人工股関節全置換術におけるアプローチの違い(上方 vs 後方)が術後アウトカムに与える影響

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THAにおけるアプローチ(上方 vs 後方)がアウトカムに与える影響

全国的にみると人工股関節全置換術におけるアプローチは前方アプローチによる手術が増加しており,前方アプローチが4割,後方アプローチが4割,側方アプローチが2割といった状況です.

以前にもご紹介させていただきましたが,最近は上方アプローチによる人工股関節全置換術の件数も少しずつ増えてきております.

 

人工股関節全置換術(THA)・人工骨頭置換術(BHA)における上方アプローチって?
今回はここ数年報告が増えている,上方アプローチ(SuperPath)アプローチの特徴について考えてみました.クライアントにとっても利点の多いアプローチですので,今後使用が増えることが予測されます.今からわれわれもこの術式について学習しておくと良さそうですね.

 

今回は人工股関節全置換術におけるアプローチの違い(上方アプローチ vs 後方アプローチ)が術後アウトカムに与える影響を明らかにした無作為化比較試験をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

今回紹介する論文

ZhongguoXiu Fu Chong Jian Wai Ke Za Zhi. 2018 Dec 15;32(12):1500-1506. doi: 10.7507/1002-1892.201807011.

Randomized controlled trial of comparison between the SuperPATH and posterolateral approaches in total hip arthroplasty].

Ouyang C, Wang H, Meng W, Luo Z, Wang D, Pei F, Zhou Z.

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい内容です.

 

 

 

 

 

 

研究目的

To evaluate the effectiveness of SuperPATH approach in total hip arthroplasty (THA) compared with conventional posterolateral approach.

この研究では上方アプローチ(SuperPATH)による人工股関節の有効性を従来の後方アプローチによる人工股関節全置換術と比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Between March 2017 and May 2017, 24 patients who planned to have a unilateral THA were enrolled in the study and randomized into 2 groups. Twelve patients were treated with SuperPATH approach (SuperPATH group) and 12 patients with posterolateral approach (control group). There was no significant difference in gender, age, body mass index, the type of disease, complicating diseases, and American Society of Anesthesiologists grading between 2 groups ( P>0.05). The operation time, length of stay, length of incision, and perioperative complications related to operation were recorded. The hemoglobin and hematocrit were recorded; the total blood loss and intraoperative blood loss were calculated. The inflammatory response indicators (C-reactive protein, erythrocyte sedimentation rate) and muscle damage index (creatine kinase) were recorded in both groups. The range of motion, functional score (Harris score), visual analogue scale (VAS) score, and prosthesis position were recorded.

2017年3月~5月に片側人工股関節全置換術を行った24例を対象としております.

この24例を無作為に上方アプローチ群12例,後方アプローチ群12例の2群に無作為に割り付けております.

性別,年齢,BMI,疾病の種類,合併症,十中の麻酔の方法には両群間で有意差を認めておりません.

手術時間,在院日数う,手術に関連した合併症を測定しております.

ヘモグロビン,ヘマトクリット,総出血量,術中出血量を調査しております.

さらに炎症反応所見,筋損傷の程度を測定しております.

身体機能としては関節可動域,身体機能スコア(Harris Hip Score),疼痛を評価しております.

 

 

 

 

 

 

研究結果

Patients in both groups were followed up 1 year. Compared with the control group, the operation time of the SuperPATH group was longer ( t=4.470, P=0.000), and the incision was shorter ( t=-2.168, P=0.041). There was no significant difference in length of stay between 2 groups ( t=0.474, P=0.640). Periprosthetic fracture occurred in 1 case of the SuperPATH group. No other complications, such as infection or deep vein thrombosis, occurred in both groups. There was no significant difference in intraoperative blood loss, total blood loss, hemoglobin and hematocrit before operation and at 1 and 3 days after operation, and C-reactive protein and erythrocyte sedimentation rate before operation and at 1, 3, and 14 days between 2 groups ( P>0.05). For creatine kinase, SuperPATH group at 1 and 3 days were lower than control group ( P<0.05), while no significant difference was found between 2 groups before operation and at 14 days after operation ( P>0.05). For flexion and abduction activity, SuperPATH group at 1 and 3 days after operation were better than the control group ( P<0.05), while no significant difference was found between 2 groups at 14 days, 3 months, 6 months, and 1 year after operation ( P>0.05). The Harris and VAS scores of SuperPATH group at 1 and 3 days after operation were better than those of control group ( P<0.05). There was no significant difference in anteversion and abduction between 2 groups ( P>0.05) according to the X-ray film at 1 year. During the follow-up, no loosening or migration was observed.

1年にわたり両群の人工股関節全置換術例をフォローしております.

対照群に比較して,上方アプローチ群における手術時間が有意に長く,創部は有意に小さい結果でありました.

手術時間には両群間で有意差は無く,術中骨折は上方アプローチ群に1例のみ認めました.

感染,深部静脈血栓症などのその他の合併症は両群ともに認めませんでした.

また術中出血量,総出血量,術前後のヘモグロビン,ヘマトクリット,炎症反応には両群間で有意差を認めておりません.

筋損傷反応(CPK)については上方アプローチで後方アプローチに比較して,術後1日・3日で低い結果でありましたが,術後2週以降では有意差を認めておりません.

Harris hip scoreおよび疼痛スコアについては術後上方アプローチで後方アプローチに比較して術後1日・3日で低い結果でありました.

その他のルーズニングやmigrationといったX線上の指標にも両群間で有意差を認めておりません.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Compared with the posterolateral approach, the SuperPATH approach can reduce muscle damage, relieve early pain, promote recovery, and obtain the similar short-term effectiveness.

後側方アプローチに比較して上方アプローチでは筋の侵襲を軽減でき,より早期の疼痛軽減を得られ,短期間で効率的な機能回復が図れることが明らかとなりました.

 

今回は人工股関節全置換術におけるアプローチの違い(上方アプローチ vs 後方アプローチ)が術後アウトカムに与える影響を明らかにした無作為化比較試験をご紹介させていただきました.

前方・後方の比較でも術後短期的には前方アプローチの成績が良好であることが明らかにされておりますが,長期的に見ればあまり変わらないことも明らかにされております.

今後は術後の短期的なアウトカムに関して前方・上方間で比較した報告を期待したいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました