日本のICUにおけるリハビリテーションは遅れている?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本のICUにおけるリハビリテーションは遅れている?

最近は日本のICUでも専従の理学療法士・作業療法士が配置され,かなり積極的な介入が進められてきている医療機関が増えてきております.

一方で日本の超急性期リハビリテーションはまだまだ海外の者に比較すると後れを取っているなんて話も聞きます.

今回はICUのリハビリテーションにおける使用機器に着目した論文をご紹介させていただきます.

Hospital, Labor, Delivery, Mom, Medical, Maternity

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Three-Fourths of ICU Physical Therapists Report Use of Assistive Equipment and Technology in Practice: Results of an International Survey

Mayer, Kirby P.; Carper, Ramona A.; Henson, Samantha C.; Clonce, Emily A.; Christian, Warren Jay; Seif, Sherif M.; Pastva, Amy M.; Needham, Dale M.; Morris, Peter E.Author Information

Journal of Acute Care Physical Therapy: January 2021 – Volume 12 – Issue 1 – p 21-30

doi: 10.1097/JAT.0000000000000144

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Patients surviving critical illness develop persistent functional mobility impairments that significantly impact their quality of life. Early rehabilitation interventions in the intensive care unit (ICU) may mitigate the sequelae of critical illness. However, implementation of such interventions is very low in clinical practice. Assistive rehabilitation equipment and technology, such as tilt beds and cycle ergometers, provide physical therapists (PTs) with strategies to complement functional mobility interventions.

重症患者は持続的な運動障害を発症し,生活の質に大きな影響を与えます.

集中治療室(ICU)での早期のリハビリテーション介入は,重症患者の後遺症を軽減する可能性があります.

しかしICUでの介入は積極的には実施されていない現状があります.

Tilt tableやサイクルエルゴメーターなどの補助的リハビリテーション機器や技術は,理学療法士が介入を行う上で非常に有用な機器です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To determine PTs’ self-reported use of assistive rehabilitation equipment and technology in their clinical practices in the ICU and to describe the rationale for their use.

この研究ではICUでの臨床における理学療法士のリハビリテーション機器および技術の使用実態を調査し,その使用の根拠を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

An online survey (Qualtrics), with closed- and open-ended questions, was distributed to PTs working in the ICU, via e-mail through the Academy of Acute Care Physical Therapy “PTinICU” e-mail listserv and the online ICU Recovery Network and Twitter. Descriptive statistics were used to assess frequency and rationale for the use of specific equipment and technology.

この調査はオンラインで行われております.

閉鎖式および開放式の質問を用いて,Academy of Acute Care Physical Therapy “PTinICU “の電子メール・メーリングリスト,およびオンラインのICU回復ネットワークとTwitterを通じて,ICUで働く理学療法士に配布されております.

記述統計を用いて,特定の機器や技術の使用頻度や根拠を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

PTs (n = 206, mean age 39.6 ± 9.7 years, 82% female) completed the survey (81% in the United States and 19% from 12 countries outside of the United States). Respondents (153/206, 74%) reported using at least one type of equipment or technology. The most commonly used were hospital tilt beds and tilt tables (n = 106, 51%), mobilization chairs (n = 80, 39%), standing frames (n= 66, 32%), cycle ergometers (n = 63, 31%), and exercise platforms (n = 36, 17%). The most common rationale for use was as a bridge to functional mobility (response ranging from 17% to 44% depending on the technology). The most common reason for not using equipment or technology was limited or no access (71%, 37/53). PTs from outside the United States (vs US-based PTs) reported greater use of equipment or technology (n = 206, 92% vs 70%, P = .001).

206名の理学療法士(n = 206,平均年齢39.6±9.7歳,女性82%)が調査を完了しております(米国内81%,米国以外の12カ国19%).

回答者(153/206,74%)は少なくとも 1 種類の機器または技術を使用していると回答しております.

最もよく使用されていたのは,病院用チルトベッドおよびチルトテーブル(n=106、51%),モビライゼーションチェア(n=80、39%),スタンディングフレーム(n=66、32%),サイクルエルゴメーター(n=63、31%),エクササイズプラットフォーム(n=36、17%)でありました.

使用目的として最も多かったのは,移動能力向上を目的とした使用でりました(17~44%).

機器や技術を使用しない理由として最も多かったのは,アクセスが制限されているか,またはアクセスできないことでありました(71%,37/53).

米国外から来た理学療法士(米国在住の理学療法士と比較して)は,機器や技術の使用量が多いと報告しております(n = 206,92%対70%,P = 0.001).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Approximately 75% of PTs completing this survey report use of assistive rehabilitation equipment and technology in their ICU clinical practice, emphasizing the need for further research to understand the clinical approaches for use and the efficacy of such technology.

この調査に回答した理学療法士の約75%が,ICUの臨床で補助リハビリテーション機器や技術を使用していると報告している結果でありました.

 

今回はICUのリハビリテーションにおける使用機器に着目した論文をご紹介させていただきました.

理学療法士の半数以上がICUでTilt Tableを用い,3割以上が床上エルゴを用いているという結果でありました.

本邦ではICTでのtilt tableの使用というのはまだまだ多くありませんので,このあたりが日本が海外に遅れを取っている部分でしょうね.

機器の整備には費用もかかりますので,診療報酬上の加算等が付与されなければこのあたりはなかなか進まない気もしますが…

コメント

タイトルとURLをコピーしました