人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのか?

Knee spine syndromeという概念も理学療法士・作業療法士の間で一般的になりましたね.

変形性膝関節症例の場合,膝関節の屈曲拘縮が矢状面上でのアライメントに関連していることも少なくありません.

でも人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのかって気になりませんか?

今回は人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

doctor and nurse during operation

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee. 2021 Mar 8;29:374-380. doi: 10.1016/j.knee.2021.02.027. Online ahead of print.

Relationships between the changes in flexion contracture and standing flexion angle of the knee and sagittal spinal alignment after total knee arthroplasty

Hyuk-Soo Han 1, Kuk-Ro Yun 1, Kwanjae Cho 1, Tae Woo Kim 2, Seung-Baik Kang 3

Affiliations expand

PMID: 33706029 DOI: 10.1016/j.knee.2021.02.027

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The sagittal spinal alignment interacts with the lower extremity in patients with combined degenerative disease of the spine and lower extremity. This study aimed to clarify the relationships between the reciprocal changes in sagittal alignment of the knee, pelvis, and spine after total knee arthroplasty (TKA) in osteoarthritis patients.

脊椎と下肢の複合変性疾患を有するクライアントでは,脊椎の矢状面上のアライメントが下肢と相互に影響し合うことが知られております.

この研究では変形性関節症に対する人工膝関節全置換術(TKA)後の膝・骨盤・脊椎の矢状面アライメントの相互変化の関係を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Prospectively, 36 patients who underwent primary TKA for severe knee osteoarthritis were enrolled. Their clinical and radiological evaluation included assessments of the knee flexion contracture (KFC) and standing knee flexion angle (KFA), as well as spinopelvic parameters and the global sagittal spinal alignment from standing whole-lower-extremity and whole-spine radiographs preoperatively and at postoperative 2 weeks, 6 weeks, 6 months, 1 year, and 2 years. Linear mixed models were used to assess the relationships between KFC/KFA and between spinopelvic/global sagittal spinal alignments.

重度の変形性膝関節症に対してprimary TKAを受けた36例を対象とし,前向きに調査を行っております.

臨床的およびX線学的評価は,膝関節屈曲拘縮(KFC)および立位膝関節屈曲角度(KFA)のほか,術前および術後2週間・6週間・6ヶ月・1年・2年後の立位下肢全体および脊椎全体のX線写真から,脊椎骨盤/全矢状面脊椎アライメントを評価しております.

線形混合モデルを用いて,膝関節屈曲拘縮/立位膝関節屈曲角度の関係と,脊椎骨盤/全矢状面脊椎アライメント間の関係を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The KFC decreased abruptly immediately after TKA, and the correction was maintained for 2 years postoperatively. The KFA decreased gradually and approached the value of the KFC after 2 years. Of the spinopelvic parameters, sacral slope and pelvic incidence decreased significantly, in ways related to changes in KFA. There was no significant relationship between sagittal spinal alignment and postoperative changes in KFC.

膝関節屈曲拘縮は,人工膝関節全置換術(TKA)直後に改善し,その改善は術後2年間維持されておりました.

立位膝関節屈曲角度は徐々に減少し,2年後には膝関節屈光拘縮の値に近づいた.

脊椎骨盤パラメータのうち,仙骨傾斜および骨盤傾斜は,立位膝関節屈曲角度の変化と関連し,有意に減少しておりました.

脊椎の矢状面アライメントと膝関節屈曲拘縮の術後の変化には有意な関係は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Although the flexion contracture was corrected immediately after TKA, the standing KFA improved gradually over 2 years. The pelvic parameters showed compensatory changes according to the KFA. The decompensated sagittal spinal malalignment was not related to a relapse in flexion contracture.

人工膝関節全置換術(TKA)後すぐに屈曲拘縮は改善されましたが,立位における膝関節屈曲角度の改善は緩やかなものでした.

また脊椎骨盤のパラメータは立位における膝関節屈曲角度に応じて代償的に変化しておりました.

脊柱の非代償的なアライメントは屈曲拘縮の再発とは無関係でありました.

 

今回は人工膝関節全置換術で膝関節屈曲拘縮が改善すると矢状面上の脊椎アライメントにも改善が得られるのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深いデータですね.

このデータから考えると,人工膝関節全置換術後に膝関節屈曲拘縮が改善しても,立位における膝関節屈曲角度や脊椎アライメントが即時的に改善するわけではないということですね.

人工膝関節全置換術によって屈曲拘縮には即時的に改善が得られるわけですが,立位における膝関節屈曲角度や脊椎アライメントには即時的に改善が得られるわけではないので,立位における膝関節屈曲角度や脊椎アライメントを改善するための理学療法アプローチが必要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました