理学療法士・作業療法士って退職金どのくらいもらえるの?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士って退職金どのくらいもらえるの?

昨年,老後の生活には夫婦2人で2,000万円が必要だといった話題で盛り上がりましたが,老後生活を考える上では退職時に勤務先から支払われる退職金も重要となります.

理学療法士・作業療法士もまた病院や施設から退職時に退職金が支払われる場合がほとんどだと思います.

理学療法士・作業療法士には勤続年数に応じた退職金が支払われますが,30年以上勤務して退職金が2,000万円を超えるような職場もあれば,30年以上勤務しても退職金が300万円に満たないといった職場もあるのが実際です.

今回は理学療法士・作業療法士って退職金がどのくらいもらえるのかについて考えてみたいと思います.

focus photography of person counting dollar banknotes

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な退職金の相場は?医療機関には退職金制度がないところが多い

一般的な退職金の相場ですが,30年以上勤めあげれば大企業で1500万程度,中小企業でも900万円程度の退職金といったところが一般的です.

ただ厚生労働省の「就労条件総合調査結果の概況」によると,全国の医療機関を含めた全ての企業の中で退職金制度が設けられている企業は全体の75%であるのに対し,病院など医療業界では退職金制度があるのは50%に満たないといったデータもあります.

業種ごとに見ても建設業や飲食業など14種類の業界の中で,医療業界というのは退職金制度を有する職場の割合が最下位で,退職金があるのが当たり前ではないといった点に注意が必要です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職金はどのようにして計算されるのか?

退職金は一般的には以下の計算式で計算されます.

 

①基本給×勤続年数×給付率

②勤続月数×5千円×給付率

 

ちなみに給付率は定年までいれば100%,自己退職の場合には50%になります.

仮に基本給30万円 勤続35年(420か月)とすると

 

①30×35×100%=1050万円

②420×5000×100%=210万円

 

あなたの職場が①を採用していれば結構もらえますが,②を採用していたらこれは悲惨です.

ちなみにどちらに則って計算されるかは,職場の就業規則に記載されていますので確認してみることをおすすめします.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職金が高い理学療法士・作業療法士の職場は?

理学療法士・作業療法士の職場で言うと以下のような状況です.

 

第1位:国立・公立の病院、大学病院

第2位:有料老人ホームや介護施設

第3位:大手総合病院や企業病院

 

第1位は国公立の病院や大学病院です.

特に国公立の病院で35年も働けば,退職金は3,000万円にもなることもあります.

国公立病院のような忙しい病院で35年も働いたのだから,高額な退職金も当然かもしれません.

第2位は意外にも有料老人ホームや介護施設なのです.

特に最近流行りの高級有料老人ホームでは給料も高く,退職金も高く設定されていることが多いです.

第3位は大手総合病院や企業病院です.

大手総合病院というと系列病院が全国にあるような大きな病院です.

また企業病院も母体となる企業が大きくて経営状態がいいほど,退職金も高くなります.

 

では退職金が安い理学療法士・作業療法士の職場が気になりますが,代表的な退職金が安い理学療法士・作業療法士の職場はクリニックです.

もちろんクリニックにも退職金制度が設けられている職場もありますが,退職金が安かったり,そもそも退職金制度がない場合も少なくありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就職・転職時に退職金がどのくらいあるかを確認しましょう?

上述したように理学療法士・作業療法士の職場の中には,退職金が3000万円にも達する職場もあれば,退職金が300万円未満,もしくは退職金制度が無い職場もあります.

そのため就職や転職に際しては退職金制度の有無を確認しておくことが必須となります.

ただ実際には退職金について気になることがあっても,面接や職場見学でズバリ聞くのは案外勇気が必要ですよね.

こういった場合には理学療法士・作業療法士求人サイトを上手に利用することをお勧めします.

求人情報にも退職金制度の有無が記載されていることが多いですが,上述した①・②のどちらの形式を採用しているのかは,求人情報の実から読み取るのは難しいことが多いでス。

転職サイトを利用して転職エージェントを通じて退職金に関する情報を聞き出せれば,誤って退職金が安い職場に就職することもなくて済みます.

転職サイトへの登録は無料ですので,転職に際して退職金が気になる方は登録して転職活動を行わない手はありません.

ここでは私が過去に利用したことのある転職サイトをご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,退職金制度があって35年勤務すれば退職金が2000万円になる職場を希望するといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

PTOT人材バンク

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

退職金制度があって35年勤務すれば退職金が2000万円になる職場を希望するといったポイントを伝えておけば,あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

 

 

 

 

 

 

株式会社メディカル・コンシェルジュ

退職金制度があって35年勤務すれば退職金が2000万円になる職場を希望するといったポイントをエントリーシートに書き込んでおけばさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

非公開求人も多く,エージェントの方も丁寧に対応してくださいます.

拠点も全国的ですので安心して登録できます.

関東・関西圏以外の求人も多いので関東・関西圏外での求人をお探しの方にはこちらもお勧めです.

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました