ストレス社会で生き抜くために新人理学療法士・作業療法士が持つべきもの

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレス社会で生き抜くために新人理学療法士・作業療法士が持つべきもの

国家試験に合格し,今年度から理学療法士・作業療法士として社会人デビューされた方も多いと思います.

理学療法士・作業療法士に限ったことではありませんが,仕事をするうえではストレスマネジメントも重要です.

うまく仕事のストレスと付き合いながら,長く仕事をしたいですよね.

今回はストレス社会で生き抜くために新人理学療法士・作業療法士が持つべきものについて考えてみたいと思います.

woman in black tank top covering her face with her hands

 

 

 

 

 

 

リフレッシュできる習慣

理学療法士・作業療法士の仕事は体力的にも精神的にも消耗します.

特に慣れない環境で働く新人理学療法士・作業療法士は気付かないうちにストレスをため込みがちです.

新人理学療法士・作業療法士こそ自分なりのストレスマネジメントを構築する必要があります.

新人理学療法士・作業療法士がストレス社会で生き抜くためには仕事から少し離れてリフレッシュできる習慣を作ることが重要です.

例えばリフレッシュできる趣味を持てるとよいでしょうね.

ただこんな世の中ですから趣味といっても感染対策を講じながらできるものがよいでしょう.

趣味は何でもOKです.

リフレッシュできればよいわけですから,趣味の内容は問いません.

 

 

 

 

 

 

 

職場での3人以上の友達

新人理学療法士・作業療法士の皆様の職場には同期がいますか?

やっぱり同期って大切です.

職場内に気の知れた友達がいるだけで仕事のつらさが軽減されます.

たまには愚痴をこぼしあうのも良いでしょう.

同期だからこそ相談できることも多いですし,悩みを共有できることも多いです.

同期を大切にしましょうね.

休日のことも考慮すると,3人以上は職場内に何でも相談できる友達がいると安心です.

ストレス社会も仲間と一緒なら乗り越えられます.

理学療法士・作業療法士の仲間ももちろんですが,病棟看護師にも同期や友達がいると心強いですね.

病棟のことってわからないことが多いですし,お局看護師には聞けないようなことも同期や友達であれば気軽に尋ねることができますからね.

 

 

 

 

 

 

 

お金の知識

理学療法士・作業療法士はお金に関する知識が乏しいことが多いので,金融業者やマルチ商法のカモにされやすいといった点に注意が必要です.

特に最近はお金のことに関して無知であるがために,騙されてしまっている理学療法士・作業療法士も少なくありません.

理学療法士・作業療法士も騙されないようにお金の知識を持つことが重要ですね.

お金のことで変なストレスを抱えたくないですからね.

 

 

 

 

 

 

 

わからないことを聞く勇気

新人理学療法士・作業療法士がストレス社会を生き抜くためには,わからないことを聞く勇気も重要です.

先輩理学療法士・作業療法士の中には質問をすると嫌な顔をする方もいるかもしれません.

ただ質問できるのは新人理学療法士・作業療法士の特権です.

理学療法士・作業療法士として経験を重ねれば重ねるほど,わからないことを聞きにくくなるのも事実です.

新人のうちにわからないままにせず質問して,わからないことを解決することが重要でしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

愛想と愛嬌

これは理学療法士・作業療法士に限ったことではありませんが,愛想と愛嬌は重要です.

クライアントを相手にする場合だけではなく,愛想と愛嬌があればスタッフ間のコミュニケーションにおいても得をすることが多いでしょう.

困ったら笑ってなんていうのはあながち間違っていないわけです.

ストレス社会で笑いつづけるのは大変かもしれませんが,いつも険しい顔をしていてはストレスがたまるばかりです.

営業スマイルを作るだけでストレスから少し解放されるかもしれません.

 

 

 

 

 

 

 

 

健康的な生活

新人理学療法士・作業療法士は慣れない仕事で不健康な生活になりがちです.

新たに一人暮らしを始めた場合には,体調を崩さないように規則正しい生活リズムを作ることが重要です.

食生活の乱れにも注意が必要ですね.

好きなものばかりを食べるのではなくバランス良い食事に心がけましょう.

また注意が必要なのが休日の過ごし方です.

明日が休日だからといってだらだらと夜更かししてしまうと生活のリズムが崩れてしまいます.

ストレス社会で生き抜くには何より身体が資本です.

健康的な生活リズムを構築することが不可欠となるでしょう.

 

今回はストレス社会で生き抜くために新人理学療法士・作業療法士が持つべきものについて考えてみました.

新人理学療法士・作業療法士に限ったことではありませんが,社会で働くというのはさまざまなストレスを抱えながら生きるということです.

うまくストレスをマネジメントして長く理学療法士・作業療法士として働けるように努めたいですね.

タイトルとURLをコピーしました