理学療法士・作業療法士の離職率が高い職場ってどんな分野?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の離職率が高い職場ってどんな分野?

理学療法士・作業療法士って資格職ですので比較的離職率が高い職種として知られております.

また理学療法士や作業療法士の離職率は,分野・職場ごとの働きやすさを見る一つの指標にもなります.

そのため転職に際しては理学療法士や作業療法士の離職率を考慮することも重要です.

今回は理学療法士・作業療法士の離職率が高い職場・分野について考えてみたいと思います.

退職願、退職届、辞表。それぞれの書き方を見本付きで解説 | 人材派遣 ...

 

 

 

 

 

 

 

そもそも離職率とは?

離職率にはさまざまな定義がありますが,一般的には一つの職場もしくは一つの業界・業種から1年間で離職した人の割合を指します.

今回のお話はこの離職率の定義で話を進めていきたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の離職率

日本理学療法士協会の統計によりますと,平成25年から27年の3年間における1年当たりの平均離職率は医療分野10.2%,介護分野で18.8%となっております.

介護分野の方が約2倍離職率が高いということになります.

具体的にどの分野の離職率が高いかを表したのが以下のグラフです.

 

 

グラフを見ていただくと分かりますが訪問リハビリテーション事業所,通所介護施設,通所リハビリ施設の順番で離職率が高いことがわかります.

特筆すべきは訪問リハビリテーション事業所の37.4%といった離職率です.

3人に1人が離職しているってかなりの割合ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

離職率が高いのは転職しやすいから

理学療法士・作業療法士の離職率は他の職種に比較しても高いことが知られております.

理学療法士や作業療法士の離職率が高い理由は,国家資格を持っているため,求人や転職先を探すことが比較的容易だからと言われております.

分野も多様で,働き口も多いですから,理学療法士・作業療法士個々のライフスタイルに合わせた働き方ができます.

これが転職しやすく,離職率が高い理由ですね.

離職率が高いというのは必ずしもネガティブな事では無いということですね.

 

 

 

 

 

 

 

なぜ介護保険分野の離職率が高いのか?

でもなぜ介護保険分野の離職率が高いのかって気になりませんか?

訪問リハビリテーション事業所にについて考える前になぜ介護保険分野の離職率が高いのかを考えてみたいと思います.

まずは介護保険分野の場合には,副業として勤務している理学療法士・作業療法士が多いのも実際です.

パートやアルバイトで働いている人も多いですから,当然ながら離職率も高くなってしまうわけです.

特に訪問リハビリテーション事業所の場合には,理学療法士や作業療法士が本業の休日など空いた時間に副業として働いているケースが多いです.

あくまで副業ですので,短期間で職場を辞める理学療法士・作業療法士も多いので数字としては離職率が高いわけですね.

訪問リハビリテーション事業所で本業として勤務している理学療法士・作業療法士がどのくらい離職しているかについてはデータが存在しませんので,訪問リハビリテーション事業所や介護保険分野の離職率が本当に高いのかどうかはわかりませんね…

 

 

 

 

 

 

 

就職や転職の際には離職率を必ずチェックしよう

介護保険分野の場合には上述したように副業として仕事をされている方も多いので,離職率が高い=働きにくい職場というわけではありません.

しかしながら就職・転職時は離職率が高すぎる職場には注意が必要ですし,医療機関の場合には副業として勤務している方は少ないと思いますので,離職率が高い場合には特に注意が必要です.

ただ離職率ってどう判断すればよいのかわかりませんよね.

まず注目すべきは一つの職場で急募の求人や多職種の求人を多数出している場合です.

このような場合には離職率が高い職場であり,働きにくい職場の可能性があります.

また逆に考えると離職率が低いということは働きやすくて,給与条件も良くて,待遇に恵まれているからこそ離職率が低いわけで,職員の満足度も高い場合が多いでしょう.

職場の人間関係も良好であることが予測され,できれば誰しもが離職率の低い職場を選択したいと思うと思います.

ただ実際には求人情報に具体的な離職率は記載されておりませんし,求人先に直接聞くことも難しいです.

理学療法士・作業療法士が就職や転職をする際に離職率に関する情報を把握する方法として転職サイトを利用するといった方法がお勧めです.

自分では離職率に関する情報を入手することが困難であっても,転職サイトのエージェントがあなたに代わって離職率に関する情報を得てくれます.

転職サイトへの利用は無料ですので,転職を考えられている方で離職率に関する情報を得たいという方にはお勧めです.

特に以下の転職サイトでは離職率を重要視されておりますので,そもそも離職率の高い職場は紹介されておりません.

そのため離職率の高くない職場をお探しの方は以下の転職サイトの利用がお勧めです.

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,離職率の低い職場に就職したいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので,こういった情報を伝えておくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

離職率の低い職場に就職したいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました