膝蓋骨骨折によって人工膝関節全置換術のリスクが上がる

下肢骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝蓋骨骨折によって人工膝関節全置換術のリスクが上がる

膝蓋骨骨折は理学療法士が携わる機会の多い下肢骨折の1つです.

膝蓋骨骨折例では膝関節屈曲可動域に難渋するケースは存在しますが,他の下肢骨折に比較して歩行獲得にはあまり苦労せずに済むことも多いです.

理学療法士として気になるのは膝蓋骨骨折例というのは将来的な変形性膝関節症の発症や人工膝関節全置換術のリスクが上がるのではないかといった点です.

今回は膝蓋骨骨折によって人工膝関節全置換術のリスクが上がるか否かを明らかにした研究報告をご紹介させていただきます.

brown and black wooden bowl and plate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Bone Joint J. 2018 Nov;100-B(11):1477-1481. doi: 10.1302/0301-620X.100B11.BJJ-2018-0312.R2.

Patellar fractures are associated with an increased risk of total knee arthroplasty: A Matched Cohort Study of 6096 Patellar Fractures with a mean follow-up of 14.3 Years.

Larsen P, Rathleff MS, Østgaard SE, Johansen MB, Elsøe R

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The aim of this study was to investigate the incidence of knee arthroplasty and arthroscopy following patellar fractures, and to compare this with an age- and gender-matched group without a prior patellar fracture.

この研究の目的は膝蓋骨骨折例が年齢と性別をマッチさせた膝蓋骨骨折の既往の無い者に比較して,人工膝関節全置換術や関節鏡を行うリスクが上がるか否かを明らかにすることとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象と方法

A national matched cohort study based on the Danish National Patient Register including all citizens of Denmark (approximately 5.3 million) was undertaken. A total of 6096 patients who sustained a patellar fracture in Denmark between 1 January 1996 and 31 December 2000 were included. The median age of these patients was 50.6 years (interquartile range (IQR) 28.5 to 68.9); 49.1% were women. Patients were followed-up until 31 December 2015, with regard to treatment with knee arthroplasty and/or knee arthroscopy.

この調査はデンマークの国民コホートデータベースを用いて行われております.

1996年~2000年までの6096例の膝蓋骨骨折例が対象となっております.

年齢の中央値は50.6歳であり,49.1%が女性でありました.

膝蓋骨骨折例は2015年12月までフォローアップされ,人工膝関節全置換術および膝関節鏡実施の有無が調査されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Patients with a patellar fracture had an increased risk of knee arthroplasty (hazard ratio (HR) 1.83, 95% confidence interval (CI) 1.57 to 2.13) compared with citizens without a patellar fracture, and the effect was strongest during the first five years (HR 3.02, 95% CI 2.26 to 4.03). Patients with a patellar fracture also had a higher risk of knee arthroscopy (HR 3.94, 95% CI 3.49 to 4.46), and the effect was highest during the first five years after the fracture (HR 7.40, 95% CI 6.32 to 8.66).

結果ですが膝蓋骨骨折の既往のある者は既往の無いものに比較して有意に人工膝関節全置換術を行うリスクが高く,そのハザード比は1.83倍でありました.

また受傷後5年以内に人工膝関節全置換術に至る症例が多いといった特徴も見られました.

さらに膝蓋骨骨折の既往のある者は既往の無いものに比較して有意に膝関節鏡を行うリスクが高く,そのハザード比は3.94倍でありました.

また骨折後5年以内に膝関節鏡に至る症例が多いといった特徴も見られました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Patellar fractures are associated with an increased risk of knee arthroplasty and knee arthroscopy. The consequences of a patellar fracture may be more severe than previously considered, and patients must expect a lifelong increased risk of knee arthroplasty. Cite this article: Bone Joint J 2018;100-B:1477-81.

膝蓋骨骨折は人工膝関節全置換術ならびに関節鏡のリスクを高くすることが明らかとなりました.

 

今回は膝蓋骨骨折によって人工膝関節全置換術のリスクが上がるか否かを明らかにした研究報告をご紹介させていただきました.

われわれ理学療法士もまた膝蓋骨骨折例のリハビリテーションに携わる上で,将来的な人工膝関節全置換術や関節鏡への移行を予防する意識を持つ必要がありそうですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました