; age, 68.8 ± 5.2 years) from the Nagahama Study who were aged ≥60 years and had radiographically confirmed knee OA. The Knee Scoring System (KSS) was used to assess functional disabilities and knee symptoms. LBP was defined as the presence of any persistent back pain for more than 3 months. Lumbar kyphosis was determined by skin‐surface methods using a computer‐aided electronic device called the Spinal Mouse. Multiple linear regression analysis was used for assessing the association of LBP and lumbar kyphosis with the KSS scores. Subgroup analyses based on sex were also performed.

60歳以上でX線写真で変形性膝関節症が確認された586例(女性80.1%,年齢68.8±5.2歳)を対象としております.

機能障害および膝の症状を評価するためにKSSを使用しております.

腰痛については3ヵ月以上の持続的な疼痛と定義しております.

腰椎後彎については,Spinal Mouseを用いて皮膚表面から評価を行っております.

重回帰分析を用いて,腰痛および後彎姿勢とKSSスコアとの関連を評価しております.

その後,性別に基づくサブグループ分析も実施しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

LBP and lumbar kyphosis were independently associated with a lower KSS function score after adjustment for covariates (mean difference [95%CI, confidence interval] = ‐4.96 [‐7.56 to ‐2.36] points for LBP alone, ‐4.47 [‐8.51 to ‐0.43] points for lumbar kyphosis alone, and ‐13.86 [‐18.86 to ‐8.86] points for the coexistence of LBP and lumbar kyphosis, respectively). The coexistence of LBP and lumbar kyphosis in women was associated with a lower KSS symptom score (mean difference [95%CI] = ‐4.49 [‐6.42 to ‐2.55] points).

腰痛と後彎姿勢は,共変量調整後のKSS機能スコアの低下と独立して関連しておりました.

また腰痛・腰椎後弯変形が併存する対象者では,腰痛のみ,腰椎後弯変形のみを有する対象者に比べて著明な機能低下が生じていました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

These findings suggest that both LBP and lumbar kyphosis are useful clinical signals indicating functional disability and knee symptoms in patients with knee OA.

今回の結果から,腰痛と腰椎後彎の両方が変形性膝関節症例の機能障害や膝関節症状を示す有用な臨床シグナルであることが示唆されます.

 

今回は変形性膝関節症例の腰痛・腰椎後弯変形が膝関節に及ぼす影響を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

あくまで横断研究ですので,腰痛・腰椎後弯変形と機能低下や膝症状悪化との因果関係には言及できませんが,腰痛や腰椎アライメントは,理学療法アプローチにより改善が可能でありますので,変形性膝関節症例の理学療法では膝関節のみならず腰痛や腰椎アライメントに着目する必要性が示唆されます.

タイトルとURLをコピーしました