脊椎変形や椎間板変性があるからといって腰痛が出現するわけではない

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脊椎変形や椎間板変性があるからといって腰痛が出現するわけではない

理学療法士・作業療法士が担当するクライアントの中でも腰痛を合併した症例は少なくないと思います.

腰痛がある場合には脊椎変形や椎間板変性といった器質的な問題が存在する場合もあれば,器質的な問題がない場合もあります.

いわゆる非特異的腰痛なんていうのは器質的な問題がない場合に出現する腰痛ですね.

ただ実際には脊椎変形や椎間板変性のような器質的な問題が存在しても腰痛を訴えられないクライアントも多く存在します.

今回は脊椎変形および椎間板変性と腰痛との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

greyscale photography of skeleton

 

 

 

 

 

 

 

今回紹介する論文

Review AJNR Am J Neuroradiol. 2015 Apr;36(4):811-6. doi: 10.3174/ajnr.A4173. Epub 2014 Nov 27.

Systematic literature review of imaging features of spinal degeneration in asymptomatic populations

W Brinjikji 1, P H Luetmer 2, B Comstock 3, B W Bresnahan 4, L E Chen 4, R A Deyo 5, S Halabi 6, J A Turner 7, A L Avins 8, K James 4, J T Wald 1, D F Kallmes 1, J G Jarvik 9

Affiliations expand

PMID: 25430861 PMCID: PMC4464797 DOI: 10.3174/ajnr.A4173

今回ご紹介する論文は2015年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景と目的

Background and purpose: Degenerative changes are commonly found in spine imaging but often occur in pain-free individuals as well as those with back pain. We sought to estimate the prevalence, by age, of common degenerative spine conditions by performing a systematic review studying the prevalence of spine degeneration on imaging in asymptomatic individuals.

脊椎の画像診断では変性変化がよく見られますが,こういった変性変化は腰痛のある人だけでなく腰痛のない人にも多く見られます.

この研究では,無症状例の画像上の脊椎変性の有病率を研究するシステマティックレビューを行うことによって,一般的な脊椎変性疾患の有病率を年齢別に推定することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: We performed a systematic review of articles reporting the prevalence of imaging findings (CT or MR imaging) in asymptomatic individuals from published English literature through April 2014. Two reviewers evaluated each manuscript. We selected age groupings by decade (20, 30, 40, 50, 60, 70, 80 years), determining age-specific prevalence estimates. For each imaging finding, we fit a generalized linear mixed-effects model for the age-specific prevalence estimate clustering in the study, adjusting for the midpoint of the reported age interval.

2014年4月までに発表された英文文献のうち,無症候性の対象における画像所見(CTまたはMR画像)の有病率を報告した論文を対象としてシステマティックレビューを実施しております.

2名のレビュアーが論文をを評価しております.

年齢を10年(20歳,30歳,40歳,50歳,60歳,70歳,80歳)ごとにグループ分けし,年齢別の有病率推定値を決定しております.

画像所見について,報告されている年齢間隔の中点を調整し,研究における年齢別有病率推定値のクラスタリングについて,一般化線形混合効果モデルを適合させております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Thirty-three articles reporting imaging findings for 3110 asymptomatic individuals met our study inclusion criteria. The prevalence of disk degeneration in asymptomatic individuals increased from 37% of 20-year-old individuals to 96% of 80-year-old individuals. Disk bulge prevalence increased from 30% of those 20 years of age to 84% of those 80 years of age. Disk protrusion prevalence increased from 29% of those 20 years of age to 43% of those 80 years of age. The prevalence of annular fissure increased from 19% of those 20 years of age to 29% of those 80 years of age.

最終的に無症状例3110例の画像所見を報告した33の論文がこの研究の包含基準を満たしておりました.

無症状例における椎間板変性の有病率は,20歳代で37%でありましたが,80歳代で96%に増加しました.

椎間板膨隆の有病率は20歳代で30%でありましたが,80歳代で84%まで増加しております.

椎間板突出の有病率は20歳代で29%でありましたが,80歳代で43%まで増加しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Imaging findings of spine degeneration are present in high proportions of asymptomatic individuals, increasing with age. Many imaging-based degenerative features are likely part of normal aging and unassociated with pain. These imaging findings must be interpreted in the context of the patient’s clinical condition.

脊椎変性の画像所見は,無症状例に高い割合で見られ,年齢とともに増加することが明らかとなりました.

多くの画像所見に基づく変性は,正常な老化の一部である可能性が高く,疼痛とは無関係であると考えられます.

これらの画像所見は,クライアントの臨床状態と照らし合わせて解釈する必要があります.

 

今回は脊椎変形および椎間板変性と腰痛との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から考えると画像所見と腰痛との関連性が低いことが改めて分かります.

腰痛症例の骨や椎間板が変性しているから疼痛が改善しないというのは誤りですよね.

特に80代ともなると椎間板変性が存在するのが当たり前であるといった視点をわれわれ理学療法士・作業療法士も持っておく必要がありそうですね.

 

タイトルとURLをコピーしました