人工膝関節全置換術(TKA)後の深部静脈血栓症(DVT)がセルフマッサージで予防できる?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後の深部静脈血栓症(DVT)がセルフマッサージで予防できる?

人工膝関節全置換術後の合併症の1つとして深部静脈血栓症が挙げられます.

深部静脈血栓症から肺血栓塞栓症が起こると致死的な状態に陥ってしまいますので理学療法士・作業療法士にとっても深部静脈血栓症の予防というのは非常に重要となります,

特に人工膝関節全置換術例においては術中に大腿部・下腿部を駆血することとなりますので,血流が滞りやすく人工股関節全置換術に比較しても深部静脈血栓症の発症率が高いことが明らかにされております.

理学療法士・作業療法士もさまざまな介入によって深部静脈血栓症の予防に取り組んでおりますが,今回は深部静脈血栓症予防を目的とした腓腹部のセルフマッサージの効果を明らかにした無作為化比較試験をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J-STAGE home/Physical Therapy Research/Volume 23 (2020) Issue 1/Article overview

Scientific Research Article

Effect of self-calf massage on the prevention of deep vein thrombosis after total knee arthroplasty: A randomized clinical trial

Tomohiro OKA, Osamu WADA, Shingo NITTA, Hideto MARUNO, Kiyonori MIZUNO

今回ご紹介する論文は2020年に日本理学療法士協会の英文誌に掲載された新しい内容です.

本邦で行われた臨床研究です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Deep vein thrombosis (DVT) is a severe complication after total knee arthroplasty (TKA). Performing self-calf massage may decrease the incidence of DVT. The purpose of this study was to investigate whether self-calf massage is effective for preventing DVT after TKA.

深部静脈血栓症(DVT)は人工膝関節全置換術(TKA)後に起こる重篤な合併症の1つです.

腓腹部のセルフマッサージを行うことで深部静脈血栓症の発生率が低下する可能性があります.

この研究では人工膝関節全置換術例に対する腓腹部のセルフマッサージが深部静脈血栓症の予防に与える影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: In all, 165 patients participated in the present study. Patients were randomized to one of two groups: the self-calf massage group or the control group. In the control group, patients started regular physical therapy. In the self-calf massage group, in addition to regular physical therapy, patients were instructed to massage their calf muscles 30 times from the distal to proximal side. This procedure was repeated three times and was completed in 2 mins during the 2 days following TKA. All patients were evaluated for DVT on postoperative day 3 using lower limb vein ultrasonography.

この研究の対象は人工膝関節全置換術例165例となっております.

165例を腓腹部のセルフマッサージを行う群と対照群の2つのグループに無作為に割り付けております.

対照群は定期的な理学療法を行い,腓腹部のセルフマッサージを行った群は,通常の理学療法に加えて腓腹部の筋を遠位側から近位側に向かって30回のマッサージを行っております.

人工膝関節全置換術後2日間,2分の間この手順を3回繰り返し,術後3日目に下肢静脈超音波検査で深部静脈血栓症の有無を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The incidence of DVT was significantly lower in the self-calf massage group than in the control group. Self-calf massage was associated with a lower incidence of DVT, whereas age and female sex were risk factors for DVT.

腓腹部のセルフマッサージを行った群では対照群に比べて深部静脈血栓症の発生率が有意に低い結果でありました.

腓腹部のセルフマッサージは深部静脈血栓症の発生率の低下と関連しておりましたが,年齢と性別(女性)も深部静脈血栓症の危険因子でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This study showed that the self-calf massage may be beneficial for the prevention of DVT after TKA.

この研究の結果から腓腹部のセルフマッサージは人工膝関節全置換術例に対する深部静脈血栓症の予防に有効であることが明らかとなりました.

 

今回は深部静脈血栓症予防を目的とした腓腹部のセルフマッサージの効果を明らかにした無作為化比較試験をご紹介させていただきました.

腓腹部のセルフマッサージで深部静脈血栓症の予防を図れるというのは,方法が簡易であり理学療法士・作業療法士が簡単に行えるといった点を考えても非常に有益ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました