来年度は理学療法士・作業療法士の求人が激減しそう

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

来年度は理学療法士・作業療法士の求人が激減しそう

理学療法士・作業療法士の就職活動というと早くても夏から,本格的には秋から,遅い場合は冬から開始されるといった方が多いと思います.

一般企業では既に就職活動の時期に入っておりますが,新型コロナウイルス感染拡大の影響で一般企業の求人数も激減しているようです.

来年度の理学療法士・作業療法士の求人もおそらくあまり期待はできません.

今回は来年度の理学療法士・作業療法士の求人が激減しそうな件について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省の発表によると

厚生労働省が4月28日に発表した3月の有効求人倍率は前月比0.06ポイント低下の1.39倍と急落している状況です.

2016年9月以来3年半ぶりの水準のようで,新型コロナウイルスの感染拡大で企業の経営が悪化し,全都道府県で有効求人倍率が低下している状況です.

事業主の都合による解雇も増加しており,雇用環境は厳しさを増しているようです.

さらに総務省が同日に発表した3月の労働力調査によると,完全失業率(同)は2.5%となっており,これも0.1ポイント上昇しております.

厚生労働省によると,新型コロナを理由とする解雇や雇い止めは,4月24日までで3076人に上っており,今後もさらなる影響が懸念されます.

現在のところ宿泊業など観光関係の産業が多いようですが,今後医療業界をはじめさまざまな業界に余波が拡大しそうです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ来年度の理学療法士・作業療法士求人は激減するのか?

話としては単純です.

医療機関では外来リハビリテーションが縮小され,通所施設では通所利用者が激減し,そもそも理学療法士・作業療法士の仕事が少なくなっているわけです.

当然ながら仕事が無くなれば増員する必要はありませんよね.

既にアルバイトやパートスタッフを解雇したクリニックも出てきている状況ですので,来年度の新規採用というのは非常に厳しい状況です.

通常,施設や病院が増員を図るためには,前年度の実績を経営者へ提出して,増員の要望を出すわけですが,このままリハビリテーション対象者が減少した状態が続けば,増員の要望を提出すること自体が難しいわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床経験の少ない理学療法士・作業療法士は欲しくない

また求人が激減するもう1つの要因として理学療法士・作業療法士の臨床実習がストップしている影響も大きいと思います.

現在の理学療法士・作業療法士養成校における最終学年というのは臨床実習経験が少なくなってしまいます.

実習経験が少ないことよりも影響が大きいと思われるのが,臨床実習がストップすることで実習⇒就職といった従来の理学療法士・作業療法士の最も多い就職の流れが絶たれるといったところも大きいでしょう.

理学療法士・作業療法士の業界では実習である程度学生の能力や性格を知った上で採用するといったパターンが多かっただけに臨床実習がなくなるとこういった就職の流れも途絶えてしまうわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年度,理学療法士・作業療法士の求人を探すには

まず現存する医療機関や施設における求人というのは正直なところあまり期待できないと思います.

特に感染拡大が深刻な都道府県ではこういった傾向が顕著となるでしょう.

そういったなかで来年度,理学療法士・作業療法士が求人を探す上では,新規立ち上げの病院・施設・事業所が狙い目となります.

新規立ち上げの病院・施設・事業所というのはあまり多くありませんが,いち早く情報をつかんでおくことが重要になるでしょう.

また新卒理学療法士・作業療法士の就職のみならず,転職に関しても同様です.

非常に厳しい状態が続くでしょう.

同様に新規立ち上げの病院・施設・事業所に関する情報をつかむことが重要となります.

新規立ち上げの病院・施設・事業所というのは求人サイトを利用して,求人を応募するケースが多いです.

ですので新規立ち上げの病院・施設・事業所を探す場合には求人サイトへの登録をお勧めします.

登録は無料ですので,新規立ち上げの病院・施設・事業所への転職を考えておられる方はまずは登録することをお勧めします.

ここでは私自身が過去に登録したことのある転職サイトをご紹介させていただきます.

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

自分の経験年数や年齢をエントリーシートに入力することが可能ですので,新規立ち上げの求人を探しているといった要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

新規立ち上げの病院・施設・事業所への転職を考えているエントリーシートに書き込んでおけばさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

PTOT人材バンク

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

新規立ち上げの病院・施設・事業所への転職を考えているエントリーシートに書き込んでおけばさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートもいただけます.

 

 

 

 

コメント

  1. […] 来年度は理学療法士・作業療法士の求人が激減しそう一般企業では既に就職活動の時期に入っておりますが,新型コロナウイルス感染拡大の影響で一般企業の求人数も激減しているよう […]

タイトルとURLをコピーしました