アクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用か?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用か?

人工膝関節全置換術(TKA)後の理学療法・作業療法において膝関節屈曲可動域の改善は非常に重要となります.

人工膝関節全置換術(TKA)症例の膝関節屈曲可動域改善を目的としてCPMが用いられておりましたが,最近はCPMを使用しない医療機関も増えてきております.

今回はアクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用かを明らかにした研究報告をご紹介させていただきます.

person wearing distressed blue denim jeans inside room

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020 Aug 10. doi: 10.1007/s00167-020-06181-4. Online ahead of print.

Active heel-slide exercise therapy facilitates the functional and proprioceptive enhancement following total knee arthroplasty compared to continuous passive motion

Musa Eymir 1, Mehmet Erduran 2, Bayram Ünver 3

Affiliations expand

PMID: 32778907 DOI: 10.1007/s00167-020-06181-4

今回ご紹介する論文は2020年に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The aim was to compare active heel-slide exercise (AHSE) + standard physiotherapy (PT) to continuous passive motion (CPM) + standard PT during inpatient rehabilitation of total knee arthroplasty (TKA) patients in terms of postoperative outcomes.

この研究では人工膝関節全置換術(TKA)例の入院リハビリテーション中の標準的理学療法に加えてアクティブヒールスライドエクササイズを行った群と標準的理学療法に加えてCPMを行った群における術後アウトカムを比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Patients were randomly assigned into AHSE or CPM groups. Both groups received standard PT (range of motion and strengthening exercises, and ambulation) during hospital stay. Patients were evaluated regarding functional outcomes, knee proprioception, pain intensity, active range of motion, knee circumference, length of hospital stay, time for achieving straight leg raise actively, time for achieving 70° knee flexion.

対象者を標準的理学療法に加えてアクティブヒールスライドエクササイズを行った群と標準的理学療法に加えてCPMを行った群に無作為に割り付けております.

両群ともに入院中に標準的な理学療法(可動域運動・筋力強化運動・歩行練習)を実施しております.

この2群間においてクライアントの機能的転帰,膝関節固有感覚,疼痛強度,自動可動域,膝関節周囲長,入院期間,SLR保持時間,膝関節屈曲70°獲得までの期間を比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Groups were similar at baseline (n.s.). At discharge, AHSE group was better in terms of pain intensity (p < 0.001), Hospital for Special Surgery knee score (p = 0.001), rise from sitting (p = 0.015), ascend/descend stairs (p = 0.038), and timed up and go test (p = 0.028) compared to CPM group. AHSE group was able to perform the straight leg raise earlier than CPM group during inpatient period (p = 0.001) and demonstrated improved proprioception at discharge and at 3-month follow-up (p < 0.05). No statistical differences were detected between groups in other evaluation parameters (n.s.).

結果ですが,ベースライン時の群間差は認めておりません.

退院時に標準的理学療法に加えてアクティブヒールスライドエクササイズを行った群は標準的理学療法に加えてCPMを行った群に比較して,疼痛強度,Hospital for Special Surgery膝スコア,座位からの立ち上がり,階段の昇降,TUGが有意に良好でありました.

また標準的理学療法に加えてアクティブヒールスライドエクササイズを行った群は標準的理学療法に加えてCPMを行った群に比較し入院期間中に早期にSLRが可能となり,退院時および術後3ヵ月後のフォローアップ時の関節固有知覚に改善を認めました.

その他の評価項目では群間で統計学的な有意差は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our findings support AHSE therapy offers a more functional rehabilitation and leads beneficial results for patients following TKA. Therefore, active exercise approach encouraging patients to participate in their rehabilitation should be first choice in acute postoperative rehabilitation following TKA rather than CPM.

この研究から標準的理学療法に加えてアクティブヒールスライドエクササイズを行うことが,より機能的なリハビリテーションを提供し,人工膝関節全置換術(TKA)後のクライアントに有益な結果をもたらすことが明らかとなりました.

したがって人工膝関節全置換術(TKA)後の急性期リハビリテーションにおいては,CPMよりも患者のリハビリテーションへの参加を促す積極的な運動アプローチを第一選択とすべきであると考えられます.

 

今回はアクティブヒールスライドとCPMは人工膝関節全置換術(TKA)後の屈曲可動域改善にどちらが有用かを明らかにした研究報告をご紹介させていただきました.

アクティブヒールスライドは理学療法士がクライアントに指導を行うことの多い運動の1つだと思いますが,CPMより効果的という結果は興味深いですね.

やはり自動運動を主体としたエクササイズの方が関節可動域以外の部分で有益である可能性が高いですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました