股関節外転筋力・外旋筋力が膝関節外反に与える影響 システマティックレビュー論文紹介

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

股関節外転筋力・外旋筋力が膝関節外反に与える影響 システマティックレビュー論文紹介

理学療法士・作業療法士であれば下肢のアライメントを評価する機会は多いと思います.

特に反復性膝蓋骨脱臼症例や膝蓋大腿関節障害を合併した症例においては膝関節の外反のコントロールが重要となることが多いです.

膝関節には外反を制動する固有の筋群は存在しませんので,膝関節の外反を制御するためには股関節・足部の役割が重要となります.

でも本当に股関節周囲筋力と膝関節外反アライメントには関連性があるのでしょうか?

今回は股関節外転筋力・外旋筋力が膝関節外反に与える影響についてシステマティックレビューを用いて結論付けた研究論文をご紹介させていただきます.

Jeans, Fashion, Ruptured, Modern, Style, Knee, Comfy

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review J Sport Rehabil. 2012 Aug;21(3):273-84. doi: 10.1123/jsr.21.3.273.

The effect of weak hip abductors or external rotators on knee valgus kinematics in healthy subjects: a systematic review

Glenn E Cashman 1

Affiliations expand

PMID: 22894982 DOI: 10.1123/jsr.21.3.273

今回ご紹介する論文は2012年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Context: It has been postulated that subjects with weak hip abductors and external rotators may demonstrate increased knee valgus, which may in turn raise risk of injury to the lower extremity. Recent studies have explored the potential link between hip strength and knee kinematics, but there has not yet been a review of this literature.

股関節外転筋や股関節外旋筋の筋力低下を合併したクライアントは,膝関節外反運動が過大となり,下肢の傷害リスクが高まる可能性があると考えられています.

最近の研究では,股関節周囲筋力と膝関節の運動特性との関連性が検討されておりますが,これまでに股関節外転筋力・外旋筋力が膝関節外反に与える影響をレビューした論文はありません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To conduct a systematic review assessing the potential link between hip-abductor or external-rotator strength and knee-valgus kinematics during dynamic activities in asymptomatic subjects.

この研究では無症候性の被験者の動的活動における股関節外転筋または外旋筋の筋力と膝関節運動との関連性について,システマティックレビューを用いて明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

エビデンスの収集

Evidence acquisition: An online computer search was conducted in early February 2011. Databases included Medline, EMBASE, CINAHL, SPORTDiscus, and Google Scholar. Inclusion criteria were English language, asymptomatic subjects, dynamometric hip-strength assessment, single or multicamera kinematic analysis, and statistical analysis of the link between hip strength and knee valgus via correlations or tests of differences. Data were extracted concerning subject characteristics, study design, strength measures, kinematic measures, subject tasks, and findings with regard to correlations or group differences.

2011年2月上旬にオンラインコンピュータ検索を行っております.

データベースにはMedline,EMBASE,CINAHL,SPORTDiscus,およびGoogle Scholarが含まれております.

対象研究の取込基準は,英語で報告されている論文で,無症状の被験者,ダイナモメーターを用いて股関節周囲筋力を評価している論文で,シングルまたはマルチカメラによる運動学的分析を行っており,相関または差の検定による股関節強度と膝関節角度の関連性の統計的に解析している論文としております.

論文中から被験者の特徴,研究デザイン,筋力測定法,運動学的分析の方法,使用されたタスク,相関関係や群間差に関する所見などに関するデータを抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

エビデンスの統合

Evidence synthesis: Eleven studies were selected for review, 4 of which found evidence that subjects with weak hip abductors or external rotators demonstrated increased knee valgus, and 1 study found a correlation to the contrary.

最終的に11件の研究がレビューの対象となり,そのうち4件は股関節外転筋または外旋筋の筋力低下がある被験者は膝関節外反角度が過大となるといったエビデンスが報告されておりました.

一方で1件については異なる関係性も方向がなされておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: There is a small amount of evidence that healthy subjects with weak hip abductors and perhaps weak external rotators demonstrate increased knee valgus. However, due to the variation in methodology and lack of agreement between studies, it is not possible to make any definitive conclusions or clinical recommendations based on the results of this review. Further research is needed.

股関節外転筋力低下および外旋筋力低下を合併した健常者は,膝関節外反運動が過大となるといったエビデンスが存在することが明らかとなりました.

しかしながら研究方法にばらつきがあり,研究間での合意が得られなかったため,このレビューの結果に基づいて決定的な結論や臨床上の推奨を行うことはできません.

今後さらなる研究が必要であります.

 

今回は股関節外転筋力・外旋筋力が膝関節外反に与える影響についてシステマティックレビューを用いて結論付けた研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると動的な場面で膝関節外反が過大となる場合には,股関節外転筋力低下,股関節外旋筋力低下を一因として考える必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました