人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるか?

人工膝関節全置換術では内反が高度な場合には,内反強制を図るために膝関節内側を走行する組織のリリースがなされることがあります.

リリースにより可動性は向上するわけですが,場合によっては不安定性が強くなる症例も経験します.

今回は人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Surgery, Surgeons, Operation, Medical, Health, Doctors

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020 Sep 2. doi: 10.1007/s00167-020-06257-1. Online ahead of print.

Effect of medial collateral ligament release and osteophyte resection on medial laxity in total knee arthroplasty

Shizuka Sasaki 1, Eiji Sasaki 2, Yuka Kimura 2, Harehiko Tsukada 3, Hironori Otsuka 4, Yuji Yamamoto 2, Eiichi Tsuda 5, Yasuyuki Ishibashi 2

Affiliations expand

PMID: 32876711 DOI: 10.1007/s00167-020-06257-1

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

本邦で行われた臨床研究ですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The concept of medial stabilizing technique total knee arthroplasty (MST-TKA) is to minimize the medial release without the superficial layer of medial collateral ligament (MCL). However, it is unclear at what stage the proper medial laxity is obtained during surgery. The purpose of this study was to investigate the implication of deep layer of MCL (dMCL) and osteophyte resection on medial laxity during MST-TKA.

MST-TKAのコンセプトは,内側側副靭帯(MCL)の表在層を介さずに膝関節内側のlaxityを最小限にとどめることにあります.

しかしながら手術時にどの段階で適切な膝関節内側安定性が得られるかは不明であります.

この研究ではMST-TKAにおけるMCL深層部(dMCL)と骨棘切除が膝関節内側のlaxityに及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A total of 103 consecutive patients who underwent cruciate-retaining TKA using the navigation system were included. The intraoperative hip-knee-ankle (HKA) angle was recorded under three conditions (no stress, valgus, and varus stress) at four time points after the resection of the anterior cruciate ligament (ACL) and meniscus (1st evaluation), after the dMCL release (2nd evaluation), and after osteophyte resection on both the femoral and tibial side (3rd evaluation). To assess valgus laxity, the differences in intraoperative HKA angle between 1st and 2nd evaluation (stage 1) and between 2nd and 3rd evaluation (stage 2) were calculated.

ナビゲーションシステムを用いてCR型の人工膝関節全置換術を施行した連続103例を対象としとしております.

前十字靭帯(ACL)と半月板の切除後(第1評価),MCL深層部(dMCL)リリース後(第2評価),大腿側と脛骨側の骨棘切除後(第3評価)の4つの時点で,術中の股・膝-足関節(HKA)角度を3つの条件で測定しております.

また関節laxityを評価するために,第1評価と第2評価,第2評価と第3評価における術中HKA角度の差を算出ししております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Under the valgus stress condition, the intraoperative HKA angle change in stage 2 was significantly larger than that in stage 1 in full extension (stage 1; – 0.5 ± 1.0°, stage 2; – 2.0 ± 1.3°, p < 0.001) and 30° flexion (stage 1; – 0.8 ± 1.4°, stage 2; – 1.5 ± 2.0°, p = 0.008). There were no significant differences at 60° and 90° of knee flexion. Under the no stress and varus stress conditions, there were no significant differences in knee flexion at all angles.

外反ストレス下における術中HKA角度変化は,ステージ2における完全伸展および膝関節屈曲30°でステージ1に比べて有意に大きい結果でありました.

膝関節屈曲60°と膝関節屈曲90°では有意差は認められませんでした.

内外反ストレス無しの条件および内反ストレス条件では,すべての角度で膝の屈曲に有意差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The medial laxity during MST-TKA increased significantly more after dMCL release and osteophyte resection than after just dMCL release at full extension and 30° flexion, and it was, therefore, considered that osteophyte resection is a key procedure for a successful MST-TKA.

MST-TKAにおける膝関節内側laxityは,完全伸展時と膝関節屈曲30°のdMCLリリースのみの場合よりも,dMCLリリースと骨棘切除後の方が有意に増加しており,骨棘切除がMST-TKAにおけるlaxityを考えるうえで重要であると考えられます.

 

今回は人工膝関節全置換術における内側支持機構のリリースは人工膝関節の安定性に影響を与えるかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると内側支持機構のリリースが行われている場合にはMCLのリリースのみならず骨棘切除がどの程度行われているかを考慮することが重要であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました