変形性膝関節症例に対する寒冷療法は効果がないことが明らかに?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する寒冷療法は効果がないことが明らかに?

寒冷療法といえば古くから理学療法士の間で行われてきた物理療法の1つです.

有痛性疾患の代表である変形性膝関節症例に対しても除痛目的で寒冷療法が用いられることがあります.

ただ昨今は寒冷療法というのはどちらかというとその効果に関して疑問を投げかけるような論文も増えております.

組織の血流を減少させてしまい,組織治癒を阻害してしまうと考える理学療法士が増えてきているのも事実です.

今回は変形性膝関節症例に対する寒冷療法の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

crystal gemstones

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Physiother. 2019 Oct;65(4):215-221. doi: 10.1016/j.jphys.2019.08.004. Epub 2019 Sep 11.

Short-term cryotherapy did not substantially reduce pain and had unclear effects on physical function and quality of life in people with knee osteoarthritis: a randomised trial.

Dantas LO1, Breda CC1, da Silva Serrao PRM1, Aburquerque-Sendín F2, Serafim Jorge AE1, Cunha JE1, Barbosa GM1, Durigan JLQ3, Salvini TF4.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Does short-term cryotherapy improve pain, function and quality of life in people with knee osteoarthritis (OA)?

この研究の目的は変形性膝関節症例に対する寒冷療法の短期的な効果(疼痛,機能,QOL)を明らかにすることとされております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Randomised controlled trial with concealed allocation, blinded assessment of some outcomes, and intention-to-treat analysis.

研究デザインは無作為化比較試験です.

割付,評価は盲検化されITT解析が用いられております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対象

People living in the community with knee OA.

対象は地域に在住している変形性膝関節症例となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介入

The experimental group received cryotherapy, delivered as packs of crushed ice applied to the knee with mild compression. The control group received the same regimen but with sham packs filled with sand. The interventions were applied once a day for 4 consecutive days.

介入群は寒冷療法(氷を壊してパックした氷嚢を軽い圧力で膝に当てる)を施行されております.

対象群は介入群と同様の方法でパックを軽い圧力で膝にあてる(ただしパックの中には砂が入っている)といった条件で研究が行われております.

介入は1日1回4日間連続して行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトカムの設定

Participants were assessed at baseline and on the day after the 4-day intervention period. The primary outcome was pain intensity according to a visual analogue scale. Secondary outcomes were baseline to post-intervention changes according to the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis, Knee injury and Osteoarthritis Outcome; Timed Up and Go test; and 30-Second Chair to Stand test.

対象者に対して介入前のベースラインと介入4日後に評価を行っております.

主要アウトカムはVASによる疼痛の強さとし,副次的なアウトカムとしてWOMAC,KOOS,TUG,CS-30のベースラインから介入後における変化量を用いております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Sixty participants were randomised into the experimental group (n = 30) or the control group (n = 30). Twenty-nine participants from each group completed the trial. The mean between-group difference in change in pain severity was -0.8 cm (95% CI -1.6 to 0.1), where negative values favour the experimental group. This result did not reach the nominated smallest worthwhile effect of 1.75 cm. The secondary outcomes had less-precise estimates, with confidence intervals that spanned worthwhile, trivial and mildly harmful effects.

変形性膝関節症例60例を介入群30例と,対照群30例に無作為に割り付けております.

両群ともに29例が最後まで研究を遂行しております.

両群間の疼痛の変化量の差は0.8cm(95%信頼区間:-1.6~0.1)でありました.

この差は意味のある最少可検変化量1.75未満の差でありました.

副次的なアウトカムについても意味のある変化量ではなく,平均推定値は介入群で良い傾向にありましたが,寒冷療法が有用・無効または有害である可能性を排除しない広い信頼区間でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Short-term cryotherapy was not superior to a sham intervention in terms of relieving pain or improving function and quality of life in people with knee OA. Although cryotherapy is considered to be a widely used resource in clinical practice, this study does not suggest that it has an important short-term effect, when compared with a sham control, as a non-pharmacological treatment for people with knee osteoarthritis.

変形性膝関節症例に対する短期的な寒冷療法の施行は,シャム刺激(砂による介入)に比較して疼痛・機能・QOLの改善に有効ではないことが明らかとなりました.

 

今回は変形性膝関節症例に対する寒冷療法の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

変形性膝関節症例を対象に寒冷療法を行っても,疼痛を緩和するという点では偽コントロールよりも実質的に優れておらず,機能面とQOLについてもその効果は微妙だということですね.

われわれ理学療法士も用いることが多い寒冷療法ですから,この結果を真摯に受け止め,日々の臨床に活かしていきたいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました