経験年数から見た理学療法士・作業療法士の転職

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

経験年数から見た理学療法士・作業療法士の転職

理学療法士・作業療法士というのは資格職ですので,転職率も高い職種の1つです.

資格があって求人があればどこでも働くことができるというのは理学療法士・作業療法士の強みでしょうね.

理学療法士・作業療法士が転職する場合には,経験年数によっても転職理由に一定の傾向があります.

転職を考える際には自分自身の経験年数と合わせて何の目的で転職をするのかを考えることも重要です.

今回は経験年数から見た理学療法士・作業療法士の転職について考えてみたいと思います.

Girl, Crossroads, Choice, Way, Direction, Female, Road

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士1年目・2年目

理学療法士・作業療法士が経験年数1年目・2年目に転職するという場合には,残念ながら職場が合わなかったとか,人間関係に起因する場合が多いでしょうね.

1つの職場で数年経験を積まなければ成長できないなんて考え方もありますが,本当に自分に合わない職場で勤務するのはストレスですし,時間の無駄ですので,本当に合わないと思えば早めに転職を考えた方が身のためでしょうね.

働く前は特に興味を持てる分野も無かったけど,働き始めて興味や関心のある分野が見つかり,転職したいといった方も多いですしね.

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士3・4年目

理学療法士・作業療法士として1つの職場に3・4年目も勤務すれば,おおよそ基本的な仕事はできるようになりますし,病院や施設の全体像も見えるようになってくる頃ですね.

理学療法士・作業療法士3・4年目の転職理由で多いのは新しい分野にチャンレンジしたいといったものです.

昔と違って理学療法士・作業療法士の就職先もかなり幅広い分野が存在します.

今もまずは病院で経験を積んでといった傾向は根強く残っておりますので,まずは総合病院へ勤めて,そこからクリニックへとか,総合病院から介護保険分野へとか,総合病院から神経難病や心臓リハビリなどより専門的な領域に興味があるといった未経験の分野への転職を考える方が多いですね.

理学療法士・作業療法士が転職する場合には,社会人経験ができるだけ浅い方が有利です.

同じ職場に長くいれば,理学療法士・作業療法士しても社会人としても,職場の考え方ややり方がどうしても定着してしまって,周りが見えづらくなります.

また転職をしなければ診れない疾患もありますし,より専門的な職場にいった方が数多くその疾患を担当できます.

別の職場でのキャリアをなるべく早くスタートした方が経験を多く積めますので,理学療法士・作業療法士3・4年目というのは新しい分野にチャレンジするタイミングとしてはちょうど良い時期なわけですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士5・6年目

実は理学療法士・作業療法士業界では理学療法士・作業療法士5・6年目での転職が非常に多いといった特徴があります.

年齢的に結婚や出産のタイミングといった理由も挙げられますが,社会人経験5~6年目で同じ分野でキャリアアップを目的として転職をするといった理学療法士・作業療法士が多いのも特徴です.

若手が多い理学療法士・作業療法士業界では理学療法士・作業療法士5・6年目ともなると職場の中でも中堅のポジションに位置することが多く,結婚などのライフイベントを意識し将来のことを真剣に考える年齢です.

理学療法士・作業療法士の場合には年功序列というところがほとんどですので,リハビリテーション部門内でのキャリアアップを考えた時に,上の役職の席が空かない限りは,当然自分も上に上がることは不可能です.

もし職場に給料などの何らかの不満があったり,管理職や病棟リーダーなどに挑戦してみたいのであれば,理学療法士・作業療法士5・6年目というのは転職のタイミングとしてはベストなわけですね.

採用側の立場に立ってみると,経験年数3年目程度がポテンシャル採用に向いているのに対し,5・6年目の療法士は第一線で活躍できる経験値を持ちながら,若さと柔軟さがある年代であり需要も高いわけです.

理学療法士・作業療法士としての経験がさらに7年目・8年目・9年目・10年目ともなると,私的にもますます動きにくい状況に陥ることが多いので,キャリアアップを目的に転職するのであれば5・6年目というのは1つのタイミングだと考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士7年目以上

理学療法士・作業療法士が7年目以上で転職するとなると最も多いのは,管理者または管理者候補求人への応募といったケースが多いでしょう.

上述したように理学療法士・作業療法士の場合には年功序列というところがほとんどですので,リハビリテーション部門内でのキャリアアップを考えた時に,上の役職の席が空かない限りは,当然自分も上に上がることは不可能です.

特に組織のマネジメントなんていうのは経験しないと身につかないことも多いので,管理者になりたいといった理学療法士・作業療法士の方は管理者の求人を見逃さないことも重要となります.

 

 

 

 

 

今回は経験年数から見た理学療法士・作業療法士の転職について考えてみました.

今回ご紹介させていただいたように経験年数によっても理学療法士・作業療法士における転職の目的というのは大きく異なります.

転職を成功させるためには転職の目的を明確にすることが重要となりますが,なかなか一人で考えていても転職の目的がはっきりしないといった理学療法士・作業療法士の方も多いのが実際だと思います.

そんな場合には転職サイトの利用をお勧めします.

転職サイトでは転職エージェントがあなたの転職に関して相談に乗ってくださいます.

エージェントの方と話をする中で自分の転職の方向性が定まったという方も少なくありません.

ちなみに転職サイトへの登録は無料ですので,まずは転職サイトへ登録してエージェントの方と話をしてみるだけでも,自分が今後進むべき道を決定する上で大きなプラスになります.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,こういった分野の職場を探している,管理職候補の求人を探しているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

こういった分野の職場を探している,管理職候補の求人を探しているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

こういった分野の職場を探している,管理職候補の求人を探しているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

タイトルとURLをコピーしました