連続歩行距離を短くして休息を入れると変形性膝関節症例の関節負荷は小さくなるのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

連続歩行距離を短くして休息を入れると変形性膝関節症例の関節負荷は小さくなるのか?

変形性膝関節症例においては関節負荷を軽減しながら,身体活動量を維持するといった相反する課題の達成が要求されます.

理学療法士や作業療法士にとっても変形性膝関節症に対してウォーキング指導を行う際に重要となるのが連続歩行距離です.

歩行距離が長くなればなるほど膝関節痛が出現するといった方も多いわけですが,連続歩行距離を短くして休息を含めると変形性膝関節症例の関節負荷は小さくなるのでしょうか?

今回は連続歩行距離を短くして休息を含めると変形性膝関節症例の関節負荷は小さくなるのかについて明らかにした報告をご紹介させていただきます.

shallow focus photography of person walking on road between grass

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Gait Posture. 2017 Jul;56:129-133. doi: 10.1016/j.gaitpost.2017.05.015. Epub 2017 May 17.

The Influence of Continuous Versus Interval Walking Exercise on Knee Joint Loading and Pain in Patients With Knee Osteoarthritis

Shawn Farrokhi 1, Prakash Jayabalan 2, Jonathan A Gustafson 3, Brian A Klatt 4, Gwendolyn A Sowa 5, Sara R Piva 6

Affiliations expand

PMID: 28544950 PMCID: PMC5669616 DOI: 10.1016/j.gaitpost.2017.05.015

今回ご紹介する論文は2017年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate whether knee contact force and knee pain are different between continuous and interval walking exercise in patients with knee osteoarthritis (OA).

この研究では変形性膝関節症(OA)患者を対象として,連続歩行運動とインターバル歩行運動で膝関節圧縮応力と膝痛が異なるか否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Twenty seven patients with unilateral symptomatic knee OA completed two separate walking exercise sessions on a treadmill at 1.3m/s on two different days: 1) a continuous 45min walking exercise session, and 2) three 15min bouts of walking exercise separated by 1h rest periods for a total of 45min of exercise in an interval format. Estimated knee contact forces using the OpenSim software and knee pain were evaluated at baseline (1st minute of walking) and after every 15min between the continuous and interval walking conditions.

対象は片側性の変形性膝関節症例27例となっております.

対象はトレッドミルを用いた1.3m/sでの歩行運動を2日に分けて行っております.

1日目は45分間連続して歩行する条件, 2日目は15分の歩行運動を1時間の休憩を挟みながら3回(計45分間)行う条件としております.

OpenSimソフトウェアを用いて推定された膝関節圧縮応力と膝痛は,ベースライン(歩行開始1分目)と15分ごとに連続歩行・インターバル歩行の間で評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A significant increase from baseline was observed in peak knee contact force during the weight-acceptance phase of gait after 30 and 45min of walking, irrespective of the walking exercise condition. Additionally, whereas continuous walking resulted in an increase in knee pain, interval walking did not lead to increased knee pain.

歩行条件に関わらず,30分後と45分後の体重支持期における膝関節圧縮応力ピーク値は,ベースラインからの有意な増加が観察されました.

また連続歩行では膝痛の増加が認められましたが,インターバル歩行では膝痛の増加は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Walking exercise durations of 30min or greater may lead to undesirable knee joint loading in patients with knee OA, while performing the same volume of exercise in multiple bouts as opposed to one continuous bout may be beneficial for limiting knee pain.

歩行運動の持続時間が30分以上の場合には,軟骨損傷を惹起するような膝関節に好ましくない負荷がかかる可能性がありますが,1回の連続歩行ではなく複数回に分けて同じ量の運動を行うことで,膝痛の抑制に有益である可能性があります.

 

今回は連続歩行距離を短くして休息を含めると変形性膝関節症例の関節負荷は小さくなるのかについて明らかにした報告をご紹介させていただきました.

連続歩行距離が延長すると筋持久力等の問題で歩容が崩れる症例って少なくありませんもんね.

歩容の乱れが関節モーメントを増大させ,膝関節の圧縮応力および膝関節痛を増悪させる可能性は高いと考えられますので,理学療法士・作業療法士も連続歩行距離に着目して歩行指導を行う必要がありますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました