烏口腕筋の効果的なストレッチ方法が明らかに

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

烏口腕筋の効果的なストレッチ方法が明らかに

烏口腕筋は肩甲上腕関節の可動性のみならず肩甲骨の可動性にも影響を与えます.

そのため肩関節の可動域を考えるうえでは,烏口腕筋の柔軟性を考慮することが重要となります.

ただ烏口腕筋のストレッチってどういった方法が適切なのでしょうか?

今回は烏口腕筋の効果的なストレッチ方法が明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman in purple tank top and black leggings doing yoga

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Journal of Biomechanics

Available online 20 March 2021, 110390

In Press, Journal Pre-proofWhat are Journal Pre-proof articles?

Effective stretching position of the coracobrachialis muscle

Author links open overlay panelKotonoKobayashiaJunUmeharaabcSayakaNakaoaNoriakiIchihashia

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

An increase in the stiffness of the coracobrachialis muscle can restrain proper movement of the glenohumeral joint and scapula during arm elevation. Therefore, muscle stiffness should be reduced through stretching. The aim of this study was to determine the effective stretching position of the coracobrachialis muscle using ultrasound shear wave elastography imaging to evaluate the stiffness of individual muscles.

烏口腕筋の柔軟性低下は上肢挙上時の肩甲上腕関節・肩甲骨の可動性と関連することが知られております.

そのためストレッチによって烏口腕筋の筋硬結を軽減する必要があります.

この研究では個々の筋肉の硬さを評価するために,超音波シアウェーブ・エラストグラフィ画像を用いて,烏口腕筋の効果的なストレッチ方法を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Eighteen healthy young men participated in this study. The shear modulus of the coracobrachialis muscle was measured at the following eight shoulder positions: i) 20° abduction (Rest), ii) maximal external rotation at 90° abduction (ER2), iii) maximal internal rotation at 90° abduction (IR2), iv) maximal flexion (Flex), v) maximal extension (Ext), vi) maximal horizontal abduction at 90° abduction (Hab), vii) maximal horizontal abduction and maximal external rotation at 90° abduction (HabER), and viii) maximal horizontal abduction and maximal internal rotation at 90° abduction (HabIR). The shear modulus in each position was compared with that of Rest using the Wilcoxon signed-rank test, and a multiple comparison test was performed among the positions that exhibited significant difference.

対象は健常成人男性18例となっております.

以下の8つの肩関節肢位で烏口腕筋のせん断弾性率を測定しております.

①外転20°(Rest),②外転90°での最大外旋(ER2),③外転90°での最大内旋(IR2),④最大屈曲(Flex),⑤最大伸展(Ext),⑥外転90°での最大水平外転(Hab),⑦外転90°での最大水平外転および最大外旋(HabER),⑧外転90°での最大水平外転および最大内旋(HabIR)の8つの肢位です.

各肢位におけるせん断弾性率は,Wilcoxon signed-rank testを用いてRestのせん断弾性率と比較し,有意な差を示した肢位間で多重比較検定を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The shear modulus of all stretching positions was significantly higher than that of Rest, except for Flex. Moreover, the shear moduli of IR2, Ext, Hab, HabER, and HabIR were significantly higher than that of ER2. The shear modulus of Ext was significantly higher than that of HabIR.

結果ですが最大屈曲位を除くすべてのストレッチ肢位におけるせん断弾性率が安静時のせん断弾性率よりも有意に高い結果でありました.

さらに,③外転90°での最大内旋位,⑤最大伸展位,⑥外転90°での最大水平外転位,⑦外転90°での最大水平外転および最大外旋位, ⑧外転90°での最大水平外転および最大内旋のせん断弾性率は,②外転90°での最大外旋のせん断弾性率よりも有意に高い結果でありました.

また⑤最大伸展位でのせん断弾性率は⑧外転90°での最大水平外転および最大内旋のせん断弾性率よりも有意に高い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The coracobrachialis muscle could be stretched effectively at IR2, Ext, Hab, HabER, and HabIR. Among these positions, Ext, Hab, and HabER are recommended for clinical settings.

③外転90°での最大内旋,⑤最大伸展,⑥外転90°での最大水平外転,⑦外転90°での最大水平外転および最大外旋,⑧外転90°での最大水平外転および最大内旋では,烏口腕筋を効果的に伸展させること可能でありました.

これらの肢位のうち,⑤最大伸展,⑥外転90°での最大水平外転,⑦外転90°での最大水平外転および最大外旋は臨床現場で推奨される肢位であると考えられます.

 

今回は烏口腕筋の効果的なストレッチ方法が明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

効果量から考察すると臨床現場では最大伸展や最大水平外転,最大水平外転位での外旋が推奨されます.

この結果は烏口腕筋のストレッチングを行ううえで大きなヒントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました