大腿骨近位部骨折例に対する中殿筋への電気刺激療法の効果

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨近位部骨折例に対する中殿筋への電気刺激療法の効果

大腿骨近位部骨折例といえば歩行の再獲得が非常に重要となります.

大腿骨近位部骨折例の歩行能力に影響を与える要因の1つとして股関節外転筋力が挙げられます.

大腿骨近位部骨折後には手術侵襲や大腿骨頸部の短縮に伴って股関節外転筋力が低下しやすいことも示されております.

そのため中殿筋をはじめとする股関節外転筋群へのアプローチは重要となります.

今回は大腿骨近位部骨折例に対する中殿筋への電気刺激療法の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Lightning, Storm, Weather, Sky, Thunder, Strike, Bolt

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Physiother Theory Pract. 2020 Dec 23;1-11. doi: 10.1080/09593985.2020.1864798. Online ahead of print.

The effect of gait training with low-intensity neuromuscular electrical stimulation of hip abductor muscles in two patients following surgery for hip fracture: Two case reports

Kazuya Takeda 1, Soichiro Koyama 2, Koji Shomoto 3, Kosuke Ushiroyama 1, Yuki Naoi 1, Tomoko Nagai 1, Hiroaki Sakurai 2, Yoshikiyo Kanada 2, Shigeo Tanabe 2

Affiliations expand

PMID: 33355512 DOI: 10.1080/09593985.2020.1864798

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The rate of force development (RFD) is an indicator of muscle strength. A previous study reported that the RFD of hip abductor muscles was increased by neuromuscular electrical stimulation (NMES) to gluteus medius (GM) during gait in healthy adults. However, the effects for patients following femoral head replacement for hip fracture are unclear.

Rate of force development(RFD)は筋力の指標となります.

先行研究では健常成人における歩行時の中殿筋に対する神経筋電気刺激(NMES)によって股関節外転筋のRFDが増加したことが報告されております.

しかしながら大腿骨近位部骨折後の人工骨頭置換術例に対する中殿筋への電気刺激療法の効果は不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The aim of this case report was to investigate the effects of gait training with sub-motor threshold NMES on RFD of hip abductor muscles in two patients following femoral head replacement for hip fracture compared to gait training without NMES.

この研究(症例報告)では大腿骨頸部骨折後の人工骨頭置換術例2例を対象として,神経筋電気刺激を用いない歩行トレーニングと比較して,運動閾値下の神経筋電気刺激を用いた歩行トレーニングが股関節外転筋のRFDに及ぼす影響を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

症例供覧

Case description: Two elderly patients following femoral head replacement for hip fracture received both interventions of gait training with sub-motor threshold NMES to GM and without NMES. Intervention phases involved 14 sessions each, for 28 sessions total. Outcomes: The RFD of hip abductor muscles, maximum walking speed, six-minute walk distance (6MWD), Berg Balance Scale, one-leg standing time (OLST), functional independence measure, and Numeric Pain Rating Scale (NPRS) were used as outcome measures.

大腿骨頸部骨折に対して人工骨頭置換術を行ったの2例を対象として,運動閾値以下の神経電気刺激療法を中殿筋に行った歩行トレーニングと,神経筋電気刺激を用いない歩行トレーニングの2種類の介入を実施しております.

介入の段階では,それぞれ14セッション,合計28セッションを実施しております.

 

 

 

 

 

 

アウトカム

股関節外転筋のRFD,最大歩行速度,6分間歩行距離,Berg Balance Scale,片足立ち時間,機能的自立度測定,NRSをアウトカムとしております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

In both patients, RFD, 6MWD, OLST, and NPRS were improved by gait training with NMES compared to without NMES.

2例において,NMESを用いた歩行トレーニングはNMESを用いない場合と比較して,RFD,6MWD,片脚立ち時間,NRSが改善しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our results suggest the potential of NMES as a treatment methodology for these two patients undergoing femoral head replacement for hip fracture.

この研究結果から大腿骨頸部骨折に対して人工骨頭置換術を施行した2例の治療法としてNMESの可能性があります.

 

今回は大腿骨近位部骨折例に対する中殿筋への電気刺激療法の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

多くのパフォーマンステストに改善が得られており,加えて疼痛にも改善が得られておりますので,非常に興味深い結果ですね.

今後多標本実験計画法を用いたデータの公表が待たれますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました