理学療法士の平均年齢は?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士の平均年齢は?

先日,日本理学療法士協会から第49回定時総会の議案書が公開されました.

以前から他職種に比較すると平均年齢が若いといわれている理学療法士ですが,2019年度の最新データが公開されました.

理学療法士の平均年齢は何歳になったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士の平均年齢は?

気になる理学療法士の平均年齢ですが,男性は34.4歳,女性は33.5歳といった結果でありました.

これはあくまで日本理学療法士協会所属の理学療法士の平均ということですので,理学療法士国家試験合格直後には日本理学療法士協会に入会する者の,年数が経過すると退会する理学療法士が多い現状を踏まえると,理学療法士全体の平均年齢というのはもう少し高いのではないかと思います.

以前のデータに比較すると1歳程度平均年齢が上がっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士の年代区分は?

年代区分 男性会員数 女性会員数
21-25 13,015 9,588
26-30 18,306 12,514
31-35 16,674 9,619
36-40 10,286 7,100
41-45 8,051 5,386
46-50 4,803 2,677
51-55 2,624 1,501
56-60 1,469 639
61-65 567 105
66-70 247 34
71-75 85 9
76以上 63 10
総計 76,190 49,182

理学療法士の年代区分はこんな感じです.

まだまだ20代の理学療法士が多いといった印象です.

グラフを見てわかるように実に約4割は20代の理学療法士ということになります.

こう見るとまだまだ若い職種であることは変わりありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の職種は?

他の職種の平均年齢というのはどのくらいなのでしょうか?

  • 看護師:38.9歳
  • 医師(病院勤務):43.9歳
  • 薬剤師:46.0歳
  • 放射線技師平均年齢:40.4歳
  • 臨床検査技師:38.6歳

他職種のデータを見てもまだまだ理学療法士は平均年齢が若いということが分かります.

 

 

 

 

今回は最新のデータに基づいて理学療法士の平均年齢について考えてみました.

まだまだ理学療法士の平均年齢が若いことがはっきりしましたね.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました