人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効 無作為化比較試験による検討

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効 無作為化比較試験による検討

理学療法士や作業療法士が人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う機会は多いと思います.

特に術後には筋力発揮が不十分となることが多いので,理学療法士・作業療法士もあの手この手で筋力トレーニングを行うわけです.

筋力発揮を向上させるために用いられることが多いのが視覚的・聴覚的なフィードバックです.

ただ視覚的・聴覚的なフィードバックってどこまで意味があるのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効かどうかを明らかにしたランダム化比較試験をご紹介させていただきます.

Feedback, Confirming, Board, Blackboard, Chalk, Font

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Knee Surg. 2020 Nov 25. doi: 10.1055/s-0040-1721035. Online ahead of print.

Short-Term Effects of Isometric Quadriceps Muscle Exercise with Auditory and Visual Feedback on Pain, Physical Function, and Performance after Total Knee Arthroplasty: A Randomized Controlled Trial

Yasutaka Kondo 1 2, Yoshihiro Yoshida 1, Takashi Iioka 3, Hideki Kataoka 2 4, Junya Sakamoto 2 5, Tatsuya Hirase 2 5, Yuichiro Honda 2 5, Atsushi Nawata 6, Minoru Okita 2 5

Affiliations expand

PMID: 33241542 DOI: 10.1055/s-0040-1721035

今回ご紹介する論文は2020年に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Severe acute pain after total knee arthroplasty (TKA) may cause delay in muscle strength and functional recovery, and it is a risk factor for chronic postoperative pain. Although pharmacological approaches are the typical firstline to treat acute pain; recently, nonpharmacological approaches such as exercise have been increasingly applied. The purpose of this investigation was to evaluate the effects of a rehabilitation program involving isometric quadriceps exercise with auditory and visual feedback to improve the short-term outcome after TKA.

人工膝関節全置換術(TKA)後の急性疼痛は,筋力や機能回復の遅れを引き起こし,慢性的な術後疼痛の危険因子となります.

急性疼痛の治療については薬物療法によるアプローチが一般的ですが,最近では運動などの非薬理学的アプローチが適用されるようになってきております.

この研究では,人工膝関節全置換術(TKA)後の短期予後を改善するために,大腿四頭筋の等尺性運動と聴覚的・視覚的フィードバックを用いたリハビリテーションプログラムの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Sixty-two patients, planning a primary unilateral TKA, were randomly assigned to either an intervention group (n = 31) involving isometric quadriceps exercise with auditory and visual feedback in usual rehabilitation after TKA or a control group (n = 31) involving a standardized program for TKA. Patients in the intervention group performed the isometric quadriceps muscle exercise using the Quadriceps Training Machine from 2 to 14 days after TKA instead of the traditional quadriceps sets. Pain intensity, isometric knee extension strength, range of motion, timed up and go test (TUG), 10-m gait speed, 6-minute walking distance, the Western Ontario and McMaster University Osteoarthritis index (WOMAC), the hospital anxiety and depression scale, and the pain catastrophizing scale were assessed before TKA (baseline) and 1 to 3 weeks after TKA.

初回片側人工膝関節全置換術(TKA)を予定している62例を,人工膝関節全置換術(TKA)後の通常のリハビリテーションで聴覚と視覚によるフィードバックを伴う等尺性大腿四頭筋運動を行う介入群(n=31)と,人工膝関節全置換術(TKA)用の標準プログラムを行う対照群(n=31)のいずれかに無作為に割り付けております.

介入群には,従来の大腿四頭筋セッティングの代わりに大腿四頭筋トレーニングマシンを用いた等尺性収縮運動を人工膝関節全置換術(TKA)後2~14日に行っております.

疼痛強度,等尺性膝関節伸展筋力,関節可動域,Timed up and go test(TUG),10m歩行速度,6分間歩行距離,Western Ontario and McMaster University Osteoarthritis index(WOMAC),病院不安・抑うつ尺度,疼痛に対する破局的思考を人工膝関節全置換術(TKA)前(ベースライン)と人工膝関節全置換術(TKA)後1~3週間に評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Pain intensity significantly decreased in the intervention group than in the control group at 1 (p = 0.005), 2 (p = 0.002), and 3 (p = 0.010) weeks after TKA. Greater improvements in TUG (p = 0.036), 10-m gait speed (p = 0.047), WOMAC total score (p = 0.017), pain (p = 0.010), and function (p = 0.028) 3 weeks after TKA were observed in the intervention group.

人工膝関節全置換術(TKA)後1週目(p = 0.005),2週目(p = 0.002),3週目(p = 0.010)において,介入群では対照群に比べて疼痛強度が有意に減少しております.

人工膝関節全置換術(TKA)後3週目のTUG(p = 0.036),10m歩行速度(p = 0.047),WOMACトータルスコア(p = 0.017),疼痛(p = 0.010),機能(p = 0.028)の改善は介入群でより良好でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

These results suggest that isometric quadriceps exercises with auditory and visual feedback provided early knee pain relief, possibly leading to better improvements in physical performance, and patient’s perception of physical function in the early stages of postoperative TKA. Further studies should investigate whether this short-term effect is sustainable.

今回の研究結果から聴覚および視覚的フィードバックを併用した等尺性の大腿四頭筋運動は膝の疼痛を早期に緩和し,人工膝関節全置換術(TKA)後の初期段階での身体機能の改善と患者の身体機能の知覚の改善につながる可能性が示唆されます.

 

今回は人工膝関節全置換術例を対象として筋力トレーニングを行う場合には聴覚的・視覚的フィードバックが有効かどうかを明らかにしたランダム化比較試験をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えるとフィードバック群で疼痛に改善が得られておりますので,聴覚や視覚を使ってフィードバックを行い,知覚に対してアプローチを行うことの重要性が示唆されますね.

おそらく急性疼痛であっても身体知覚異常が関連している部分は大きいのでしょうね.

人工膝関節全置換術(TKA)後の急性疼痛に対するアプローチとしてヒントになる論文ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました