介護負担に関する評価尺度に関するシステマティックレビュー

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護負担に関する評価尺度に関するシステマティックレビュー

回復期リハビリテーション病院や在宅リハビリテーション分野で活躍する理学療法士・作業療法士にとって,対象者家族の介護負担を評価することは非常に重要です.

在宅復帰にあたっては介護負担を考慮したサービス利用の提案や福祉用具の利用が必須となります.

ただ介護負担に関する評価ってまだまだメジャーではありませんよね.

今回は介護負担に関する評価尺度に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

group of people sitting on bench and grass field during daytime

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Disabil Rehabil. 2019 Jul 31;1-27. doi: 10.1080/09638288.2019.1641847. Online ahead of print.

Measures used to assess impact of providing care among informal caregivers of persons with stroke, spinal cord injury, or amputation: a systematic review

Eline W M Scholten 1, Chantal F Hillebregt 1, Marjolijn Ketelaar 1, Johanna M A Visser-Meily 1 2, Marcel W M Post 1 3

Affiliations expand

PMID: 31366259 DOI: 10.1080/09638288.2019.1641847

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: (1) To identify measures used to evaluate the impact of caregiving among caregivers of persons with stroke, spinal cord injury, and amputation; and (2) to systematically evaluate their clinimetric properties reported in validation studies.

この研究では(1)脳卒中,脊髄損傷,切断の介護者における介護の影響を評価するために使用される尺度を特定し,(2)検証研究で報告されている評価尺度の特性を体系的に評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: Two separate systematic reviews (Embase, PsycINFO, CINAHL, Pubmed/Medline) were conducted. COSMIN guidelines were used to assess clinimetric properties and methodological quality of studies.

2つの独立したシステマティックレビュー(Embase,PsycINFO,CINAHL,Pubmed/Medline)を実施しております.

臨床的特性と研究方法論の質を評価するためにCOSMINガイドラインを使用しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: (1) 154 studies published between 2008 and May 2019 were included, in which 48 measures were used, mostly describing negative impact. Thirty measures were used only once and not further described. (2) In general, structural validity, internal consistency, and hypothesis testing were often investigated. Reliability, cross-cultural and criterion validity to a lesser extent, and scale development and content validity were rarely described. Tests of measurement error and responsiveness were exceptional. Most supporting evidence was found for the Zarit Burden Interview Short Form, Caregiver Burden Scale and Positive Aspects of Caregiving Questionnaire.

2008年から2019年5月までに発表された154件の研究がシステマティックレビューの対象となり,その中で48の尺度が使用されておりました.

ほとんどの論文で介護負担による負の影響が記述されておりました.

48の尺度の中で30の尺度は1回のみの使用でありました.

多くの論文で構造的妥当性,内部一貫性,仮説検定に関して調査がなされ,信頼,、異文化間妥当性,基準妥当性はいずれもそれほどで高くなく,尺度開発と内容妥当性について記載された論文は少ない結果でした.

結果としてZarit Burden Interview Short Form,Careigiver Burden Scale,Positive Aspects of Caregiving Questionnaireについては裏付けとなる科学的根拠が見出されました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: There is a wide variety of impact of caregiving measures. The present study provided a detailed overview of what is known about clinimetric characteristics of 18 different measures repeatedly used in research. The overview provides clinicians a guidance of appropriate measure selection. PROSPERO registration: CRD42018094796

介護負担とい一言でいってもその影響は多岐にわたります.

この研究では,研究で繰り返し使用されている18の異なる尺度の臨床的特徴について詳細な概要が示されました.

この概観は臨床家に適切な尺度選択の指針を提供するものと考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

リハビリテーションへの影響

IMPLICATIONS FOR REHABILITATION Clinicians should be aware that information about measure development and clinimetric properties for most measures used to assess impact of informal caregiving is incomplete. Most supporting evidence was found for the Zarit Burden Interview Short Form, Caregiver Burden Scale and Positive Aspects of Caregiving Questionnaire. This overview of clinimetric properties provides clinicians guidance for selection of an appropriate measure.

臨床で勤務する専門職は,介護負担を評価するために使用される多くの尺度の開発および臨床的特性に関する情報が不完全であることに注意する必要があります.

なかでもZarit Burden Interview Short Form,Careegiver Burden Scale,Positive Aspects of Caregiving Questionnaireには裏付けとなる根拠が見出されました.

 

今回は介護負担に関する評価尺度に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

介護負担に関する評価がこれだけ多く存在するとは知りませんでした.

結果としては質が比較的高いとされており,日本語版も公表されているZarit Burden InterviewやCRAあたりを使用するのが妥当なのでしょうね.

ちなみにZarit Burden Interview の使用は有料ですが,CRAは引用を明記すれば無料使用も可能です.

われわれ理学療法士・作業療法士の視点として,介護負担という指標をアウトカムにして介入効果を検証することも重要でしょうね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました