スポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのか?

コンタクトスポーツに限らずアスリートというのは関節への負荷という面で考えるとかなり大きなストレスを強いられながらスポーツ動作を行っていることになります.

ここで疑問に感じるのが,スポーツ選手は一般の健常者に比較して将来的な下肢人工関節リスクが高まるのかといった点です.

今回はスポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのかについて明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man in green 5 American football jersey holding ball

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMJ Open Sport Exerc Med. 2020 Sep 7;6(1):e000833. doi: 10.1136/bmjsem-2020-000833. eCollection 2020.

Prevalence of total hip and knee arthroplasty in former National Football League players: comparison with the general US population and other populations of professional athletes

Adam S Tenforde 1 2, Bryan Cortez 2, Jillian Baker 2, Joanne Borg-Stein 1 2, Meagan Wasfy 2 3, Aaron L Baggish 2 3, Ross Zafonte 1 2

Affiliations expand

PMID: 33062305 PMCID: PMC7520548 DOI: 10.1136/bmjsem-2020-000833

今回ご紹介する論文は2020年に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: To evaluate the prevalence of total hip arthroplasty (THA) and total knee arthroplasty (TKA) in a population of former National Football League (NFL) players.

この研究では元ナショナルフットボールリーグ(NFL)選手集団における人工股関節全置換術(THA)および人工膝関節全置換術(TKA)の有病率を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Participants were 3913 former NFL players (participation in years 1960-2019) who completed either an online or mailed survey that included self-reported TKA and THA, year(s) of surgery and date of birth. The prevalence of TKA and THA was reported by age category and compared to published cohorts of athlete populations and general population of non-athletes in the USA.

対象はTKAとTHAの自己申告,手術年,生年月日を含むオンラインまたは郵送の調査に記入した元NFL選手3913例(1960年~2019年参加)でありました.

TKAとTHAの有病率を年齢別に報告し,公表されているアスリート集団や米国の非アスリートの一般集団と比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 12.3% and 8.1% of sample reported TKA and THA, respectively. The prevalence of both TKA and THA was higher in former NFL players compared to US non-athletes across all ages. Prevalence of TKA was not statistically higher than in other former athlete cohorts but performed at younger ages. The prevalence of TKA and THA was higher than in other cohorts of former NFL players.

対象集団におけるTKAおよびTHAの有病率はそれぞれ12.3%,8.1%でありました.

TKAとTHAの両方の有病率は,元NFL選手の方が米国の非アスリートと比較して全年齢で高い結果でありました.

TKAの有病率は他の元アスリート集団と比較して統計的には高くありませんでしたが,若年層では高い結果でありました.

またTKAとTHAの有病率は他の元NFL選手のコホートより高い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Former NFL players had higher prevalence of arthroplasty than the general population, suggesting prior participation in American-style football may contribute to elevated risk for arthroplasty at younger ages. Understanding risk factors in style of play, lifestyle and other contributors is important to improve joint health of this population.

元NFL選手は一般集団よりも人工関節全置換術の有病率が高かったことから,アメリカンスタイルのサッカーに以前から参加していたことが,若い年齢での人工関節全置換術のリスク上昇に寄与している可能性が示唆されました.

プレースタイル,ライフスタイル,その他の要因における危険因子を理解することは,スポーツ選手における関節の健康を改善するために重要であると考えられます.

 

今回はスポーツ選手は将来的な下肢人工関節リスクが高くなるのかについて明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

予想通りの結果ではありますが,やはり将来的な人工関節リスクが一般集団よりも高いといった結果でありました.

今後はスポーツ選手の人工関節リスクを軽減するために理学療法士が何ができるかを考えることも新たな職域を拡大する上で重要になるかもしれませんね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました