理学療法士・作業療法士が遠隔研修・会議に参加する上で必要なウェブカメラの選び方

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が遠隔研修・会議に参加する上で必要なウェブカメラの選び方

新型コロナウイルス感染拡大でZOOM等を利用した遠隔セミナーや遠隔での会議が理学療法士・作業療法士界隈でも盛んにおこなわれております.

実際に遠隔セミナーに参加してみると講師の理学療法士・作業療法士の顔がやけにアップだったり,会議に参加した理学療法士・作業療法士のカメラが何となくぼやけていたりってことありませんか?

実はカメラにも性能の差がけっこうありますので,ウェブカメラ選びも重要です.

今回は理学療法士・作業療法士が遠隔研修・会議に参加する上で必要なウェブカメラの選び方について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブカメラ選びのポイント① オートフォーカス機能

まずはウェブカメラを選ぶ上で重要なのがオートフォーカス機能の有無です。

オートフォーカス機能が搭載されていないと,画素数が多かったとしてもボケボケにうつってしまいます.

またオートフォーカス機能の有無は,通販サイトや大手比較サイトにも掲載されていないことが多いので意外な盲点となります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブカメラ選びのポイント② 画角

ウェブカメラを選ぶ際には画角も重要となります.

画角というのは簡単に言うとカメラがどれくらいの角度を撮ることができるかです.

当然ながら画角が60°のカメラよりも120°のカメラの方が広い範囲を撮影ができます.

特にウェブ会議やウェブセミナーでは自分の顔がどう映っているかが気になると思いますが,画角が狭い場合には顔がアップになりすぎてしまいます.

また書類等を見せることが難しくなってしまいます.

一方で画角が広すぎると室内の様子がまるわかりになってしまうといった欠点もあります.

画角の目安としては70°~80°くらいウェブカメラを選択するのがお勧めです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブカメラ選びのポイント③ 画質

画質は1080p/30fpsが理想です.

最低でも720p/30fpsのものを選ぶようにしましょう.

30fpsとはフレームレートのことで,1秒間に30枚の写真を撮ることができるといった意味です.

Fpsが小さくなると動画がカクカクしてしまいます.

中には15fpsというウェブカメラもありますので注意が必要です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブカメラ選びのポイント④ 画質

最近のものにはマイクが付いているタイプが多いですね.

予算と相談となりますが,余裕があればステレオタイプのマイクを選んでおくとパソコン周りがごちゃごちゃしなくて済みますね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブカメラのメーカーは?

私が見ただけでもウェブカメラのメーカーって非常に多いです.

お勧めはこのあたりでしょうか?

 

  • ロジクール
  • エレコム
  • バッファロー
  • サンワサプライ

 

ウェブカメラの場合には,ロジクールが圧倒的におすすめです.

理由としてはオートフォーカスの性能が最も良いためです.

迷ったらロジクールのWEBカメラを購入すれば間違いないでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士にお勧めウェブカメラ

Logicool プロストリーミング ウェブカム C922N

 

 

 

 

HD Webcam C615n

HD Webcam C615nはオートフォーカスが標準搭載されております.

またこのカメラの良いのはカメラが360°回転しますので設置の自由度が高い点です.

さrない折り畳み機能がありますので,理学療法士・作業療法士が出張の際に持ち運ぶにも便利です.

動画性能ですが1080p/30fpsと申し分ありません.

 

Logicool プロストリーミング ウェブカム C922N

HD Webcam C270nは価格が安いことが最大の魅力です.

上の2つのカメラに比較しても安いです.

オートフォーカスは非搭載ですのでくっきりとした動画を撮影することはできませんが,簡単な会議くらいはこれで十分に対応できるでしょう.

視野角も60°と少し狭いのでデスクトップPCにつけて使用すると顔がアップで表示されてしまいます.

このあたりの欠点が気にならなければまずはこのウェブカメラで十分な場合もあるでしょう.

 

 

サンワサプライ CMS-V45S

サンワサプライが製造しているWEBカメラです.

このカメラも10,000円以下ですので初心者はこのあたりで個人的には十分だと考えております.

ただこのWEBカメラの問題点は画角です.

画角が50°ですのでノートPCなんかだと少し使いにくさがあるかもしれません.

ただ画角以外に大きな問題はなく,オートフォーカスもありますし,1080p/30fpsの動画にも対応してます.

また最短撮影距離は7cmであり書類や小物の撮影にも向いています.

 

 

 

 

今回は理学療法士・作業療法士が遠隔研修・会議に参加する上で必要なウェブカメラの選び方について考えてみました.

在宅勤務者が増えた影響で既にウェブカメラは電器店では欠品になっているところも多いです.

ネット上ではまだまだ在庫はあるようですが,購入を考えられている方は早めの購入をお勧めいたします.

コメント

タイトルとURLをコピーしました